スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
souzoku

502: 恋人は名無しさん 2012/11/08(木) 10:48:28.32 ID:6cqCd1oB0

実父が亡くなって遺産相続が発生した。
実父はお酒が入るとホラをふく人で、
「昔、河童と親友だった」
「宇宙人と取引したことがある」
「俺は今幽体離脱の真っ最中だ」
と、ホラというより単なる酔っぱらいの戯言な感じ。
中には
「ロトで4億円当たった」
「アラブの油田を持ってる」
「俺は海運(海賊?)王だ」
というありえない金持ち発言もあったんだけど、
「あーまた気持ちよく酔っぱらってるなあ」
と周囲は流してた。
しつこくも言わないし絡んだりとかもないので、
「酔ったらこういうこという人だったなあ。面白い人だったなあ」
とお通夜の席で同僚の人が思い出話とかしてくれた。
実生活ではそんな冒険譚もなく、お葬式費用はちゃんと用意してあったし生前分与も終わってたから、
遺産相続といっても300万円もなかった。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
juku_9625_02

870: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/14(日) 16:35:11 ID:V8RQXiyt

10年位前の予備校時代の話。
当時、第一志望にも第二志望にも第三志望にも見事にすべり、
ブルーな気分で予備校生になった。
入学当初は、「そりゃある程度友達もいないと、浪人生活も
寂しいよね」と思い、同じクラスの人の友達と話をしたりしてたんだけど、
その中に勘違いがいた。
GWの特別講習のあと、みんなでTDRに行こう!と言う話になって、
たまの息抜きに男女5~6人で行った。

それ以来、その勘違い男(Aとします)が暴走を開始。
携帯の番号交換をしていたので、夜になると「英語でちょっと分からなくて~」なんて
理由をつけては電話をしてくる。
こっちは人に教えるのも勉強だし、くらいの気持ちで教えてたんだけど、
よくよく考えると「この前もそれ聞いたよね?」みたいな感じの事ばかり。
そのうち、「ギター買ったんだ。聞かせたくて」と夜の11時に電話越しに
リサイタル開始。
よく分からないオリジナルな曲を30分くらい聞かせられて、感想まで
求められる事に('A`)
そして予備校に行けば、Aはなぜか私と付き合っている事になり、それも
私から告白した事になってた。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1305137top

207: 名無しさん@HOME 2009/07/26(日) 16:14:51 0

流れをブッチしてカキコ。
弊履のように元旦那に捨てられ離婚。
その後、縁があって再婚して10年。
お陰さまで優しい夫と可愛い子供5人&良ウトメに囲まれ、幸せに暮らしている。

先日、トメさん・私一家・妹でショッピングセンターに買い物に行った。
楽しく買い物をしていると、一時別行動をとっていた妹が血相変えて戻ってきた。
「姉ちゃん、元糞馬鹿旦那とその生産者がおった!」と。

何でも妹が本屋で買い物をしていると、元旦那&ウトメが声をかけてきたらしい。
無視しようとしたが、付き纏われたら迷惑なので一応話だけ聞いたらしいが、
目玉何処ー?な内容で笑った。

要約すると「私を再度XX家の嫁として迎えてやってもいい」
「男の浮気は甲斐性。プリンは家の嫁として相応しくなかった」
「石女でも我慢してやるから有難く思え」など等。
因みに喋ったのは全部元トメ。元旦那と元ウトは腕を組んでフンフン頷いて居たらしい。

「アホクサ!姉ちゃんやったら、とっくに再婚して5人の息子の母ーちゃんやっとる。
私も背が高くて、気が優しくて男前の義兄が出来て本当に嬉しいわ。
前の奴は学歴だけのママンボーイやったしな。ほな、サイナラ」
「思い切り言いたいだけ言えて、すっきりしたわ~」と妹
ありがとう!姉ちゃんもスッキリしたわ。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
E1358486830107_1


95: 本当にあった怖い名無し 2012/07/09(月) 12:56:59.88 ID:HHMDbyov0

投下。

小学5・6年生のころ、友達がイジメにあってるのを見てられず、
止めに入ったら、自分もイジメにあった。

「氏ね」「きもい」「ぶさいく」など、一通り悪態をつかれるのは勿論。
物を壊されたり、体操着を足型だらけにされたりなんてことはしょっちゅう。
自分だけじゃなく、親のことまで悪く言われるのが何よりも辛かった。

自分が悪いことをしているわけじゃないし、
こんなことで学校を休んでられないから、
親には言わず、体調悪い時も気合で学校に通い続けた。
幸い一部の人や先生からは、
正義感の強さや、やられても黙ってるタイプじゃないところがかわれていたらしく、
虐められてるのに、何故か生徒会長みたいなものを任された。ある意味異例だと思う。

しんどかったけど、何とか小学校は卒業。
そのまま公立の中学校へ。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
c91ef080

