• このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

904: 名無しさん@おーぷん 2017/11/27(月)14:39:21 ID:KEM
もう終わったことなんだけど、ムカムカして仕方がない。

ついこの間まで夫が勤めていた某ディーラーでの話。
我が家に待望の子供が生まれ、そろそろファミリーカーにすることにした。
社割りでこの値段で……と店長に言われていて、購入を検討していたのだけれど、さらに上役の方から「(入社二年目のため)社割りは使わせられない」とのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

537: 離婚さんいらっしゃい 2011/12/09(金) 15:23:12
元妻や娘から無視されるか、暴言を吐かれるかの毎日だった。食事や洗濯はすべて自分でやった。 
しかも洗濯機は使わせてもらえず、夜中にコインランドリーで洗った。 
それに家の風呂には入らせてもらえず、毎日、銭湯に行った。 
うちも娘が中学3年生の頃だった。 
キモい、近寄るな、汚い、から始まって、最後の方は、金だけ残して視界に入らないところに消えてくれ、 
さっさとシんでくれるとうれしい、生命保険は入っているのかなど言いたい放題だった。 
思春期云々ということも考えはしたが、どうしてそこまで嫌われるか、心当たりがなかったから、苦しかった。 

あとで分かったのだが、娘は元妻から、父親は浮気をしているといった嘘を散々吹きこまれていたとかで、 
家庭を顧みず、浮気相手に入れあげているような父親に対しては何を言っても許されると思っていたらしい。 

本当に胃に穴が空くほどの半年あまりだった。 

娘が高校1年生の夏に、一気に離婚して二人まとめて追い出した。 
当時は、とっとと縁を切って人生をリセットしたいという気持ちが強かったので、一気に叩きのめすことを優先したけど、 相手が次第に追い詰められていくのを遠くから眺めるというのも面白かったかも知れない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

488: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)21:49:56 ID:tim
丼ものを食べるとき
私→ごはん大盛りでもごはんがなくなって具材が余る派(ごはん大好き&薄味人間)
会社の同僚(男)→ごはんが余って具材が無くなる派(濃い味派)
たとえばカツ丼を頼むとき、私はカツが二切れあれば十分で残りのカツは食べにくい
でもご飯小盛りはあってもカツの小盛りってない
そんなときに助かるのが同僚
同僚は逆にご飯が余って困るタイプで、でも並盛りじゃあお腹満たされないしという人でお互い利害が一致した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

118: 名無しさん@HOME 2008/09/14(日) 11:27:57
旅行中にトメが自宅に来襲、婚前から集めてた漫画(単行本にして1万冊近く)とCD(600枚ほど)、あと副業用の道具、 
趣味の車用品を捨てられた。 
子供の教育に悪いから・・・とのことだが、庭に子供が入れない倉庫作って仕事場兼保存庫にしてたのに、それはありえねぇ。 
旦那&ウト&トメウト親戚許可の下、トメ支払いで全部買いなおさせてもらう事にした。 
トメもしぶしぶながら同意書にサイン。 
ひとまず副業の道具から。 
総額100マソおーばー。 

追加で漫画とCDも買いなおし中。 
プレミアついてるのもあるから、総額で地方建売かえるかも。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

229: 名無しさん@HOME 2006/06/06(火) 21:04:39
入院中の母が実は末期の癌だと父から聞いた 
(「心配かけたくないと隠していたけど、もう長くないから」と) 
旦那が「これから○(私)も大変だから余計な事で呼び出すな」etc 
近距離別居のウトメに釘をさした次の日 
旦那を送り出し付添いの準備をしているところへ 
満面の笑みでアポなし訪問かましたウトメが 
トメ「私達、病院で検査してもらってきたわ♪ 
あなたのお母さんみたいに愛する子供をおいてくたばりたくないから」 
ウト「あちらのお母さんがシんでも私達がいるからいいだろ」 
私はウトを突き飛ばして、トメの首根っこ掴んで外に出した 
真っ赤な顔して掴みかかってきたウトも力づくで外に追出した 
外で喚きだした二人に「お前らなんか私の親じゃない!! 
お前らなんかに私の両親の代わりは出来ない!! 
このことは一生忘れない!!おぼえとけ!!」 
と叫んでドアを閉めてから号泣した 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

173: 名無しの心子知らず 04/07/15 16:51 ID:1EK10yLY
1人目出産のとき、旦那に陣痛からビデオに収めてもらっていたのだけど、 
退院した後、「テープ入ってなかった・・・ゴメン」と言われてがっかり。 
生んでからの記憶が数時間飛んでるので、期待してたのに。 
でも仕方ないかと思っていた。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 21:55:07 ID:Dr8t7I1y0
登場人物。スペックは離婚直前 
俺:30歳フツメン中小企業幹部 
嫁:30歳貞操観念のない銀行員 
間男:30歳クズ銀行員 
間嫁:28歳専業主婦 
菊地:30歳バケモノ 
その他魑魅魍魎 
書き溜めが途切れるまではさっさと書くわ。

