スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
畑写真

572: 恋人は名無しさん 2010/09/21(火) 18:18:09 ID:MgYL4kG5O

私の実家はいわゆる膿家で、家族の思考回路についていけずに大学進学を機に家を出て、
就職して上京し、そのまま実家に帰らず静かに暮らしていた。

就職して数年後、友人A子に誘われた飲み会で出身地を聞かれたことから、実家の膿家ネタを披露。
都会の人たちには信じられない話だったらしく、話は大いに盛り上がる。
その際、飲み会に参加していたアホ男(初対面)に、
「でも、実家は大地主っぽいよね。お金持ちなんじゃない?」と言われる。
「土地だけはたくさんあるけど、田舎だし農地だし、こっちとは地価がぜんぜん違うからw」と返答。
その他色々実家のことを聞かれたが、あまり突っ込まれたくないこともあったので、かるくかわした。

その日の飲み会は合コンというよりは趣味友つくりの飲み会だったので、
アホ男に請われるがまま、あまり警戒もせずに、私は彼に連絡先を教えた。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
url

554: 恋人は名無しさん 2010/06/06(日) 03:51:56 ID:Qee8uNZM0
532ほどではないが、非常に似た体験をウン十年前に私もしているわ。 
ただし、知らない間に巻き込まれて、知らない間に終わっていたので、ダメージはなかったな。 

当時、人事異動で、とある出張所に転勤になった私。 
めったにないことなんだが、同時に課長と所長が変わるというスタートで、 
一人の営業の事情通が、いない状態に。 

社内結婚していたその営業、全社でも五本の指に入る成績を上げていたが、恋愛結婚で結ばれた 
「昔は美人」な奥さんとは事実上破綻様態で、子供を置いて家を出て、彼女と同棲中。 
まだ携帯の普及があまりなかった時期で、しょっちゅう客の振りして奥さんが、その営業をよびだすが 
仕事が忙しくて、ほとんど出張所にいないためにつかまらない。 
(伝言を伝えても、連絡してないのを知ったのは後のこと) 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
url

742: 恋人は名無しさん 2010/06/10(木) 01:20:31 ID:wsYOacbBO
>>741 
ありがとう。思い出すと泣きそうで、すみません 



私子 フリーター 当時18歳 
彼男 私子の彼氏 コンビニでバイト 当時17歳(高校生) 
A子 彼男のコンビニの常連客 当時16歳 
B子 A子の友達 当時16歳 
A彼 A子の彼氏 当時18歳 


私子と彼男は付き合って1年目だった。ほんわか癒し系の彼男は年下によくモテていた。でも「僕は私子ちゃんが大好きだよ」と、よく言ってくれていたので、不安はなかった。 

ある日のコンビニバイト中に、常連客のA子からメアドの書かれた手紙を渡されたという彼男。 
「モテるね」と言う私子に対して彼男は「でもすぐ返したよ」とニコニコ超笑顔。 

その出来事から1週間後位に、ひさしぶりにA子来店。 
A子「話があります」 
彼男「今バイト中なので…何ですか?」 
A子「終わるのを待っててもいいですか?」 
彼男「彼女と会うので困ります」 
A子「彼女居るんですか?」と、驚いたリアクションのまま帰って行ったA子。 

この話を彼男から聞き、私子ちょっとだけ妬いたのは内緒w 
「大丈夫だよ」と、またニコニコ超笑顔で言う彼男を信じた。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0400026612321946391

320: 恋人は名無しさん 2010/09/16(木) 22:37:34 ID:RUbFkc880

学生時代、片想いの相手にフラれ、
泣いているところを慰められて付き合いだした彼。

成り行きが成り行きだから、片想い相手のことが今でも好きなんだろう、
俺は忘れるための道具だろうと、 喧嘩の度にねちねち言われていた。
正直なところ否定出来ない部分があったのは、今でも悪いことをしたとは思う。
結局、片想い相手以上に好きになれなかったので、身勝手だけど謝って別れようとした。
それを、許してくれなかった。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2013101417382864a

873: 名無しさん@HOME 2011/08/08(月) 16:58:05.69 0
書き込みますね。文章下手ですいません。 
私子(20)・・・重度のシスコン 
彼男(21)・・・軽度のシスコン 
妹子(16)・・・私子の妹。ひいき目もあるが、かなり出来た妹。 
妹美(20)・・・彼男の妹で、私子と同い年。 
友美(20)・・・妹美の友達。ワガママ。 

