必見!オススメ人気記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

653: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/29(土) 09:59:08.12 ID:0LyFfqlK0.net
愚痴。
うちの嫁、俺実家に関わることを嫌がる。俺母の一周忌までふけようとしやがった。
理由が次女の模試につきそうだって。バスで10分程度なのに付き添いなんかいるわけない。
そもそも模試は先に決まってたんだから一周忌の日程を決めるときに言えばいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

738: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)17:43:52 ID:A6.7m.L2
息子を名を騙る者から電話があった。すぐに息子に連絡を取り詐欺と確信。
受け子が近くの喫茶店行くから現金用意してほしいとの折り返しの電話を受けたので警察に通報、
受け子はどこかで察したのか現場には現れなかった。
翌日同じ詐欺グループから電話がかかってきて、「よくもハメるような真似してくれたな、こっちにはあんたの個人情報全て筒抜けなんだ。」と言われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 風吹けば名無し 2018/04/28(土) 20:09:59.86 ID:Ufoy17bw0.net
店員「あっ・・・まんじゅう(饅頭)ですね」

ぼく「えっ?ウナギアタマ・・・」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

797: おさかなくわえた名無しさん 2006/01/05(木) 17:21:43 ID:VTsj6nWQ
この前、同僚たちと忘年会で遅くまで飲んだとき。
酔い潰れた奴がいて、たまたまそいつと同じ方向に帰る俺の車に乗せてやることになった
(運転手は迎えに来た嫁ね)。
同僚の家は真っ暗で呼び鈴を押しても反応がなかったので、鍵を開けて入ったら、
玄関の明かりをつけたとたんに奥から小さい女の子が飛び出してきた。
父親であろう同僚に抱きついて泣き始めたが、相当長い間泣いていたらしく
顔は腫れ涙と鼻水でぐしゃぐしゃ、声はかすれ、寒い室内で暖房なしで過ごしたせいで
体は冷え切っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

597: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 15:57:26.03
小中の頃、一つ年上にトロいタイプの女の子がいて(恐らく知的障害)、
私が中二の時に、彼女がせい暴行されて妊娠〜堕胎した、という噂が流れた
あの時は酷かった、学校中の皆が彼女を苛めて、私も加担した
書くのは躊躇するくらい酷いことをしてしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

941: 名無しさん@おーぷん 2016/02/28(日)13:31:51 ID:zJZ
ある日、娘に遺書を見つけられた。
お母さんがシのうとしてる?!それとも病気?!と娘からガンガン電話が来た。
その時ちょうど友達とランチ中で全く気付かず、焦った娘は夫に連絡。
おっちょこちょいの夫も大慌てで私に電話、しかし全く気づかずでない私。
夕方、夕飯の買い物して家に帰ったら夫と娘が家にいた。
来るなら言ってくれたらご馳走にしたのにー。
あなたもこんな時間に帰ってるなんてどこか具合でも悪かったの?ごめんね遅くなってといつも通り話しかけたら、夫が少し涙目でキレた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

142: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/13(水) 15:20:18.82
違う所でも少し相談させて頂いたのですがこちらでもよろしいでしょうか?

143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/13(水) 15:20:40.60
どうぞ

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/13(水) 15:46:41.58
ありがとうございます。他の所でもう少し聞きたい事があったのですがスレ違いになってしまう気がしたので…こちらでももしスレ違いならご指摘下さい。
少しぼかしを入れますがご容赦下さい。
先月のある日を境に嫁の態度が少し変だなと思っていたのですが、
思い切って昨日問い詰めた所浮気が発覚しました。相手は自分の友人です。
軽く自分達の事を説明します。

自分 25才 会社勤め
嫁 23才 パート
子供2人 3才と2才
結婚は四年目です。

事の発端はやはり態度が変わった気がした前日の日で、この時は四人でカラオケに行くという事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)19:29:41 ID:0mp
昔話だ。当時を知る人には大体年代がわかると思う。
友人Aは俺らの大学時代の友人。
Aは定住所を持たなかった。誰かしらの家に居候しては、飽きたら別の家に移っていた。
Aはスナフキンのような旅人でもあった。
ほとんど大学には来ず、飲み会とバイトに精を出し、バイト代が溜まるとふらっと海外へ出かけ
またふらっと戻ってきて山ほど土産話を聞かせてくれる。
行動力があり、アジア各国の政治状況に明るく、世界を知っているのに気取らず
酒の席ではシリ毛を燃やしたりと気さくなAは、俺たちの憧れであり、一種の理想の体現者だった。

このページのトップヘ

×