• このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
A3B3C5C0

376: 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 09:31:09.00 0
結婚する前に旦那と2LDKユニットバスのマンションに同棲をしていた 

ある日就寝前に些細なことで喧嘩をして旦那を寝室から追い出した 
激おこのまま私は就寝 
しかし夜中にふとトイレに行きたくなった 
便座に腰をおろして大きい方がこんにちはするかしないかくらいで 
「あのさ、俺いるんだけど…」 
なんと旦那はバスタブで寝ていたのだ 
でももう私のお通じは絶好調で…orz 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ハート-素材-イラスト5

608: 本当にあった怖い名無し 2012/08/11(土) 11:07:03.89 ID:fmT0ht8oO
大学時代1つ上の先輩に惚れた。 
当時ど田舎から都会に来てボソボソとなまっててみんなに馬鹿にされていた俺にも普通にしゃべってくれる某アイドル似の彼女は女神に見えた。 
一生懸命のプッシュでなんとか付き合ってもらえる事に。 
だが彼女はとんでもない女だった。 
彼女のおかげで彼女のグループに入れていろんなとこに行けたのだが、常に俺をパシりや笑い者にした。 
荷物持ちや買い物はいつも当然のように俺。 
「いいよ。いいよ。こいつにやらしておけばいいじゃん。」 
人を迎えに行って増えた分全員が車に乗りきれなくなって俺だけが下ろされた事もあった。 
酔って寝てる間に俺の顔に落書きした上、ボールペンで腕をブスブス刺したり頭を蹴って起こされた事もあった。 
俺のしゃべり方を真似してみんなで笑ったり、 
無理矢理化粧されてその顔で外歩かされて馬鹿にされた事もあった。 
それから20数年後、俺は某二流会社に就職し一応課長と呼ばれる立場になった。 
ある年に入って来た新入社員がその時の女に顔も声もそっくりだった。 
話しを聞くと俺と同じ大学出身。 
「母もその大学出てるんです。」 
旧姓と名前を聞くとまぎれもなくあの女だった。 
新入社員は自分の母親に俺の事を話したらしい。 
「課長は母に憧れていたそうですね。」 
「母は課長は田舎から出て来たばかりで頼りなくてかわいそうだからかわいがってやったと懐かしがってましたよ。」 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

743: 本当にあった怖い名無し 2012/08/28(火) 15:35:21.86 ID:z63hk7MO0
あまり復讐っぽくないですが、こういう例もあるという事で。 

中途で入社して配属されたチームにAというモンスター上司がいた。 
最初の頃は大人しかったけど、徐々に本性を現すタイプだった。 
そのチームは私・A・Bの3人編成。Aはアラフィフのピザ喪女だった。 
年功序列な世界で育ったらしく、年配者は無条件で敬われるべきという考えを持ち、 
若い男性が嫌い、自分より優秀な人が嫌い、自分に意見する様な人が嫌い、 
でも、権力のある人には弱い、という典型的なクズだった。

744: 本当にあった怖い名無し 2012/08/28(火) 15:36:24.00 ID:z63hk7MO0
他の報告者に比べればマシだが、下記の様な事があった。 
・このチームで行う仕事で、aという作業工程があるが、Aはそれができない。 
 そしてBはaが得意な男性社員。Bの事が嫌いなAは邪険に扱ったり歩み寄ろうと試みたBを 
 クソミソにけなして突っぱねる。そして、BがAに耐え切れず会社を突然辞めた。 
・上記の件でAは全社員に詳細をバラされ、社長や役員からもゴルァされる事となった。 
 ちなみに、Aが他社員とモメ事を起こすのはこれが初めてではないらしく、多くの人がAの本性を知っていた。 
・一時期反省して大人しくなるも、新たに後輩C・Dが加わり、会社が少し波に乗って広いオフィスへ引越し、 
私たちチームが別室へ移る様になってからAがまた荒れ始める。 
・物事をとにかく悪い方にしか取らず、人の言動や行動を取り上げては被害妄想だと言い張る。 
・自分のミスは棚上げ、時にはクライアントのせいにしやり過ごし、他の人のミスは執拗に叩く。 
 そして、一度でもミスしようものなら、何ヶ月過ぎ様が『あの時は~』みたいにぐちぐち言い続ける。 
・私が残業してるのにアンタ達が定時で帰るのはおかしい。そうならない様にスケジュール組めよksと 
 他部署の人がいないチームミーティングでキレる。だが、Aは自分の作業を明らかにしない上に、 
 私やCDは残業までしてやる仕事がないので定時で帰っただけ。そして、スケジュールは朝にみんなで相談して決めている。 
・出勤時間は始業時間の1分前、というのも珍しく無いA。始業時間が始まってから化粧しに行ったり 
 コンビニで買った朝ごはんを食べたりが日常茶飯事。そのくせ、『立派な社会人はね~』と説く。 
・少しでも言い訳したり、Aのミスを突っ込んでみたりするとファビョって返って面倒な事になる。 
 そして、その事についてやはり『アンタ生意気なのよ』みたいなカンジでネチネチ文句を言う。 
・自分ができないaの作業を軽視する発言をする。が、依頼される仕事の8割がaを必要とするものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0580030012030793047