彼男の家はオープンな家庭で、晩御飯に呼ばれる事は多かった。妹美と私子は同じ歳だったけど、出身は隣町だったし、高校も別で『友達の友達』レベル。それが逆に気まずかった。 
それでも、彼男の妹だったし仲良くしようとしたし、気に障らないように接した。 
晩御飯の席には、妹美の友達が同席することが多くて中でも一番多かったのが友美だった。 
初対面の私子のカバンを開けて(勝手に) 
「化粧ポーチ大きいね~手込んでるんだ^^」って言われたのが衝撃的だった。 
もしかして、妹美が日ごろから私子の事をよく思っていなくて、愚痴でも言われているのかなと悩んだ。 
妹美と彼男の部屋はふすまで仕切られており、壁が薄い所の話じゃなくて、壁が無かった。 
話し声もまる聞こえだったし、友美が妹美の部屋へ訪れると笑い声で寝れない事もあった。 
ある日、彼男がお風呂へ行っている間にふすまから妹美と友美が入ってきた。 
無愛想にしたら、気を悪くする!私子は笑顔を徹した。 
やっほー!!ってかなり明るい二人に、さっそくついてけない私子。 

友美「私子ちゃんって、唇あついよね~」 
妹美「トランペットには向いてないよWWW」 

友美「私子ちゃんって声低いよね~WW」 
妹美「歌下手でしょWカラオケ行かない方がいいよWW」 
↑みたいな、忠告(?)を彼男が出てくるまで目の前でされた。 
さすがにコレは反論も出来ないしキツかった。半泣きになった。 
この時点で、妹美は私子をよく思ってないんだと断定。 
彼男が部屋に戻ってきたら、「おかえりぃーWW」とまた明るい二人。 
半泣きの私子を見て彼男は、二人を追い返してくれた。 
でもふすまの壁だから、事情を話せるわけもなく、何にもないと突っぱねた。 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
lgf01a201312080500

172: 恋人は名無しさん 2010/09/15(水) 13:07:54 ID:zTFs12ED0

元彼が、私の前と友達の前とじゃ全然態度が違う人だった。

当時お互い大学生。別々の大学。
元彼はいわゆる体育会系バリバリのサークルに入っていて
先輩も友達もものすごく男尊女卑な旧態依然とした雰囲気の人たちだった。

元彼は私と二人きりの時はベッタベタに優しくて
ちょっと鬱陶しいくらい甘えてくる人だったし、自分でも
「尽くすタイプ」と自称してたくらい甘甘なタイプだった。

でも先輩や友達の前に出ると、態度が180℃コロっと変わる。
サークルの空気が
「男は女に尽くさせてナンボ」
「女は女中と思え」
「釣った魚に餌はやるな」が
不文律で、彼氏もその手前、女に冷たくあたる男を演じなければならなかった…らしい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
parts_img_reduction

211: 恋人は名無しさん 2010/09/15(水) 21:26:33 ID:54TCa3PvO

今から10年近く前。
友人の紹介で付き合いだした彼。とても温厚で優しい人だった。

勤務場所が近くということもあり、
帰りに待ち合わせをし彼に送ってもらうことが度々あった。

付き合い始めて半年ほど経った頃のこと。
その時もいつものように待ち合わせをし、
彼が車を停めている駐車場まで談笑しながら歩いて行った。


駐車場に着き、車に乗ろうとしたら、突然
「おぃっ!〇〇(彼の名字)」と怒鳴りつける声が!

声の主は50ぐらいのオヤジ。小柄だがガッチリした体格で、893っぽい雰囲気を醸し出していた。
その横には、やはり50ぐらいの女性がいた。 スレンダーで美人タイプ。

何が起こったか全くわからず、キョトンとする私を慌てて車に乗せようとする彼。

続きます。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kanojonouwaki_gazou7

832: 名無しさんといつまでも一緒 2007/01/11(木) 14:59:46 0

浮気した嫁と間男を、徹底的に追い詰め血祭りにあげた
俺に子供がいなかったのが、幸いだった。

今は嫁と間男から慰謝料もらって静かに暮らしてる。

間男の嫁と子供には悪い子としたと思うがなorz

833: 名無しさんといつまでも一緒 2007/01/11(木) 16:55:00 0
>血祭り

ここのところKWSK
スポンサーリンク

このページのトップヘ