必見!オススメ人気記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
CI0002

627: 名無しの心子知らず 2007/02/05(月) 13:12:08 ID:obrrdhtN
泥ババとその息子の話。

アニータさんがTVに映ってて、それを見た夫が会社の経理やってる私に言った。
「お前もちょっとづつ架空の領収書作って水増しすりゃ車の一台も買えるんじゃね?」
速攻キレてやった。
「そういうことは冗談でも聞きたくない!会社のものに手つけるのは窃盗なんだから!
わかる?窃盗!窃盗って犯罪なんだから!」

窃盗を連呼したら夫はバツわるそうに黙った。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8b339c4720116e3e0a8d7cbdee8c0d31

873: 恋人は名無しさん 2008/09/22(月) 02:11:58 ID:hxPpMu3b0

彼氏の家でいちゃついてたら、彼氏が急な仕事で出かけてしまい、一人家に残された。

皿洗ったりクッションの位置を直したりと軽く部屋を片付けてると、
斜め後ろから物凄い吸引力が。
頭を無理やりぐいっとひっぱられたようになり、無理な体勢でその場所を見た。
クローゼットの中のただの棚。

なんだなんだ?と脳内ではパニックになりつつも体が吸い寄せられて、
その棚の引き出しに手をかけたところで、その吸引力は収まった。
吸引力は収まったけど、部屋の空気がおかしい。
冷や汗がでてきて、なぜか目線が外せない。

プライバシーの侵害をするのは最低だと思ってたけど、おそるおそる引き出しをあけてみた。
鍵付きの棚だけど、鍵はかかってなくて、すんなりと中が見れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

432: 名無しの心子知らず 2008/12/24(水) 19:55:06 ID:G/EJP+Hl
試食販売のバイトしてきた
そしたら、子供のテグセの悪さにビビった
ようじでとって口につっこんだら、口の中に入れたまま他のをさしてもつ
で、ダッシュで逃げる

マナーがよくないと分かって逃げてるならまだ安心だし、子供だから仕方ないと思う
けど、親も同じ事をしてきたからダッシュは遊びなんだろうな
親は逃げずに選んでるふりしながら、また来ますーとか言ってたけど
もちろんその試食親子は三回も来た

試食でお腹いっぱいにするクリスマスってどうなんだろう…

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tennai

873: 恋人は名無しさん 02/10/12 22:16
30にもなるのにファミレスと居酒屋しか行った事がなくて、
たまにはフレンチやイタリアンが食べたいと言うと、
「実家が農家だから白い米食わせる所じゃなきゃ嫌だ」と言い、

だったら和食で少し高めでもたまにはちゃんとした所で食べようと言うと、
「そんな店、俺には一生縁が無い」と逆ギレするし、
私が友達と彼が行かないようなお店で食べてくると拗ねるしで扱いに困り果てた時。

こういう男がなぜかグルメぶるのも嫌だった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
62

264: おさかなくわえた名無しさん 2007/03/06(火) 21:05:25 ID:d8w8iFOV

色々な種類かのケーキを何人かでわけることになった

じゃんけんでとっていってたんだけど、自分ともう一人が残った
箱にあるのはモンブランとショートケーキ

自分が勝ったので取ろうとしたら
「私モンブラン嫌いなんだよね~って言うか栗が嫌い」
と言うので
「じゃあ私がもらうよ」
とモンブランの方を取った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ロミオ&ジュリエット

390: ◆bsQ5Mm0q6Y 2011/01/13(木) 10:44:01

君が結婚したと聞きました。

俺を思いながら泣きながら嫁に行く君の姿が目に浮かびます。
世間の冷たい理屈に引き裂かれた恋人達は何処に行けばいいのでしょう?
これから先一生君が幸せになれないことに心が痛みます。

あまりにも君が可哀そうです。

君のために泣いている僕を毎晩思いだして下さい。
そうすれば、世界でたった一人君味方の僕がいることが思い出せて
少しだけ幸せになれると思います。

サークルで知り合ったロミオからのメールです。
サークルに入ってすぐに告られました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
vlippan295094

509: 名無しさん@HOME 2012/01/07(土) 20:50:03

大学4年時の修羅場。
秋頃、内定を貰った会社から以下の連絡がきた。

「内定者紹介を兼ねたパーティーをする。社のパーティーだからスーツでもいいが、
あまりかしこまったものではないのでスーツでなくてもいい。」
自分はスーツでなくてもなら、スーツの方が無難だろうと思い、
特に深く考えずスーツで行くつもりで準備していた。

ところが、パーティー前日になり、母にそう伝えたら母がキレた。
「スーツでなくてもなら私服で行け!スーツでいったらおかしいだろ!」
いや別におかしくないだろ、無難だろ。
と思ったが、この時の母の剣幕が、なんかもう普通じゃなかった。
私は慌てて大学の就職科に電話して「スーツでもおかしくないですよね?」と確認した。
おかしくないです、という回答を期待したが就職科は
「スーツでもいいですが、その電話の内容なら私服でもいいし、
スーツのブラウスだけ変えてみるのがいいのでは?」
と曖昧なアドバイス。

けど私はスーツっぽく見えるコンサバ系の私服や、
ワイシャツと変えられるブラウスなんて持ってない。

半泣きで就職科にはこう言われたけど、持ってないからスーツで……と母に言ったら、喚く喚く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1312

877: 名無しさん@HOME 2011/07/03(日) 15:27:21.69 O

まだ私が小さかった頃。
当時、私は母と二人で狭いアパート暮らしで、
母は日中も深夜も関係なく働いていて、
私は保育園等行ってなかったのでお留守番ばかりしていた。

朝起きたら母が居ないとかは当たり前で、
1人で惣菜を買って、ご飯を炊いて食べたりしてた。
母は私を放置してた訳じゃなくて、時間のある時は
ご飯を作ってくれていたし、休みのときは常に一緒に居てくれた。

で、一緒に居る時に必ずある事を練習させられた。
普段優しい母が、それだけはどんなに嫌がっても聞いてくれなかった。
此処までが前提。

修羅場があった日の昼、母はいつも通り仕事で
その日は外に惣菜を買いに行った。
で、家に帰ると知らない男が居て、母を殴っていた。

一旦切ります。



このページのトップヘ

×