スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1ac9b4aabd0df4124f4aedc52d951282

26: 名無しさん@HOME 2007/06/11(月) 15:41:51

新婚旅行から帰ってきたら、

私が嫁入り道具に持ってきた箪笥に夫の服だけがはいっており、
私の服がダンボールに移動していた。

電子レンジと布団がウトメの使用済みの物ととりかえられていた。
食器棚には微妙に数が増えていて、よく見ると、三和銀行とか、
さくら銀行とかプリントされた粗品のものがはいっている。

私は頭にきて、夜の11時だったけど旦那に義実家に電話をさせた。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
storker01

51: 本当にあった怖い名無し 2009/12/06(日) 03:31:17 ID:q1CHicioO

大学生の時、サークルの後輩につきまとってたストーカーがいた。
後輩は気丈な女の子だったが、ストーカーの過剰な尾行や卑猥なメールで
心身共にボロボロになりかけてた。

後輩からその事実を聞いて、即座にストーカーの身元を確認。
そいつは後輩の同期生(当時1年生)で別のサークルに所属していた。

俺は即日そのサークルの部長(知り合い)に事実確認を依頼。
後日、「ストーカー行為を本人の口から聞き出した」と報告された。

そこで本格的に行動開始。
後輩の帰り道には送りの担当者をつけ、ストーカーの接近をブロック。
ストーカーと同じ学科の後輩にはその話を(もちろん被害者の名前は伏せて)拡散させ、
暇な友人数人とローテーションでほぼ毎日露骨な尾行。
ストーキングされる気分を体験していただくことにした。

オプションとして、大学事務局に報告したり、
ストーカーのメールアドレスを入手してガチホモ系の掲示板に
アドレス・住所込みで「兄貴募集」の書き込みをしたり、
ストーカーとは接点の無い人間に頼んですれ違い様に罵倒してもらったりと、精神的に追い込んだ。
そいつは結局2ヶ月で大学に顔を出さなくなり、半年もすると消息を知る者はいなくなった。

聞いた話では講義中に突然怯えたり独り言を呟いたりと、
壊れてしまって大学を辞めて実家に帰ったらしい。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
af9940075991w-400x267


67: 名無しさん@HOME 2012/05/07(月) 21:19:02

ちょっと自分語りになりますが、私は20年近い間
旦那に片思いをし、何度か告白したけれども断られ、
高校・大学と追いかけ、社会人で地元を離れた時も追いかけ、
ようやく30歳になったあたりでつきあうことができ、
地元に戻ってくる先輩についてきて結婚したという経歴。

私たちの地元は、地元大好きな人が多く、同級生同士や
先輩後輩で結婚して、地元で暮らしている人も多く、
知り合いも多い。
そのため、上記のことは周知の事実のようになっていた。
子どもができて保育園に入れた時、見知らぬ人にまで、
その話は広がっていた(「あー伝説の(笑)」って感じ)

ママ友が、その話を面白おかしく伝えて、女たらしが
趣味という男(以下、クズ)と「そんな女を奪えるかどうか」
みたいな内容で、ママ友とクズとその仲間とで賭けをした。
私の周囲にとにかく表れ、ナンパをしまくるクズ。
愛の言葉を伝えてきたり、手紙くれたりした。
私はそんな策略も知らないから、旦那に逐一自慢して
嫉妬してもらえないプレイを楽しんでいた。

でもママ友は、何を考えたのか、旦那に「奥さん浮気してるよ」と伝えた。
旦那が信じなかったら、今度は噂という形で広めようとした。
しかし保育園には、私の同級生や先輩後輩も多く、ほとんどが
信じなかった。一部信じた人はいたけど、本当に一部だった。
結果的には、ママ友の奇行が私の耳にも入り、クズ達との策略が分かった。
その時のママ友とママ友旦那との話合いで、ママ友が旦那を奪いたかった、
ということを自白し、ママ友旦那はママ友を捨てて引っ越していった。
ママ友もしばらくして引っ越した。

でも一番修羅場だったのは、全部終わった後に、それが旦那の親の耳に入り、
「本当なの?」と聞かれたことだった。すぐ信じてくれたけどびっくりしたよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image3

177: 名無しさん@HOME 05/01/07 14:39:13
年末年始、ウトメ+コトメ+旦那でリビング占領。

近距離別居なのに、なぜか全員我が家に居座り続けられた。
コトメは料理をする度に、あれがない、これがないの連続。
私が用意したモノには一切手を付けず、コトメ料理ばかり食べて
「やっぱり家族の味ね、他人の味はどうしても馴染めないのよ」と
二言目には嫁は他人を連続していたウトメ。