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 21:56:14 ID:Dr8t7I1y0
発端となる俺の結婚は2007年。大学からの付き合いの彼女と結婚して夫婦共稼ぎで順調な生活を送っていった俺には、余裕ができたら子供を授かるプランがそこにはあった。順風満帆としか言い用がなく、とても幸せだった。 
22のペーペー時代から狂ったように働いていた俺はある程度の地位を保証された下級幹部になっていた。当時俺の年収は手取りで600万+歩合給。 
俺の会社のすごい所はこの歩合給だけで俺が生活できてしまうところ。大体1年で120万くらい。忙しかった俺は行員の嫁を信用し、毎年定期を積増していた。筈だった。後述するけど嫁に抜かれてた。 

歯車が狂いだしたのは2010年の夏。嫁の残業日が心なしか増えてきた気がした。バカな俺は偉くなったから忙しいんだろうなあとかのんきに捉えていた。 

秋。俺は信じられないものを目にする。その日俺は親会社のもとに向かう途中だった。助手席に知らない男を乗せて走っている嫁の車である。見間違えるはずはない。結婚記念日のナンバープレートなんだ。 
状況が掴み切れない俺は大急ぎで携帯で撮ろうとしたがあえなく失敗。ブレブレだった。その後同じようなことは2度となかった。俺の心には陰りが出たが、同僚がたまたま乗ってたんだろうという結論に至っていた。 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【2/3】【報告者がクズ】元カノ『本当に失望しました。あの時のことをあなたの会社の人と、家族に全部話します』俺『金か?俺が離婚したら気が済むの?』→
の続きです。

831: 名無しさん@おーぷん 2016/01/16(土)00:40:37 ID:KUl
書いてたらかなり長文になった。
連投ウザーな方は、非表示にして下さい。

大学生の時、6歳年上の社会人と付き合ってた。
今思えば小学生がそのまま大人になっただけの、情けない男だったんだけど
「子供みたいに無邪気で可愛い人」と当時の私は思ってた。
出会いは友彼の紹介というか
友人と私が遊んでいるところに友彼と元彼がやってきて、一緒に遊ぶことになった。
元彼は友彼のサークルの先輩で、たまたま近くで遊んでたから私達と合流したって話だったと思う。
元彼とはすぐに意気投合して、その日のうちにメルアドを交換。
解散した後すぐに元彼から
「さっき会ったばっかであれだけど、私ちゃんに運命感じちゃった!俺達付き合わね?」
みたいなメールがあり、彼氏いない歴=年齢だった私は舞い上がって付き合うことにした。
翌日、元彼の仕事帰りに待ち合わせて改めて
「本当に俺でいいの?///」
「元彼くんこそ、私でいいの?///」
「俺は私ちゃんがいいの!俺めっちゃ幸せ者だ〜〜〜!!!」
みたいな会話をした気がする。
変な話だけど、この時が幸せの絶頂だったと思う。

ファミレスで食事後、元彼からホテルに誘われた。
昨日の今日でまだ早いと拒む私に元彼は
「私ちゃんと付き合えてるなんて未だに信じられないっ!実感が持てないんだっ!」
「私ちゃんの全部を知りたい。私ちゃんの全部を俺色に染めたいんだっ!」
「できることなら今すぐ私ちゃんと結婚したい。俺の子供産んでくれる?」
などなど言葉責めを受け、初彼に浮かれていた私は、元彼を受け入れてしまった。
(実際は、もっと色々言われた気がするけど、覚えてない。)

ものの数分で出すものを出してスッキリした元彼は、驚くほど淡々としていて
腕枕はしてくれたものの、数分後にはシャワーを浴びるように促された。
1人でシャワーを浴びながら「こんなものなのかな。」とちょっと虚しくなったのはよく覚えてる。
そんな感じの付き合いを1ヶ月ほど繰り返していたら、元彼から突然
「仕事でトラブルが起きた。これからなかなか会えなくなるけど、我慢してほしい。
今は昇進がかかってる大事な時期だから、分かってほしい。」
と告げられ、会う頻度が減り、メールの返信も減った。
電話もロクに出てくれず、不安な気持ちを伝えるメールをすると
「俺だって私に会いたいよ!仕事を辞めろっていうのか!?」
と逆ギレされ、私発信でメールや電話をするなと言われた。友人に相談すると
「友彼に聞いてみたけど元彼さん、今大変らしいよ。かなり切羽詰まってるっぽい。」
「彼氏が辛いとき支えてやるのが彼女の努めじゃない?」
と励まされ、時々ある元彼からの連絡を心の支えにして耐え続けた。


このページのトップヘ