必見!オススメ人気記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

208: 名無しさん@HOME 2013/06/04(火) 13:55:38.40
義弟嫁がDQNっぽい 

「うち、洗濯は無料なんですよ〜。 
お隣さんが毎日7時30分に夫婦揃ってでかけるので 
その後にベランダ伝ってお隣さんの洗濯機と洗剤借りて洗濯してるから。 
私って節約主婦〜?」 

ってリアルで自慢気に言ってた。 
お隣さんに密告してやりたいわ。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

334: 名無しさん@HOME 2007/06/05(火) 21:15:44
豚切り。 
妊娠中トメに庭の草採りを命じられた。遠距離別居、義実家参り中に。 
腰を曲げるのも辛かったので、夫にかわりを頼んだ。 
旦那が草採りをしていて、トメ絶叫。「誰が、あんたにそんなことしろって言ったね!?」  
夫答えて曰く、「嫁子。」トメ激怒、「嫁子さぁぁん!!」 
(夫は末っ子長男、ぼくちゃまはそんな仕事はする必要ないがトメ持論。) 

勿論、こんな時は嫁子が妊娠中で無理だから自分がかわってやった、と妻を守れと〆た。 
しかし、同様の出来事が風呂掃除などでもおこる。夫学習能力なし。 

あれから20年以上が過ぎ、現在、夫はトメの近くで単身赴任。子どもがみんな自立したら離婚予定。 

こんな、エネ夫、私の父です。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

309: 名無し職人 02/12/04 16:10
祖父の葬儀の時、火葬場でお骨を骨壺に納めていたら 
灰の中からなにやら小さな粒が出てきた 
その後、粒は続々と見つかり その数は40数個にものぼった 
コレは一体なんだろうと親戚一同で話し合っていると 
そこへ遅れてきた祖父の弟でであるTさんがやってきた 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

894: 本当にあった怖い名無し 2012/12/30(日) 21:47:07.31 ID:bLUkKedj0
私の家の近くに長距離バスの停留所があるんですがどう考えても目につく看板を立てたり 
車に乗り込む時に直接言っても何度も俺んちの敷地内に無断駐車して行くクソババアが1人だけ居やがったんですよ 
そしていい加減頭にきた私は次にそいつが駐車しやがった時にその車を囲むように2mぐらいの深さで1mぐらいの幅の美しい長方形の穴を重機で掘ってやったのよ 
帰ってきたらそいつは呆然、もちろん出れるわけがなく「すいませんでしたぁ埋めてくださいぃ」と言うので 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

409: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 11:12:16.89 ID:SkzpXsos.net
埼玉県某所ん0の少年課の刑事?(制服じゃなくスーツだった) 
ある事で調書を取られていたら、いきなり怒鳴り付けられ、被害届けを受け付けなくされた。 
まるであのニュースの取調べと同じ。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

874: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/14(月) 19:26:56 ID:w97dmgcH
そう言えば何年か前、ラーメン屋のカウンターで食事してたら隣に30代くらいの女が座った 
他にも席空いてるのになんでわざわざ隣に人がいる席につくんだろうとちょっと不思議に思った 
その女が注文を終えたあと店長らしき店員が来て 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

40: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)11:03:58 ID:Mew
元同僚はいつも離婚したい離婚したいと言っていた。
嫁はメシマズ、ブス、ブタ、家は汚宅。娘はなつかないしATM扱いだそうだった。
その元同僚が本当に離婚した。
嫁は泣いてすがり、娘は「お父さんを臭いなんて言ってごめんなさい」と土下座したが容赦なく離婚したと自慢していた。
元同僚はその後異動になり、数年顔を合わせなかった。
先日たまたま出張先で出くわしたので一緒にめしを食った。そしたら話が食い違うというか訳がわからなくなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:01:46.21 ID:LCrr5jwb0
GWだから新幹線で京都行こうとしたのね 
で、前々からネットで海側の座席の窓際(3人座るところの窓際の指定席)を予約して東京から乗車した 
俺の隣には東京からは誰もおらず、品川から親子が乗ってきたんだ 
そんなの無視して、俺は久しぶりの新幹線の車窓を楽しんでた 

このページのトップヘ