801: 恋人は名無しさん 2010/05/15(土) 08:23:45 ID:ifqVG9tu0

婚約記念投下。

私子…当時大学生。
Aさん…おそらく30代のお客さん(よく来ていたらしいが、顔見知りの常連さんというわけではない)
A母
(彼男…私子の彼氏。当時遠距離してた。)
イケ男…私子と彼男の共通の友人。イケメン。

私子は和風カフェでバイトしてた。
そこはレトロな制服がかわいく、働いてる子は清楚系が多い。
ただ私子はけっして清楚なタイプではなく、趣味はスポーツ、好きな服装はカジュアル系。
彼男と遠距離恋愛中だった。

804: 801 2010/05/15(土) 08:30:06 ID:ifqVG9tu0
暇な平日の日中、母息子の二人組み(AとA母)が来店。
最初は「観光かなー、仲の良い親子だな」くらいの印象で、普通に接客してた。

しばらくして、「すみません」とA母に呼ばれた。お茶のおかわりかな、と思ってお茶を注いだ。
そしたら、A母がニコニコと話しかけてきた。

A母「あら、気がきくわねー」
私子「ありがとうございます」(そりゃ仕事ですから)
A母「それに、とっても可愛いわ」
私子「はぁ…ありがとうございます」
A母「あなた、学生さん?」
私子「はい。大学生です」
A母「何年生?」
私子「4年です」
A母「じゃあそろそろ卒業ね」


スポンサードリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

805: 801 2010/05/15(土) 08:37:25 ID:ifqVG9tu0
そこから、A母は「ウチの息子の仕事は…」と語り出した。
ん? と思いつつも、暇だし、邪険にもできないのでうんうんと聞いていた。
そのうち「将来のお嫁さんには専業主婦になってもらいたい、同居したい」
というようなことまで。正直、しらねーよと思ってたんだが。

A母「仕事もきちんとしてて、家もあるし、長男だし、女性からしたら良い相手だと思うのよ」
私子「あーそうなんですかねぇ」
A母「ね、だからどう?うちの息子と結婚しない?

私ぽかーん。
…しかしまぁ冗談だろうと思って、「うふふ」と笑っておいた。

A母「あなた、就職決まってないんでしょ? 専業主婦に永久就職っていいわよ」(←私は内定済みですが)
私子「いやぁ、あのー…」
A母「実はね、息子からあなたを紹介されて…今日実際見に来て、
  本当に清純そうで良い子だなぁって思ったのよ」
私子「え? あのー、失礼ですが、私息子さんと知り合いじゃないんですけど…」

そしたらA母、「ほほほほ」と笑う。
A母「いやぁね、息子の一目惚れに決まってるじゃない

807: 801 2010/05/15(土) 08:43:23 ID:ifqVG9tu0

決まってねーよ。しらねーよ。

そこで初めて、Aが「母さん恥ずかしいだろ」というようなことを喋った。お前誰だよ。

話をまとめると、Aが来店→私子を見て、「なんて清楚なんだ! 嫁にしたい!」と頭のわいた盛大な勘違い→A母に「結婚したい相手がいる」A母「じゃあ見に行きましょう」→あらよさそうじゃない、これならムチュコちゃんの相手にえらんであげてもいいわ
…ということになったらしい。

私子「あのー、私には彼氏がいますし、突然知らない人と結婚と言われましても…」
A母「彼氏ってなんなのよ! うちの息子を裏切るの!?」
突然A母がぶち切れた。私、ぽかーん。

そこでやっと変だと思った店長が出てきてくれて、丁重にお帰り頂いた。
変な客だったね、気をつけてね、でその場は終わった。

809: 801 2010/05/15(土) 08:54:29 ID:ifqVG9tu0

数日後、私はイケ男と遊ぶために待ち合わせしていた。
イケ男は遠距離の私が寂しくないように、と時々遊んでくれるやさしい人。
彼男も「私子と遊んでやって」と公認で、その日は彼男のサプライズバースデーパーティーの計画もかねての食事だった。

