スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

162: 名無しさん@おーぷん 2015/09/25(金)19:39:04 ID:QZB
よその人から見たら、全然ありふれた話なんだろうけど、自分なりに目覚めた瞬間が修羅場。
実家には両親と兄。父は定年→嘱託。母はずっと専業。兄は高校中退→専門学校をはしごし続けて30越え
私は県外で働き、一応正社員。
手取り15万の給与のうち、8万を仕送りしていた。
たまに母から無心があるので、運送屋やガソスタのバイトで補填していた。
なんでかわかんないけど、いつか母が自分の頑張りを認めて
頭を撫でて、「ありがとう」って言ってくれる日が来ると信じていた。
ある日、銭湯からあがって、疲れてぼーっとしていた。
全然知らない人から、いきなり500円玉を握らされて「なんかおいしいもん食べな」って言われた。
??と思ってたら、「あんた見るたびに痩せてるから、おっかない」と言ってその人は去っていった。
体重はそれほど落ちてなかったので、再度??と思った。
でも姿見を見たら、顔が青黒いミイラみたいな女が映っていた。
「ヤバっ」と思った。


スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

334: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)20:30:11 ID:Vc7
友人のA子から「出産しました!可愛い可愛い女の子ですよ(≧∇≦)」の本文と
生まれたばかりの赤ん坊とドヤ顔のA子の周りを花やら蝶々やらのスタンプやフレームでゴテゴテと飾られた写真付きメールが届いたので「おめでとう、名前が決まったら教えてね」と返信した
しかし、フレームに紛れて赤ん坊の名前が書いてある事に後になって気付いたが時既に遅し
色んなSNSにて「信じられない、無神経、人でなし、女として終わってる、だから結婚出来ないんだ」と散々こき下ろされ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

935: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)12:34:38 ID:3Xt
うちの子は鶏肉と牛肉にアレルギーがあって、エキスとかもダメ
同じラインで調理されていて、万が一混じっていたら怖いので、
給食はご飯orパンと牛乳とデザートだけたべて、おかずはお弁当
それでも給食費は毎月みんなと同じだけ払ってる


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

264: 名無しさん@おーぷん 2015/02/01(日)13:12:21 ID:Yq9
昨日、仕事から帰ってきたら、うちのマンションの前に宅配業者のトラックがあった
私が入ると少ししてドアホンが鳴り「×○さーん」と声をかけられたので「違いますー」と答えた
ドアの向こうで配達のお兄さんと「×○さんじゃない?」「違います」と何度か応答したら
義実家に電話をかけていたお兄さん「これ置いていくのでお金ください」と言いだした
ここで、先に帰っていた夫に出てもらい「とっとと×○のところに持っていけ!」と怒鳴らせた
私しかいないと思い込んでいたお兄さん、平謝りで逃げ出したらしい
×○は夫の旧姓だが、夫が私のところに婿入りしたのは15年前
いまさらそっちで呼ばれても夫が返事をするはずもなく、
お兄さんが何度かドアホン鳴らしても居留守していたので、帰って来た私に押しつけようとしたらしい


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

286: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)18:06:44 ID:1iC
話を大きくする癖のあるトメ。
トメと孫が遊んでて、孫が転んで膝擦りむいた話を「嫁子さんが目を離した隙に孫ちゃんが流 血沙汰で大変だった」
同居は今のとこ考えてない「息子夫婦が、私たちに何があっても知らないって言うのよ!」等々。
親戚連中に言う→嫁子叱られる→旦那と一緒に誤解を解く→トメ注意されるも
「私はそう感じたのよ!」→ループ。だいたい私が悪者みたいな話になるのでうんざしりていた。ここまで前置き。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

700: 可愛い奥様 2011/08/01(月) 01:07:24.06 ID:uL+7PdWU0
落ち着いてきたので書いてみる。

隣家別居のウト(故人)は、いわゆる空気な人だった。
孫には興味を持ってたみたいで子守はたまに引き受けてくれたが、
それ以外は本当に空気で、生前の記憶といったら、年末年始に
ただ黙々と年賀状の山を作り出しては「郵便局」と出かけてくいくか、
私の子にしつこく布団蒸しごっこをしかけては私を切れさせてた事くらい。

でも今回の震災で、その印象ががらっと変わった。
震災の時にあわてて探した防災避難用具一式は、
ウトが頻繁に手を入れて常にベストな状態に保っててくれたもの。
ウトが亡くなるちょっと前に話題になった保温シートとか、
高低差の記された避難専用地図も入ってた。
義実家のタンスや納戸には、不器用ながらウトの手で耐震対策が
施されてたおかげで、トメは昼寝中に寝室のタンスで
押しつぶされることもなく、飛び散って砕けた食器類で
怪我することもなく、無傷で済んだ。
たまたま義実家にいた私と息子も同様。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

868: 名無しさん@おーぷん 2015/10/10(土)09:57:16 ID:VNH
20数年前の話だけど…。
私が小学2年生の頃に父に癌が見つかってね。
年齢的に進行が早くて気付いた時にはもういろんなとこに転移しちゃっててどうしようもなくなってたみたい。
だから両親が話し合って私達姉妹に本当の事を全て伝えて、その上で「その日が来るまでにたくさん思い出を作ろうね。」って決めたんだ。
旅行やキャンプなんかして思い出作りをしてたんだけどまぁ順調に癌は進行していってさ。とうとう倒れちゃって病院に緊急入院。
ありがたい事に両親は子供の私達に包み隠さず父の病状や今後なにが起こるかを伝えてくれてたから子供ながらに父のタヒに対して覚悟はしてた。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

49: 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)09:15:21 ID:od1
夫が浮気した。
元々もてるような男ではなかったし、稼ぎが良いわけでもなかった。
けれども優しくて誠実で、いつもにこにことしていて、そこに惚れて結婚した。
共稼ぎで頑張り、子供達(姉妹)も出来て、仕事・家事・育児を夫と共に頑張った。
でも夫は浮気した。
相手は会社の若い女子社員。
後で分かったけれど、父親がおらず、夫のような年上で人畜無害そうな外見の男性が好みだそう。


スポンサーリンク

このページのトップヘ