必見!オススメ人気記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
08976ef0-dde6-44f6-a5a2-0b302da68141_l

499: 名無しさん@HOME 2007/09/28(金) 07:11:44

コトメが先週出戻ってきたが
理由が家事放棄と浮気という目も当てられないものだったので
家族の誰も庇わなかった。
中でも弁護士を挟んで土下座し、慰謝料まで支払わされたウトは
氷点下まで愛情が冷え切っており、口も聞かない始末。

先日のコトメ、何を思ったのか
「ちょっと嫁子、お父さんに何か言ってヨ」
とまさかのキラーパス。

「え~~私にどうしろと。
 まずお義父さんに返金でもするのがスジじゃないんですか?」
と返したら
「何よ嫁のくせに生意気な!」とくる。
ムッとしたんで、神経を逆なでするアクセントで返した。
「嫁のクセに家事放棄に浮気でおん出された不良品に言われたかないですよ、
 ぶぁ~~かwww」

ここでつかみあいになったが、騒ぎを聞いてかけつけたウトや夫は
コトメ子が悪いに決まってる!と聞く耳もたず。
コトメ、家族からつるし上げられ9/28現在フテ寝の真っ最中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
baby1

766: 1 2013/10/29(火) 16:58:59

私と元旦那は幼なじみで幼児の頃から仲良しで
夫婦夫婦とはやし立てられ、そのまま本当に結婚した。

両家仲良いし近所だし若いしで、円満そのものだったけど、
やがて仕事で双方遠方へ行く事になり、しばし別居婚に。

すると、これが具合が良かったんだよね。お互いに。
つまり、恋愛感情なんてとっくに終わってた。

むしろ変に「地元・幼なじみ婚万歳」に縛られていた。
仲良かったし、別れる理由もないし、気付かなかった。
そんな訳で3年で離婚した。皆残念がったけど仕方ない。
この時点で私達はまだ20代だった。

数年後、私は別の男性と結婚し、更に数年後出産。
お正月に家族で帰省して、子供と散歩していたら
元旦那とその嫁に遭遇。元旦那夫婦は同じ年で、新婚だとか。
その場で笑顔で挨拶して別れた。けど、
その日の夕方に元旦那嫁(以下Aさん)がウチにやってきた。曰く

「こんな事言うべきかどうか凄く悩んだ。でも、
差し出がましいのかもしれないけど、謝って欲しい」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_882241_16265784_0

153: 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 22:45:58

義父が旦那の昔からの宝物のキンケシや超合金などその他もろもろ、
今ではプレミアつきまくりの物を全部捨ててたらしい
私自身収集癖があり、そういう宝物、所謂プレミア物って好きなんだ

旦那同じで、自分の宝物は実家の自分の部屋の押し入れにしまってあったらしい
結婚前の話なんだが、聞いた時には頭真っ白になった
「それは……ダメです、お義父さん」
と、いつもにこにこしてる嫁が、顔面蒼白になり一言呟いたら義父がオロオロしてた

自分のじゃないし、実家に置いといたのが悪いとは思うが、
ハァ……思い出す度に切なくて仕方がなくなる

喪失感がはんぱない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ilm17_ca08007-s

25: 名無しさん@HOME 05/01/05 00:53:42

私の母親は、若年性痴呆症になってしまい、今は施設に入っています。
トメがそのことについて、ウザイぐらい五月蝿いんです。

何かあるとすぐに
「あーやだやだ、あんなんなる前に、私だったら死にたくなっちゃうわきっと。」
「ボケ防止に指先うんと使いましょ、ほら、あんたのお母さん見たくなりたくないから」
と、イヤミばっかり言ってきます。
それも、旦那がいない場所で。

なんだか、言い返す気力もないので、
イヤミを言われたら、聞き流してるふりをしていました。
が、それがしわ寄せが来てしまったのか、今日凄い勢いでキレてしまいました。

「あんたのお母さん、施設入れてるんでしょー?全く、実の母を施設に入れるなんて
あんたには、思いやりとかないの?」
と、こんな風な言葉だったかなー?この言葉で何故か私はプチンときてしまいました。

「あーあ。(ため息混じりに)そうですよねぇ…介護って個人でやるのってどーしても
限界があるんですよぉ~。例え悪いんですが、介護する側がストレスたまって
その気がないのに、虐待~なんてしちゃうケースがあるんだって聞いたことあります。
あーわかりましたわかりました。お義母さんの介護、そーしましょーか。うん。
寝たきりになったらー………なんか楽しみ。」

そして、その後、何がおかしかったのか、
私はけたたましく笑っちゃいました。

旦那が帰ってきて、私が変に笑ってるのにびっくりして
何があったか聞いてくれました。

その場で、笑いながら暴露したら、トメのやつ
「ち、ちがうのよ、嫁ちゃんが嘘ついてるの!」なんて言いやがりました。

旦那は、そんなトメの言葉をさえぎって
「お袋は黙ってろ!もしこいつ(私)が嘘ついてたら、こんなにおかしくならねーだろ!?
俺は100パーセント、嫁を信じてるんだよ!だから少し黙ってろ!」
と、かばってくれました。

