415: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)22:33:57 ID:OCE
私は大の納豆好き。
冷蔵庫には常に4個パックの納豆をストックし、朝食だろうが夕食だろうが毎日納豆食べてた。
が、結婚を前提に同棲することになった彼氏に
「俺、納豆嫌い。匂いがダメだから目の前で食べないで欲しい。食べるなら俺のいない時に食べて」
と言われてしまった。
まぁ納豆ってぶっちゃけ腐った豆だし、そういう人もいるだろう、仕方ないなと納得した。
それ以来納豆は自分ひとりの食事の時しか食べないようにして、
食べた後のパックを捨てたゴミ袋もすぐに縛って匂いが残らないようにしてた。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク

415: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)22:33:57 ID:OCE
同棲生活も1年を超えた頃、巷で納豆ブームが起こり、TVで納豆特集があった。
それを見ていた彼氏が言った
彼「俺マジで納豆無理だわー。目の前で食われるのも無理。(私)が同じでよかった」
私「??同じって?私は納豆好きだよ?」
彼「嘘つくなってw (私)は納豆嫌いだろ?食べてるとこ見たことないもん」

同棲前に私は納豆好きって言ったのを綺麗さっぱり忘れてるとことか
彼が目の前で食うなって言ったのに完全に無かったことになってたとことか
彼の前で食べないだけで冷蔵庫には相変わらず納豆ストックしてたのに全然見えてないとことか
なんかもういろいろスレタイ。
それで気を遣うのが馬鹿馬鹿しくなって彼がいてもお構いなしで納豆食べるようにしたら
匂いに慣れたのか結局彼も納豆食べれるようになって(彼はミーハーだったから納豆ブームに流されたのもある)
そんな簡単に克服できるような好き嫌いのために私は好物を1年以上コソコソ食べてたのかと思うと
ますますスレタイだったんだけど
今は夫婦になって毎朝一緒に納豆食べてるからなんかもういい。



引用元: ・その神経が分からん!その6



スポンサーリンク


スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介