スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
blogtop_service_img3

317: 名無しさん@HOME 2011/12/27(火) 10:45:46.57 0

義実家に行くとトメが嬉しそうに、私と共通の知人であるAさんに会った事を報告して来た。

Aさんが私の事を褒めたので、そんな事は無い!って、私がどんなに酷い嫁なのか、
訂正してやったわwとのこと。

トメは、こうやって私を怒らせて「勝った」みたいな顔をするのが好き。
夫やウトが嗜めても、会う度に意地悪になっていく。
普段は言い返さないけど
「あーそーですかぁ、またブログネタをありがとうございます。」
って言ってみた。
スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2de1863d74ca9886b780adb129b92726


29: 名無しの心子知らず 2007/01/21(日) 13:08:37 ID:zbvHK7AG
あーあ…大量にもらって余らせてたシワシワみかん(中身はじゅうぶん食べられるレベル)、ママ友にごっそり盗られた。

子供も旦那もとっくに飽きて私がちょこちょこ食べてただけだから持ってかれても困らないけどなぜ断りの一言もないのかなあ。

まだみずみずしいうちにたくさんお裾分けしたのに。
気持ち悪いから友達やめよっと

 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

337: 名無しさん@HOME 2011/06/23(木) 10:38:02.08 0
10年ほど前の話。 
お付き合いしてた彼氏から交際半年でプロポーズを受けOKした私。 
彼のご両親に会う為彼の実家にお邪魔した。 
そこで彼のご両親から、 
・彼には兄がいて離婚して息子を引き取ってる。 
・そのお兄さんが近々再婚するんだが前の妻の子は新しい家庭には不要。 
・その子を養子にして育てなさい。 
・跡取りだから大事に。 
・跡取りは二人もいらないから男の子は産まないように。 
・といってもそんな器用な真似は出来ないだろうから子供は産むな。 
彼もうんうんとうなずいてるし一瞬どうしたらいいかわからなくて 
異様な空気が漂ってる気がしてすごく怖かった。 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fb155f3a

944: 名無しさん@HOME 2011/06/15(水) 09:45:04.37 O
埋めがてら 

我が家は田舎で鍵をかける習慣がなかった。 
近所の人もインターホンなんて使わず「いるー?」ってドアあける。 

ある日、家事も終わり、のんびりテレビを見ていたら後ろに人の気配。 
振り向くと知らないおばさん。 
手には包丁とロープ。 
ファビョる私。 
けど相手もファビョる。 
相手「奥さんはどこ?」 
私「奥さんは私…。あ、ひょっとして義母の事?」 

うちは名義が義父のまま、義父から家を借りていたから 
よく義実家と間違えた人がやってくる。 
どうやらおばさんも間違えたみたい。 

私「とりあえず、その包丁で私を殺すの?」 
意味わからない言葉で場をつないでみた。 
相手「あんたじゃ意味ないよな…けど嫁もかわいがってたしな」 
おばさん手が震えてた。 
馴れないから、なのか怖いからなのかはわからなかった。 
私も少しパンツ濡れてた。 

パンツの濡れで我にかえり、近くにあった座布団を盾に突進してみた。 
尻餅つくおばさん。 
馬乗りになり顔面殴り続ける私。 
隙をみて応戦するおばさん。 
もうカオス。包丁飛んでるし。 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_1


238: 名無しの心子知らず 2007/01/25(木) 15:31:21 ID:ySHM6lJ2
…ついさっきの話。

いつも行くスーパーでベビカに一歳くらいの赤を乗せたママが
万引きしてるのを見てしまった…。
ベビカのひざ掛け中に万引きしたもの隠すのと、ベビカを隠れ蓑にしてバッグに入れる手口。

近くを警備員さんが通りかかったので小声で万引きの事言ったら
幸い警備員さんも既に現認していたらしく、
「騒がないで後はこちらに任せてください」って言われてお任せ。

でも気になるのでそっと見ていたらスーパーから出た所で捕まってた。
その後私が隣接しているドラッグストアで買い物して帰るとき、
従業員出入り口のところにパトが来てた…つー事は常習で警察呼ばれたのかな。

…何も知らない赤ちゃんがカワイソス(´・ω・`)

 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ill_20j

902: 名無しさん@HOME 2013/09/09(月) 21:43:13.98 0
読み辛いかも失礼します。  

2年位前に私が体験して、忘れられない話。  
私の仕事は早くて終電、終わらなければタクシーで深夜帰宅が普通だった。 
その日も3時になりタクシー帰宅だったが車内で寝てしまい、気づくと車は家の近くで道に迷っていた。  
歩けばすぐだし、住宅街で一方通行と狭い道が多いので遠回りが嫌で2~3分歩いて帰ることにした。 
この日は同棲している彼が実家に帰省していて、久しぶりに一人の夜だった。 
自営業なので夜型生活になり、普段はチャイムを鳴らして彼にドアを開けてもらうのがお決まりだった。  
アパートについて階段をあがり2階へ。階段はコの字になっていて下からは死角。  
家に着くが、ドアの前でなかなか鍵が見つからない。  
手はごそごそ鞄を漁りながらふと気配を感じて右の踊り場を見ると、なぜかゆっくり黒い影が動いている…。  
どうやら黒いキャップ帽子のつば?がゆっくり動いて見えました。 
つい「えっ…!?」と私が口に出すとすごい足音でドタドタドタドン、バタバタバタ… と 
走って行く足音が聞こえました。  
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
c_m08_p05

499: 名無しさん@HOME 2013/03/10(日) 05:20:10.02 0
修羅場っていうには小さいかもしれないけど、小学校の時の話。 
私は産まれたときから小さくて食が細かった。好き嫌いは少ないけどとにかく量を食べない。 
小学校1年から3年まで同じ担任で、給食は残すなという方針。 
食が細いので全部食べるのは拷問に近く、5時間目になっても食べさせられてた。 
もうこの時点で子供にとっては小さい修羅場なんだけど、担任はそれを家(自営)の母に電話までしてネチネチ文句を言ってたらしい。 
しかも給食の時間内に食べられない日(ほとんど毎日)に。 
当時は学校の先生マンセーな時代だったから、母もハイハイと聞き流しつつ相手をして仕事にならなかったと。 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
url

504: 名無しさん@HOME 2013/03/10(日) 08:58:30.89 0
大雪で立ち往生して、しばらくしたら運転していた父が動かなくなった。 
どうしたの?と言おうとした俺も動けなかった。一酸化炭素中毒だった。 
スポンサーリンク

このページのトップヘ