待ち合わせ場所で待っていると、なんか見たことある二人組みが…AとA母だった。
え? ストーカー? と慄く私に、普通に話しかけてくる。

A母「あらー、偶然ね。何してるの? 私たちこれから出かけるんだけど、
 よかったら一緒に行かない? あなたが来るなら、式場とか見に行ってもいいわね」
私子「あの、私本当に結婚する気なんてありませんし、正直言って迷惑です。
 今日だって、どうしてここにいらっしゃるんですか?」
A母「迷惑ってなんなのよ! 私はあなたのためを思って言ってあげてるのよ!」
私子「いえ、ですから…私には彼氏もいますし、息子さんの事は知らないですから…」
A母「彼氏なんて嘘でしょう? 見栄を張ってるだけなのよねぇ?」

すっげー馬鹿にしたように見下された。
ちなみにAはにやにやしながらこっちを見てるだけ。正直キモイ。

そこにイケ男がやって来た。
イケ男「私子! …あ、こんにちは」
どうやらA親子を私の知り合いだと思ったらしく、律儀に挨拶する。

…と突然、Aが奇声を上げた。
「きぇぇぇぇぇぇいぃぃ!」みたいな。びっくりする私とイケ男。

A「お、お前みたいなやつに、私子ちゃんはあげないぞ!」←まじでこう言った。
イケ男「えっ? あ、あの…」
A「私子ちゃんは、俺と結婚するんだぁぁ! 別れろぉぉ!」
どうやらイケ男を彼氏と勘違いした模様。

812: 801 2010/05/15(土) 09:05:46 ID:ifqVG9tu0

私子と彼男の仲のよさを知ってるイケ男は、
とっさに「私子がやばいことに巻き込まれた」と悟ったらしい。

イケ男「あの、ちょっと落ち着きましょう」
A「(意味不明にわめく)」
だめだ話にならん。警察呼ぼう。

その時、A母にがしっと腕を掴まれた。びっくりして固まると、
  ぐいぐいと私の指に指輪をはめてきた。
A母「婚約指輪まで買ったのよぉぉ!」
私子「ひぃぃぃ!」
イケ男「ちょっと! マジでやめてください! 」
私子「警察! イケ男、警察呼んで!」

イケ男はばしっとA母の腕を叩き落すと、私の指から指輪をぬいて投げ捨てた。
イケ男「俺たち婚約してますんで、これ以上彼女に付き纏うなら出るとこ出させてもらいます」
…なんだこの少女マンガ。私ぽかーん。

A親子はそれにひるんで、何か言い訳めいたことを言いながら去って行った。
私とイケ男はその足で警察へ。その後イケ男は彼男に連絡を取ってくれ、
彼男は急遽飛行機に乗って会いに来てくれた。

その後私はすぐにバイトをやめた。
バイト仲間情報によると、A親子はその後も何度かお店にに通ってたらしいが
私がいなくて諦めたっぽい。家を知られてなかったのが不幸中の幸い。

彼男も無事にこっちの内定をもらい、遠距離解消。
今度結婚することになって、イケ男に幹事をお願いした。
(ちなみにそのすぐ後にあるイケ男の結婚式の幹事は私たちがやる。)

厄落としに投下。
書いてみたらたいした修羅場じゃなくてごめん。

817: 恋人は名無しさん 2010/05/15(土) 09:23:28 ID:yGbElSEd0
乙~。
いきなり理不尽に「うちの息子を裏切るの?」ってなんだろうね。
ほんとお疲れ様でした。

818: 恋人は名無しさん 2010/05/15(土) 10:04:40 ID:l7yfvVov0
裏切るの?も怖いが「いやぁね、息子の一目惚れに決まってるじゃない」も怖い…

801夫婦とイケ男夫婦は末永く幸せになーれ(AA略

引用元: ・◇修羅場◇part95



スポンサードリンク



スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介