571: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)04:03:39 ID:teq
私が5歳の頃まで祖父母が健在
その祖父母の家の隣に住んでた家族に女、女、男の三姉弟がいた
私の記憶には上の姉妹しかいなかったんだけど、その姉妹の妹のほうに執拗にいじめられていた
もう20年は前の記憶だからほんとうに曖昧なんだけど、妹は私より年上で、とても綺麗な能面のような表情が張り付いていた
彼女はまだ3歳かそこらの私を遊びに誘っては、私がタヒんでもおかしくないようなことを繰り返した
ジャングルジムのてっぺんに登らせて両手を離して立たせたり(鉄にぶつかりながら落ちた)
鉄棒の上に立てと言われたり(顔面から落ちた)
滑り台の上から飛び降りろと言ったり(突き落とされた)
知らない道に連れて行って放置したり(教会の十字架を目印に帰ってこれた)
漕いだブランコから飛び降りろと言ったり(頭かち割れて大流 血した)
すべて両親共働きで祖母に預けられている間のこと
妹の方はなぜか周りからイイ子として扱われており、私がこんな大怪我をしても誰もそいつが犯人だとは思わなかった


スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク

571: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)04:03:39 ID:teq
私は怪我をさせられるたびこっぴどく周りから叱られることが続いた
妹のほうがやったと言っても、叱られたくなくて人のせいにしてると思われてた
今でも当時負った傷の跡が残っている
相当ひどい怪我だった
心の中では「なんであの根性悪の妹を大人たちは可愛がるの」と思いながら、常に妹の方に恐怖していた

大人になり、ふとその時の話を思い出して母にした
すると私の知らない真相を母が知っており、母の知らない真相(上記)を私が知っていることが判明

母によると、私が恐怖し恐れていた妹は「全く笑うことのできない」子供だった
原因は母親の愛情不足
顔の表情が一切変わらなくなったことも、母親は幼稚園の先生に指摘されるまで気づかないほど放置されていた
表情が消えてから数年経っても改善しなかった
しかも妹のほうは大人の前ではまるで気弱で内気な女の子のように、物陰に隠れ、一言も発せず、大人の言うことに小さく首を動かすことしかしなかったそうだ
大人からはとてもか弱く儚い少女に見えていた
私の知っている人物像とはまるで違う
私の知る妹は、能面の顔で残酷なことを告げ、多弁で罵り、従わなければボウリョク、時に崖から突き落とすような真似を簡単にする人だった

母には「なんでその時言わなかったの」と言われたが、まだその時私は3歳か4歳
弁の立つ年上の妹の言い分は私の言い分より理路整然としていて説得力があり、泣きじゃくりうまく喋れない私が真実を話す前に周りの大人たちは妹の言うことから偽の事実を予想しそれを信じ込んだ
「遊びたくないといえばいいじゃない」と言われたが、面倒見のいい優しい妹と評判だった彼女の遊びの誘いを断るのは子供の立場からして辛いものがあった
子供は扱える言葉数が少ない分、自分でも不思議なくらい空気を読む
残酷な妹が面倒見のいい女の子、私が手のかかるグズな子と大人が見ていれば、私は大人の当てはめた役を演じるほかなかった
私が大人の作った役から外れれば、大人が困るということを3歳にしてなんとなく理解していた
大好きな祖父母も母も困らせたくはなかった

今思えば妹にとって私は唯一のストレス発散の相手だったのかもしれない
母によると、私が幼稚園に行ける年齢となり、遊ばなくなってから、より症状が悪化したようだ
本当は私が週に一回も母に会えず、夜に寂しくて泣いていることも知らず
母と私が楽しく縁側で談笑している姿を見ては、私に嫉妬してか、私を遊びに誘い、母の目がなくなった隙に大怪我をさせられていた

私は妹から執拗にいじめられていた理由が分かったし、母は私がなぜこうも大怪我を繰り返していたのかの真相が判明したが、お互い残ったのはその妹がどうなったのかという心のシコリだけだった
母も私も忘れたままでいたほうがよかったのかもしれない

572: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)06:56:11 ID:qpu
女女男、の地獄の中間子だったのか…
だからといって幼い子にケガさせていい、なんてことは絶対にないが

573: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)08:40:44 ID:teq
>>572
私が一番下の男の子を知らないってことは、多分まだ母親の手を離れられなくて母親べったりだったからだと思う
そして姉は気が強く、母は姉の方からいじめられてると思ってたらしいから

姉がストレスのはけ口に妹をいじめる(母親が見てないからやりたい放題だったと予測)
母親は弟ば
誰にも甘えられない中間子のストレスと嫉妬が全て私へ
って構図だったんだろうな
私も5歳になってすぐに祖母が末期癌で入院
タイミングを同じくして飼い犬が亡くなり
その後母が妹出産で、まる一年以上母親に甘えられず
しばらく親戚の家に預けられて卒園式と入学式にまさかの親なしだったから、寂しい気持ちは身を持って知ってるし余計に辛さがわかる

574: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)08:46:38 ID:vop
>>571
たぶんそのまま成長しちゃったんなら彼女は生き辛い人生になってると思う
愛情欠乏ってどんな精神疾患にもなりうるから

582: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)11:32:47 ID:NJM
>>571
娘の変化に気付いていながら母親の何で言わなかったのって言い草が嫌だ。
幼いから言葉数少なくて伝えるのが下手なんだから、娘の言い分を落ち着いて慎重に聞き出していれば対策できただろうに。
何で言わなかったなんて、聞こうとも知ろうともしなかった癖になぁ…

585: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)11:51:35 ID:teq
>>582
仕方ないよ、母はつわりでボロボロになりながら働いて、後半は大きなお腹抱えながら産休は最低限、育休なんてとらずに働いて家のこともしてたから
私に会えるのも週末の数時間だけ
母にとっては私は第一子だし、今みたいな子育て論がまかり通ってたわけでもネットが普及してたこともない
母の前では私が頑なに態度を崩さなかったのもあるし、母にはいじめられたなんて一言も話さなかった
それ言ったらなんで祖母は気づいてくれなかったんだって気持ちのほうが強い
その時は私の保護者は祖母だったから
まあ祖母も末期癌で自分のことに精一杯だったんだって直ぐに悟ったから、何もかも仕方なかったことだと思ってる
ただ、母の知る真相を知ってから、いじめっ子の母親を恨む感情は出てきてしまったけど

私がグレもせずに立派に大人になれたのが母の功績だと思うよ
母に話を聞いてもらえなかったというマイナスの記憶は無い


引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12



スポンサーリンク


スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介