732: 本当にあった怖い名無し 2012/08/27(月) 01:55:58.10 ID:m7xmqs8wO
数年前とついこないだやった復讐。 

上部企業から左遷されてうちの会社に来た元々上司。 
こいつが最悪の人間で、自分が偉いと勘違いして書類綴じのホチキスの位置から始まるありとあらゆるパワハラ三昧。 
毎日終電まで仕事を強要され、罵倒と説教の嵐でついに鬱で通院する羽目に。 
糞上司が仕事しねぇせいで部署が実質一人になってるから、休職も出来ずに毎日終電の線路見つめては飛び込むか迷う状態で。 

なんか悔しくて、死ぬんなら復讐しようと思い決行した。

733: 本当にあった怖い名無し 2012/08/27(月) 02:13:06.16 ID:m7xmqs8wO
奴の任期が切れて、上部企業に戻る事になった数ヶ月前、奴の会社の偉い人とうちの会社の偉い人の前でわざと倒れてそのまま休職。 
見舞いに来た奴の会社の偉い人に涙ながらに奴のパワハラを告発。 
結果、糞上司は出向期間満了を待たずに、上部企業に戻される。 
普通、うちの会社に出向後は出世するのが通例なんだが、問責で以前より降格、窓際に追いやられ定年まで干される事になった。  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
material_102_1

496: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:12.00 0
修羅場に巻き込まれそうになった事 

就職して2年目、バイトをしていた時の後輩女からメールで 
パソコンかったけどインターネットが繋がらないーたすけて的なメールがきた 
大学ではずっとプログラムやらなんやらしていて知り合いからはサポートとして結構こきつかわれてた 
なので車で買い物ついでにちょこっと寄って治すつもりでいた 
どうせたいしたこっちゃないだろうと・・・・・ 

夏の暑い時期もあって後輩女の家につくとコーラをだしてくれたので一気飲み 
2杯目をのみながらパソコンみてみると接続の設定が一切ない 
というかケーブルもなにもない、パソコンかったらインターネットに勝手に繋がるとか思ってたらしく 
インターネットの講義で1時間ほど、その間3杯ほどコーラを飲んだ 
するとまだ昼前の11時ぐらいなのにだんだん眠くなってきて あれ?となった 

うとうとしていると後輩女がシャワー浴びてくるとかいきなり言い風呂に行きだした 
おいおい、彼氏でもない男がいるのにシャワーあびるんかいとおもいつつ 
ふと部屋の隅に目をやるとなんか高そうな一眼レフデジカメ発見! 
おおーいいな、こんなのほしーなーとゴロゴロしながらいじいじしていて、どんな写真とってんだろと 
閲覧モードにしてみたら・・・・・おっさんとの羽目鳥写真・・・・・・・・ 

あ・・・・・なんかやべぇっとおもいつつそもそも何でこんな眠いんだろう 
おかしいカナリおかしい、そいうや後輩女は病院務め、盛られたんじゃないか?という疑問が沸いてきた 
ちょうどシャワー終わって風呂場からでてきた後輩女はバスタオル一枚! 
ああああああ、まじこれいやな予感しかしねぇとおもって 
すまん、用事できたから帰るわ!っと半分ねぼけながら家から逃げた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sirakaba

517: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:33.00 0
数年前友人とドライブに出かけた 
丁度車の事故が起こったようで道が大渋滞になって夜になってしまった 
なんとか早く家に帰りたかったので普段通らない山道を通って帰る 
ことにした 
真っ暗の道をゆっくり走ってると友人が突然 
「あれ人じゃね?」 
といった 
確かに人っぽかったが周りには家もないし灯りもない 
俺は幽霊だといったが 
「じゃあ確かめてやる」 
といって友人は車から降りていった。 
しばらくすると女性を連れてきた 
「なんか彼氏にすてられたんだって。家まで送ってってやろうぜ」 
といって女性を車にいれた 

その女性は真っ青な顔色と無表情な顔は幽霊そのもの 
内心、絶対まともな人間じゃないと思い 
ブルブル震えながら運転をしていった 
ようやくまともな道にでると直ぐそばのコンビニで降ろしてくれ 
といわれて降ろした 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Classroom2

530: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:46.00 0
私は子供の頃、周囲をあまり掌握できてない子だった。 
今がまともなのかどうかわからんけどちょっと発達的に変だったのかもしれんけど 
授業中にノートに落書きしていてそれが教師に見られても平気だったり 
校庭で全校集会をしているときに、なんか疲れたなといきなりしゃがんだり 
体育館で全校集会を体育座りしてたときは突然横になったり 
授業を受けるのやだなと思うと休み時間にふらっと出て行ってそのままサボったりしてた。 
罪悪感とか全くなかった。思うままに行動してる状態。それが高校まで続いた。 

高1の時、ある雪の日、雪が降ってるので授業をサボった。 
校庭で一人で雪だるま作ったり、雪球を投げたり。 
そして雪を食べてみようと口に入れた時、「わっ」と大勢の声がした。 
振り返ると教室で大勢の生徒が、宮崎駿のアニメみたいに窓にびっしり張り付いて 
私を見てた。すごいびっくりした。そのまま学校から飛び出して逃げた。 
外を歩きながら、世界には人間が住んでるのだということ、 
私の行動がおかしいということ、おかしいことをしていたら見られるということを 
その時初めて理解した。 
それからは授業はサボっていません。 

会社に入ったけど仕事はまるでできなくて、今は在宅仕事。毎日家族以外誰とも会わない仕事です。 
結婚して子供がいるんだけど、子供も、授業中にいきなり横になったりするそうです。 
でも発達外来では何も引っかからないんだよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_592018_29166094_0

655: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:47:51.00 0
もう10年近く前の話。上の兄の結婚式がらみの修羅場。 

式場を予約して招待客も目星をつけ、そろそろ招待状送るかという時期に 
突然兄の元に式場からの電話が。その内容が 
「お母様から式場キャンセルのお電話がありましたが、ご承知ですか?」とのこと。 
寝耳に水だった兄は仰天して車で1時間の実家に駆けつけ、そこで緊急家族会議が開かれた。 
そこで母が泣きながら訴えたのは以下の内容。 

「母と父も最初はきちんとした式場で結婚式を挙げるはずだった。 
 それなのに父親族が『しきたりだから』と式場を無理やりキャンセルし 
 飛行機の距離のど田舎の父実家で宴会をやっただけで終わってしまった。 
 一応白無垢は着せてもらえたが髪結いも化粧も素人の父方伯母(父姉)がやって到底見れたものじゃなかったし 
 父方は遠縁まで親族全員、どころか隣近所まで呼ばれたのに 
 『嫁入りする立場だから』と自分の親族は母方祖父しか呼んでもらえなかった。 
 しきたりと言うならば息子夫婦も同じようにするべき!」 

初耳の兄、下兄、私は目が点。父は黙って俯いてるだけ。 
そのうち母が 
「どうしても式場で挙げるなら、一緒に私と父の結婚式もやり直したい!そうでなければ認めない!」 
と言い出した。新郎新婦の隣で新郎父と新郎母も一緒に三々九度やってるとか聞いたことない、 
馬鹿なこと言うもんじゃない!と家族全員で説得するも泣きに泣いて 
「どうして私は我慢したのに息子夫婦はちゃんとした結婚式ができるの!」 
と父に食って掛かり、父は答えられずに黙りこくる。 
下兄の「そんなに結婚式したいなら今から父さんと母さんだけでやればいいじゃん、兄ちゃん巻き込むな」
という発言には父が激しく反対した。 
もう60も過ぎて今更婚礼衣装など着れるかバカバカしい、やり直す必要なんぞない、と。 
それを聞いて母がさらに発狂。『やり直す』のはあんただけだ!私にとっては初めての結婚式だ! 
あんなのが結婚式だったなんて絶対認めない!と。父はだんまり。 
母としては「1組も2組も変わらないじゃない!夢と諦めていた花嫁衣装を着るチャンス!」と思ったらしく 
どんなに兄弟全員が非常識と言っても聞かない。 
揉めるだけ揉めて解決策が見つからないままお開きとなってしまった。

このページのトップヘ