• このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
232251145_top


105: 名無しさん@おーぷん 2014/05/18(日)12:56:31 ID:gtyH9b10I

小学校1年生のとき、いつも一緒に帰っていた友人が休んだので、その日は一人で帰っていた。
茶畑が続く田舎道は人通りが少なく農家のおじさんおばさんがチラホラいるだけ。

自宅まで残り1キロ程になった地点で向こう側から
奇抜な服装の人間が、こちらに向かって歩いてきた。


ピエロだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0424060011545269927

211: 名無しさん@おーぷん 2014/05/22(木)09:56:22 ID:MIrbShTsw

夫が勝手に娘の名前を変えて出生届を出したことが修羅場。

私と夫の間では「絵里」と決めていた。
出生届を出す日、私は高熱を出してしまい夫に出生届の提出を頼んだんだが、
夫は別の出生届に「光子(みつこ)」と書いて提出しやがった。

私はキレまくって娘を取り上げ、高熱をものともせずに実家に帰った。
「光子」は、義母の名前を1字取ったもの。
義母の「私の字が1字あったらよかったのにぃ」を受け入れて、
私になんの相談もせずに光子で提出していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0500033320131001100500-3000-639_raw

433: 1/2 2010/06/06(日) 00:58:56
周りには愚痴れないので、投下。



お久しぶりです。
あの頃の貴方は若すぎて、何が本当の幸せかわからないまま、
私のたった一言の過ちに惑わされ、二人の運命は複雑になってしまった。

十年経って、ようやく貴方を奪った彼女に因果応報が巡りましたね。
私なら貴方を幸せに出来るのです。
いまなら私を選ぶべきとわかるはずです。

いまなら別れを告げても貴方を責める人間はいません。
(差別用語等、彼女を蔑む言葉なので後略)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
140612_selfishness-loved-by-you

635: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)14:18:51 ID:KueHM0IUm

あほから

世界一好きなあなたへ

なんで、電話に出てくれないの
なんで、引っ越ししたの
なんで、なんで、なんで

教えてくれなかったの、貯金やマンションの事。
お父さん、お母さんにちゃんとお話してくれたら、私達一緒になれたのに。
あなたの事を傷つけてしまったのに
謝る事すら出来ないなんて辛いです。

お見合いをする事になりました、
あなたから迎えに来てくれる事を御待ちしています。

私、専業主婦になるのが夢だから、仕事辞めちゃったんだよ

責任とってよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10

316: 名無しさん@おーぷん 2014/07/17(木)23:42:03 ID:bKkUGS7si

自分がやった訳ではないけど、見ててスカっとしたので。

昨日の夕方、帰宅したら停電していた。
自分とこだけなのか、ご近所一帯なのかがわからなかったので、
1階に住む大家さんとこに聞きに行った。

「あ、〇ちゃん!この辺全部停電みたいよ!冷蔵庫の中身大丈夫?」
私が来るのがわかってたみたいに、外に立ってて声をかけてくれた。
「自分は問題無いです。大家さんちの方が大変でしょう?」
「そうねぇ、早く復旧して欲しいわねぇ!」
(大家さんは料理好きでメシウマ。たまにお裾分けいただく)
とか話してたら、近所?の若奥さんらしい人が鍋を持って、突然話かけてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2013_0412ひまわり0030

350: 名無しさん@HOME 2007/06/03(日) 13:16:46

夫が交通事故にあった時、大したこと無くてトメと二人で廊下でホッとしてたら
トメが急に

「もし息子が居なくなったら、
私とあなたと孫君と3人きりになっちゃうのね…」
と呟いた。

すかさず「夫さんがもし居なくなったとしたら私お母さまと同居する義務なんてないですよ?」
って言ってやった。トメはポカーンとして言葉が出なかった様なので 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d0155379_0575937

209: 恋人は名無しさん 2013/11/07(木) 12:43:51 ID:VTPmFMF7i

昨夜のこと。
最近少し頻繁に遊んだ高校時代の同級生から、
「今夜やや立派なお宅に夕食に呼ばれた。
お友達もって言われたから来て欲しいな」
と誘われた。

田舎者貧乏公務員の娘なのでハイソな人たちは
ホームパーティーとか普通にするんやなぁ~などと呆けた事を考えつつ了承した。

近くのコンビニで合流するはずだったのに、着いてから連絡すると、
「先にお宅に来ちゃったからあなたもきて」とだけ言われてブチっと切られた。
 
仕方がないので教えられていたお宅の前まで行くと、
素敵なお屋敷の前にフリフリエプロンの
アニメばりに可愛い女性がキョロキョロ→あっ!って声かけてきた。

「○○さん?△△さんがもうすぐって言ってたからわからないといけないと思って♪」
と満面の笑み。
お呼ばれされたことにお礼を言いながらお宅…というかお屋敷に案内された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
48296005b9



678: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)21:50:10 ID:Pngz8Ps6o

幼なじみに専門で出来た彼女を取られた。
エミって娘だった。
夏休みに地元に連れて行ったら幼なじみも丁度帰ってきていた。
お互い一目惚れだったらしい。
次の週には一夜を共に過ごしていた。

幼なじみは気付かれてないと思ってるらしいが、
彼女が浮気じゃ物足りなくなって別れを切り出した時に初めて知る。

その時は幼なじみをぶん殴りに行こうとも思ったけど、
それ以上に情けなくて何もできずに別れる。

そしたらそのエミが幼なじみに振られた。
「あいつとはずっと親友でいたいから付き合えない」とかなんとか。

どの面下げてあのクズ野郎はそんな言葉言ってんだ?と思ったけ
どよく考えりゃ正規の彼女がいたはず。

人を散々コケにしやがって。
エミにはヨリを戻そうと言われたが、お前も、どの面さげてそんな言葉が出るんだと突っ返した。

それから1年程して幼なじみが婚約した。と、風の噂で聞いた。
俺は東京に出てきてたから正規の彼女は会った事ない。

なので、地元の連中と一緒に幼なじみが実家に帰省した時にドッキリを敢行。

このページのトップヘ