もうなんていうか、嬉しくて、なんだか自分でもわからないんですが、笑いながら泣いちゃいました。
もう少しはやく旦那に相談すればよかった、自分バカすぎ。

でも、旦那の一言で、私はスカッとして救われました。
さーて、明日からまた実母の介護(って、施設へ面会に行って着替え持ってくだけだけど)
がんばれるぞー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
menage

110: 名無しさん@HOME 2012/01/05(木) 23:17:25.77 0

嫁は奴隷だと思ってるトメ。
帰省の度に掃除洗濯など山のように押し付ける。
食洗機があるのに手洗い強要、庭掃除も早朝にしろなど、夫とウトが言ってもきかない。
やらなければネチネチうるさい。

年末に右手を怪我したので、肩まで包帯ぐるぐるで帰省。
あれこれ用事を言いつけられても、
『すみません、きき手怪我してるので』
と逃げ昼から飲んだくれた。

言いつけられた用事は夫とウトがやろうとして、
『あらいいのよ~お母さんやるから!』
とトメ自爆、正月にやらなくていい事まで動いてた。
私は何にもせず、のんびりくつろいだ帰省だった。

本当は薬指を3針縫うだけの怪我だったのに、大怪我を装っていた。
それに両ききなので、左手も使って少しはできたけど、動かず飲みまくった。
小さい事ですが自分はすごくスッキリした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
moped02

257: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/01(日) 09:47:01 ID:GEfPtbk4

事故繋がりで小学校4年生の時の体験。

2つ年下の妹と一緒にお菓子を買いに行った帰りに
少し先に見えてきた信号のない横断歩道で
近所に住んでるおばあちゃんがこちら側に渡ってくるのが見えた。

そしてそのおばあちゃんを原付が撥ねたのが見えた。
ビックリして走って行ったら、原付はひき逃げでもう見えなかった。

おばあちゃんはヒクヒクしてて、でもどうしていいかわからなくて
大声で「おばあちゃんが撥ねられましたーーーーーーー!!」と繰り返した。

そしたら近くの家の人が飛び出してきて救急車を呼んでくれて
警察も来て色々聞かれたけど、↑に書いたようなことしか答えられなかった。
妹は泣いて泣いて話が出来ない状態。

おばあちゃんは打ち所が悪かったのかショック性のものか分からないけど
運ばれた病院で亡くなった。
撥ねた原付はそのまま逃走していたらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
_SL500_AA300_

69: 名無しさん@HOME 2012/01/05(木) 14:21:07.62 0

どこに書き込むべきかなやみましたが、ここでいいんですね。ageます。
正月に旦那実家へ行った。
ウトがセクハラーなので渋々だったけど、
ウト、遂にやってくれました。
去年産まれたばかりの娘のオムツ換えてる時にサッとやってきて、娘の局部を触ってしまいました。
あまりのことにどうするべきかわからなくなった私、まず大声をあげながら手近にあったやかん(中身は温い水)でウトの脳天を殴打。
ウトがひっくり返ったのを見て冷静になり、除菌シートで娘の局部を丹念に清掃(娘は泣き叫びましたが……)
そうして起き上がったウトが逆に私を怒鳴りつける始末。
その時私が言った反撃の言葉はまさにふじこふじこだったと思います。何を言ったか覚えてません。
ですが夫も良トメも理解してくれたようで(ウトの自爆だったと思います)、目出度くこの度、義実家に娘と私は行かなくていいことになりました。
ごめんよ娘……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tikandesu

351: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 21:06:11

ダイエットに成功した時の話。

高校までピザ、それも超巨大だった私。
大学の入学式までには痩せなくてはいけないと思い直して
40kgのダイエットに成功した。

なにこれ!?体軽い!とか感動していた時期のことです。
今まで痴漢とか全く縁のなかった私ですが大学で出来た
友人達と遊んで家に帰る途中に人生初の痴漢にあいました!

「これが痴漢なのね!」と少し感動している私。
だけどそろそろ怖いなぁ…どうしようと悩んでいたら
「この痴漢野郎!」と私の右隣にいた友人Aが私に触れていた手をぎゅっとつかまえました。
思い出してみると隣でうっと聞こえたような…。

そして手を引っ張って次の駅で降りてたまたま駅員さんが目の前にいたので
「この人痴漢です!」と腕を差し出すと左隣にいた私の友人Bだったのです。
もうそのあとは弁解するので大変でしたという話。

私は私で痴漢ってこういう感じなんだという変な感動と恐怖で話にはならなかったし
友人は何でこういう悪質ないたずらをするんだと怒られていたりで、
今でもその時の話になると友人Cが修羅場だったと言っているのでここに書き込みしてみました。
乱文失礼いたしました。


このページのトップヘ