836: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 23:28:04.90 0
6,7年前の修羅場。 
定時終了後、息子を伴い工場の焼却炉でおが屑と廃材の処理。 
その日は分量が多く、一度満杯にして焼却後、再度おが屑投入。火種の上に 
おが屑を積み上げた。(これ危険な焼却方法で本当はやっちゃだめ) 

くすぶっている最中、積み上げたおが屑が炉の中で崩れ、火格子の上の空気の 
通り穴を塞いでしまった。炉の中は空気不足で火が立たず不完全燃焼のガスと 
煙が充満してしまった。慌てた俺は炉の蓋をあけておが屑をコテでかき揚げ 
空気の通り道を開けようとした。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
836: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 23:28:04.90 0
その瞬間、炉の底で火の粉が吹き出すのが目に入った。
一瞬目をつぶって体をよじった、その途端熱気に包まれた。いわゆるバックドラフト。
息子曰く俺が火炎に包まれていたらしい。着ていたジャンパーを脱ぎ捨て水道の
水を頭からかぶって痛みを誤魔化した。

その後は顔中が熱く、手の甲も真っ赤。救急で病院入って顔中包帯でグルグル
巻のミイラ状態で眠れず、長い夜でした。火傷は痛いもんですね。
さいわい熱傷の程度が軽く1週間程度の安静ですんだ。
医者が言うには、熱傷の瞬間、呼吸を止めていたようでそれがよかったと。呼吸を
していたら間違いなく気道熱傷で大変だったそうな。
後日、そのとき着ていたジャンバーをみたら内側の起毛が焼けて黒くなっていて
ゾッとしたのを覚えている。

838: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 23:33:17.42 0
父ちゃんなぜやっちゃだめなことしたし…

844: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 23:56:44.15 0
>>836
ひぃいいぃぃぃ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
とうちゃん無事でよかったな!!!

845: 名無しさん@HOME 2013/02/20(水) 00:24:43.55 0
>>836
これは勉強になった

スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介

コメント一覧

    • 1. 怒りの名無し
    • 2016年03月08日 00:45
    • 粉塵爆発とかも関係あるんかな。
    • 2. 怒りの名無し
    • 2016年03月08日 01:00
    • 無事で何より。
      火は怖いね。
    • 3. 怒りの名無し
    • 2016年03月08日 09:24
    • おがくずみたいな燃えやすくて空気(酸素)はらんでる物なんかは一気に燃えるからな
      バックドラフトじゃなく、激しく燃える状態=爆発だな
    • 4. 怒りの名無し
    • 2016年03月12日 19:27
    • どんだけデカイ炉を家に持ってんだろうな…
      小型中型での量ならそんなに人間包めるほど炎は拡がらないし
      粉塵爆発って希少な条件を揃えなきゃしないから炉の入り口から掻き出した程度の量ならそんなに舞い上がって粉塵が拡がる事も無いし…
      粉塵が吹き飛ばされる事が起こるようなのが粉塵爆発だと思ってコメしてる人はごーめんね
      細かく燃えやすい物が燃焼条件を揃えてる状態で舞い拡がってないと延焼に次ぐ延焼による炎の拡大は起きないから!
      並べた手榴弾が連鎖爆発する要領の粉版だからね!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット