• このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
property


296: 1/4 2008/11/08(土) 11:30:19

トメは金に汚く、勝手に買い物をしてはスッとレジから離れたり、
家の実家の金を当てにしたり、とにかくもううっとおしい事この上ない。

おまけに一度嫌味を言いだすと、何時間でも何時間でも言い続ける。
内容はくっだらない事ばっかり。
一番うんざりしたのは「隣の家のブロック塀についた苔が気に食わない」w
知るかっつーの。

ウトも夫も何度も〆に〆てくれてはいるが、治らない。
むしろ「私の家族を洗脳したくそ女」みたいな扱い。自分は被害者。

前置きが長くなったけど、
この前、私の曽祖母が亡くなって、私にいくらかの遺産を残してくれた。
トメにだけは言うまいと思っていたが、私の実家に
「悲しいのは分かるけども、○○家の嫁なのにいつまでたっても帰ってこない。大体嫁子さんはウダウダ」
と嫌みの電話をかけてきた時、電話にたまたま出た叔母が「遺産の手続きもあるので…」と弁解。
その後私の携帯に「大変だったわね、しばらくゆっくりしてきてね」と優しい電話がきた。

ちなみに叔母は驚いてた。
「遺産が、って話した瞬間から声のトーンがあからさまに変わったのよ。
(`△´)こぉ~んな声から、(゜∇゜)コーン!!な声に!」って。
そういう女なんだよー。

家に帰ったら遠まわしに遺産遺産とうるさく、適当に流してたら
直球で「大事な事だから聞くわよ。遺産はいくら頂いたの!?
ご遺言書にはなんて書かれてたわけ?」
こっちも直球で「遺言書では約300万と土地になります」と答えたらムッハーってなって帰って行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
308taberutougarashi-t

615: 名無しさん@HOME 2008/03/13(木) 17:09:09
肉じゃがでも卵焼きでもすき焼きでも、とにかく私が作った料理に、
『甘い!私はもっと辛くないと食べない』という、引き取られ同居のトメ。
実際はトメ超甘党。文句を言いつつ食事は全て平らげる。

あんまりしつこかったんで、私がキレた(ふり)をした。

トメの食事は全部唐辛子を振りかけ(真っ赤なご飯真っ赤な野菜サラダ等)。
トメが買い込んでいた甘い菓子は取り上げ、代わりにハバネロの菓子。
小遣い制だったのを取り上げストップ。それを続けた3日目に、
コトメ夫婦のとこへ家出していった。話し合いの末、同居解消。

旦那が全面的に味方になってくれ、私を責めるコトメを、逆に
〆上げてくれたんで、めでたしめでたし。ウトの遺産を独り占めして、
一年で使いきって泣き付いてきたのを、引き取ってやったんです。

それなのに調子にのってるので、痛い目合わせるつもりで行なったDQでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sentakuki

537: 2011/09/21(水) 07:25:44 ID:SHrCg+uo

ある初夏の深夜、隣の家で怒鳴り声&子供の泣き叫ぶ声がして(お互い網戸だった)
隣家のベランダで、ガタガタいう物音と「ごめんなさい!もうしません」と子供の悲鳴。
怒られて、ベランダに出されてるのかな?
隣は離婚して今は母子二人だから、お母さんがお父さん役もしなきゃならないからなー。
と、呑気にうとうとしていたら夫に揺さぶられ起こされた。
「様子が変」と真剣な顔の夫につられて耳を澄ますと、大人の男性の声もする。

うちのマンションは、室内にも洗濯機置き場があるのだが、ベランダにも蛇口があり
隣家は、元旦那さんが草野球をしていてユニホームが泥だらけになるというので
ベランダに汚れ物専用の洗濯機を別に置いていた。

「さっきの物音、洗濯機がガタガタいった音じゃない?」と聞かれて、私も事態の異常さを悟った。
少し前にそういう虐待死がニュースでやっていた頃だった。

泣き声がくぐもって聞こえるのは、もしかして洗濯機の蓋を閉めた?と夫婦で慌てていると
「これスイッチ入れちゃおうかww」と男の声。
母親は「まさかww」と言いながらも止める気配は無い。

その会話で、子供が洗濯機に入れられているのを確信。
「警察に通報する?」
「大家さんの方が早いけど、この時間じゃ寝てるよね」
「じゃあ児相?番号は?(この時まだ子無し)」
「とにかく警察に」とあたふたしていたら
水道の音と、くぐもった子供の悲鳴と大人の笑い声。

夫が「警察呼べ!捕まったらゴメン!犯罪者になっても許してくれ!愛してる!」と
ベランダに飛び出し、仕切の板を蹴破りました(避難用に簡単に蹴破れる)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1903a847

359: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/11(日) 削除対応済み ID:56ERN9wv

一週間前に起こったずうずうしい話

自分は高卒だけどweb系プログラマーとして、それなりにうまくやってるつもり。
新人の教育・指導を主に行ってて、案件によるけど主にプロジェクトリーダーに選ばれてる
そんな俺だが、とある親戚のおばさんから電話がかかってきた

「息子がプログラマーとしてやっていきたいと言ってるから解らない部分を指導してほしい」

話を聞くとおばさんの息子(以下オバムス)は現在無職で、早稲田を中退後引きこもりになった
33歳(俺より年上。無職歴12年でバイト歴もなし)らしい

それでもガキの頃はお世話になったおばさんだったので、快く引き受けて日曜におばさん宅へ。
ドアをノックしたら見るからに引きこもりで
目がどこ向いてるか解らないオッサンが出てきてちょっと怖かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
000b0ce6

621: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/20(水) 21:06:11.17 ID:sWzf/zTB

皆様乙です。
いい人風な勘助は周りには
「ウザいかもしれないけど、特別悪いことしてないじゃん」
と映ってる場合があり理解されないですよね。

自分は昔から小柄で文学少女を大人にしたような外見なので、その手の人に好かれます。
特にここ数年が酷く、厄落としに書きます。

大学時代、友人から文化祭実行委員に入って欲しいと頼まれ顔合わせに行きました。
会議室ではメンバーそれぞれが大学生らしく騒いでおり、和気藹々といった雰囲気でした。
その中、きのこヘアーにでかい黒縁メガネをかけた小柄な男の子(全身黒)が佇んでおり、
ふと見てしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fd639_1205_getters04a

606: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/06(水) 16:46:57 ID:QK51spw8

勤務先関係の×1既婚男。
普段からモラハラ・パワハラ・セクハラと問題ありすぎ。
よく再婚できたな。

パワハラは年下男性がタゲなので省略。
泣き寝入りしそうな年下女性を選んでセクハラをする。
私は初対面の時、突然髪を触られて「とろけそう。さらっさら」と言われた。
(ちなみに癖毛で特にきれいな髪ではない。)

お菓子を配るのが好きで、
そいつに選ばれし女性は背後から近寄られて肩を叩かれ、指ごと口にねじこまれる。
本人は「あーん」のつもりで満足げ。

書いてて鳥肌たってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20090718_693981

621: 名無しさん@HOME 2008/03/06(木) 18:05:20

凄く簡単なスカですが。
トメは心底意地悪な人で、私を召使いか何かだと思い込んでた様子。

その上、子供ができなきゃ出て行けと毎日怒鳴られていました。
夫はエネ気味で、
「お袋だって悪気はないし」
の一点張り。

離婚も考えたけど、色んな事情で行くあてがなかったので我慢していました。
このスレを見つけたときは、スカしてるみんなを指くわえて
羨ましがったり、イメージトレーニングしてみたり。
でも、現実はトメからの酷い仕打ち、夫のエネ。
実際にイメトレ通りにはなかなか出来ませんでした。

で、さっきなんですが。
私、凄くイライラしてたんですよ。
何故だか判らないけど、今までにないくらいイライラと。
トメとすれ違って
「アンタ!買い物行ったの?さっさとしなさい!」
と、いつもの通りに平手打ちを食らいました。

トメは私が気に入らなかったり、口答えしたり、何かつまらない事が
あると、理不尽に私を平手打ちしてくる人なのです。
エネ夫はそれを横目で見て、知らん振り。
もう、泣くのも疲れちゃってさ、いつもなら頬をさすりながら
「はいすみませんオカアサマ。すぐにすぐに!」
と言うのですが、今日はどうしても!どうしても!イライラ。
で、反射的に、トメの頬をぶっ叩いてしまったんです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
17b9646e-s


461: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/10(金) 15:29:17.09 ID:do11PA+D

5年前、俺が勤めている部署にかなり美人な女性Aさんが入ってきた。
Aさんは仕事覚えも早く、性格も良かったのでかなり人気だったが、
入社2ヶ月目にして辞めることになった。
俺はAさんが何故辞めることになったのかは知らない。

Aさんは最後の日に「メールアドレスとケータイ番号です」と言って、
社員全員に一言添えたメモを渡した。
なかなか積極的だなあと思いつつ俺もそのメモを有り難くいただいたわけだが、
メールや電話をすることはなかった。

このページのトップヘ