113: 名無しさん@HOME 2013/05/13(月) 23:20:25.20 0

小学校5年の時、目が覚めたら病院だった
小学校3年のはずの弟が、小学6年生になってた
事故に遭って、過去3年ちょっとの記憶が完全に消えてた
どう考えても、今は小学5年の夏休みのハズだった
実際は中学2年の冬だった
中学に行っても、先生にも見覚えないし、クラスの半数は知らない人だし
当然授業にもついていけなくて、ストレスで500円玉大のハゲが出来た
身体も自分の知っている体じゃない状態で、心身ともに疲れ果てた
親が家庭教師をつけてくれて、ほとんど自宅学習で3年分の遅れを取り戻し
一般入試で遠くの高校に入った

そこでは記憶喪失(退行性記憶障害)の事は一切話さなかった
頭に強い打撃を受けると良くないというので、体育には出なかった
高校の友人と話が合わない部分は、(記憶が無い期間に流行ったもの等)は
「あー。多分その頃入院していてテレビ見てないかなー」で誤魔化した
一応身体が弱いって事になっていたので、それで納得してくれた
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8401fi-1

986: 名無しさん@HOME 2012/03/16 17:51:47

去年の話しです。用事があってスーツで出掛け、帰りに義実家に寄った。

トメは会うたびに私のことをデブ呼ばわりし、夫や良ウトに〆られても懲りないので嫌い。
なるべく義実家には行かないようにしていたし、夫もそれでいいと言ってくれていた。
でもその日はウトの誕生日で、サプライズで良コトメ一家も呼んで誕生日パーティーを企画していた。
ウトもコトメもいるし、まあいつもと同じく聞き流せばいいやと思い、ケーキを買って義実家に到着。
コトメコちゃん達と準備をし、わくわくして待っているとウト帰宅、クラッカーでお出迎え。
ウトの大好物いっぱいと、孫達の手作りプレゼントでとても喜んでもらえた。
いつもデブ呼ばわりしてくるトメも、今日は何も言わないので安心してた。
そうこうしてるうちに、私の夫が到着。
全員がそろったところでケーキを切り分け始めた時、
トメの「嫁子ちゃん、今日もムチムチねw」が始まった。

何のことはない、夫の到着を待っていたんだ。全員の前で嫁を馬鹿にしたかったんだ。
そう思ったら、何かがすっと冷めた。

いつも通り夫、ウト、コトメが〆てくれるけど、
トメ「だって、見て腰のあたり!ムチムチどころかパンパンよ?そのお尻もw安産型なのはいいけど、見た目はちょっとねw」
私は下半身デブで、若い時から自分の体形がすごくコンプレックスだった。
だから、普段はなるべく着やせするような服装をしてるんだけど、その日はスーツだったから
いつもより体のラインが目立ってた。上半身はMサイズなのに、尻がでかく足が太い。とてもバランスの悪い体型。続きます
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f0125597_15201817


119: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/09(土) 22:43:46 ID:zP+sUtrq

パン屋の店長をしていたときの話。私が休み明けに出社すると、
バイトの子に「昨日おかしな客が来たんですけど…」と報告された。
若い男の客が、大量にパンを買って金を払い終わった後、その場で
「これ捨てたいんだけどゴミ箱はどこ」というらしい。

対応した女の子は怖いので言うとおり捨てたという。
私はバイトの子たちに「来たら私にすぐ教えて。私がいなかったら
刺激しないようにそいつの言うとおりにしておいて」と通達した。

何週間かあとにもまた来たと報告があったが、私は所用で店にいなかった。
お店の子達は「刺されそうな容貌だった」と不安がり、親に辞めなさいと言われた子もいた。
私が店長になってから、赤字だったこの店を盛り返すためにバイトの子達と
一生懸命やってきた。人材は宝。辞められるのも痛手だが、彼女たちに危害を
加えられるかもしれないと思うと不安で、悔しくて、どうしたらその男を
撃退できるか日々考えた。


そいつの3回目の襲来のとき、私は店に居合わせることができた。

入店直後から様子がおかしかったが、レジの前で「うおおおお」と
小さく声を上げたとき、私は例の奴かもしれないと思って対応を頭に思い描いていた。
案の定大量のパンを袋詰めし終わったとたん捨てたいと言い出した。
私「そういうことを承ることはできません」
男「別にお金払った後のものをどうしようと勝手じゃないですか!」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20_20120427180158

792: 名無しさん@HOME 2013/07/01(月) 19:33:00.60 0

規制から解放された記念に。
私がまだ小学生くらいの時の修羅場。

団地の最上階に当時は住んでいて、確か9階だったと思う。
まだ夏も真っ只中な深夜、網戸だけにして家族で川の字で寝ていた。
そのとき、お隣の部屋からものすごい音がして目が覚めた。
物を投げる音とか、女の人の金切り声。どうやらとなりの人が浮気をして、お嫁さんにバレた模様。
そのお嫁さん、精神に異常をきたしている人で、いわゆるメンヘラさんだった。
なんで私を、とか、こんなに私は愛してるのに、とかキンキン声で叫んでいた。
両親が顔を見合わせたとき、となりの部屋の窓が空く音がして、
「こんなことされるなら死んでやる!!」とお嫁さんの声がした。
スポンサーリンク

このページのトップヘ