余りに腹が立ったので、休み明け早々家の鍵を交換してやった。
で、先程。食事の時間になって我が家に上がり込もうとしたウトメ。

鍵が使えないから慌てて電話して来た。思いっきり低い声で
「他人の家にずけずけと入り込もうとしないで下さい、奉仕活動するほど
私は心が広くないので、食事でしたらヘルパーかご家族にお願いして下さい」

それだけ言ってガチャ切り。
後は明日帰ってくる旦那とバトル。さて・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_147491_14628505_16

166: 名無しさん@HOME 05/01/07 11:24:31

人の顔を見れば「子供はまだか」と
ネチネチネチネチネチネチネチネチうるさいトメ。

そうでなくても同居でいろいろと
不愉快な思いさせられてるってのに

今朝も
「子供が出来たらこの家の事をいろいろ教えてやらないといけないのに」
「私が元気なうちに子供生んでくれないと何もしてやれない」などとグチグチ。
怒鳴り返したい気持ちを押さえて、出来るだけ冷静さを装って言ってやった。

「この家、三人しか住めないんですよ。
 一人増やしたいんなら、一人減ってからですね」

トメは「んまー!んまー!」と言いながらどこかへ消えて行った。

ちょっとドキドキしたけど、一回言っちゃうと案外肝が据わるもんだと思った。
これからはガンガン言い返して行こう。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sekimoto_1

455: 1/2 2011/10/11(火) 14:10:12

子供のころに、姉と近所の子と一緒に砂場で遊んでいた時、
飽きた私はベンチの上にある日差し除けの覆いに飛び乗って遊び始めた。

ベンチからジャンプし覆いの端に指をかけてぶら下がっては地上に飛び降りる。
それを何度か繰り返して遊んでいたんだけど、とうとう手が滑って落ちた。
あまりの痛みにしばらく動けず、砂場で遊ぶ姉と友達が遠く感じた。

その内、私のうめき声に気付いた姉が、
曲がった私の左手首に驚き、自宅へ飛んで帰った。

姉と共に駆け付けた母はかまぼこ板と包帯を持っていた。折しもその日は休日。
病院はあいておらず、少し離れた救急指定の小さな整形外科医院に連れて行かれた。

医者はかまぼこ板にまず笑い、簡単な診察をして骨折ですねと診断。
私は添え板を当てられ包帯でぐるぐる巻きにされ、全治1か月と言われた。

その治療に母はレントゲンは撮らないんですかと詰め寄ったが、医者は必要ないと。
そんなに心配なら今から別の病院に行けば良いでしょうとまで言ったらしい。
私はよく覚えていないんだけどね。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20792010095

181: 名無しさん@HOME 2012/01/07(土) 14:08:19.17 0
たいしたことではないけど

トメから「大事な用事があるからあの子(夫)には内緒でうちまで来て!」と
電話があったのは30日の夜
過去にもトメから「大事な用事だから」と呼び出されたことはあったが
・DVDプレイヤーの使い方がわかんない、やって
・トメ部屋のポスター、あげるからはがして
・本棚の整理おねがーい
だったので、無視して帰宅し夫に相談

夫が偽実家に行ってウトと2人でトメを叱りつける、のが続いていた

今年の正月は夫と私の実家に行くと連絡しておいたのにコレなので、
今回は無視した
いまのところトメから追撃はないので、
いつも通りつまんない用事だったんだろう
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img384c67a6zikbzj

73: 名無しさん@HOME 2013/10/12(土) 09:58:47.83 i

そんなつもりはなかったけど巻き込まれてしまった修羅場。

隣人家族とは仲が良くて、夫婦も、二人居る息子さんも皆良い人。
ある日、隣家でお茶する事になってお呼ばれしたんだけど、
奥さんがパートでトラブったので上がって待っててくれと連絡が。
息子さんに通されて、リビングで待たせてもらってた。

そのうち待って居たら、インターホンが鳴ったんだけど、
息子さん達はすぐには出られなくて、
私が出るわけにもいかないから待ってたんだ。
一人はトイレだったからじき来るだろうと思ったし。

そしたら突然ガンガンと玄関をこじ開けようとする音がする。
尋常じゃない勢いだったから何事かと玄関が見える窓から見て見たら、
なんと高校生の女の子。
足まで使ってドアを開けようとしてる。

とりあえず警察、と思ったら鞄を漁ってる間に入られた。
開いてた窓から。
一目散に二階に上がろうとしてたんだけど、
危ない子だったら通すわけにはいかないと思ったもんで、階段の前を塞いだ。

男ならともかく女の子、しかもまだ高校生。
なんとかなるだろうと思ってたら
カッターで向かって来られた。
額、腕、足、合計14箇所の切り傷。
振り返ると一つ一つの傷は大した事なかったんだけど
その時は死ぬかと思った。
スポンサーリンク

このページのトップヘ