179: 名無しさん 2014/03/29(土)09:57:03 ID:T1334SA0C

親父の話です。

柿とか作ってた農家なんだが、たまになっている柿を盗まれてた。
組織的な訳じゃなく、人ひとり持てる程度だけど。
でも鴉やイノシシならある程度はしょうがないが、人間にやられるのは腹が立つ。

それである年、親父は柿を接ぎ木してまわった。
山すその道路そば、よく盗られる辺りを中心に。

それから実がなって、いつものように盗られる時期になったんだが、
親父が落ちてた柿を拾ってニヤニヤしながら見せてきた。

柿はひとかじりされて捨てられてた。親父は「渋喰うとるw」と笑った。
接ぎ木をして回ったのはこのためだったらしい。(接げば接いだ枝の実がなる。)

渋柿でも見た目は普通の柿と変わらないし、渋抜きすれば食べられる。(出荷も出来る。)
でも盗人が渋抜きの手間かけるとも思えないし見分けがつくとも思えないので、
「もう盗らんじゃろw」と笑ってた。
俺も渋柿食った時のこと思い出して笑った。

あれイガイガするんだよな〜。
昔話でした。

スポンサードリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


180: 名無しさん 2014/03/29(土)10:13:16 ID:6CYsOj93P
>>179
復讐というか自衛だけど、親父さんはこうなると想定してたんだろな

なんとなくニヤっとした顔が思い浮かぶ
渋柿食べたことないけど、想像したら自分もニヤリとしてしまったわw

181: 名無しさん 2014/03/29(土)10:40:19 ID:EmNgLZ0cz
>>179
泥をそのくらいで許すとか優しすぎw
スカッとしたならいいか

183: 名無しさん 2014/03/29(土)11:10:26 ID:lcIjflJRP
>>179
溜飲を下げつつ再犯防止にもなるいい復讐だ!
オヤジさんGJ


☆調子にのんなよ!ブチギレ記事集(゚Д゚)ゴルァ!!☆

・義実家で天ぷらあげてようやく私が食卓に着く頃には全てたべられていた…ウト「嫁なんざ残飯食やいい」と言いやがった。

・ 【修羅場】弁護士と名乗る男性が家に来た 。DNA鑑定書?を持参していて、姉と家族の親子鑑定をさせて欲しいと言う話だった。

・新居完成とともに子どもが生まれ嫁と3人で住みだしたんだが、嫁が「もうあんたの家族無理…」と泣きながら訴えてきた。



引用元: ・本当にやった復讐



スポンサードリンク



スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介