480: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)13:34:04 ID:g14
いとこの結婚式があったのだが(いとこは新郎)
新婦のご両親が出席しなかった。
式のあとの披露宴でやっと
「新婦のお母様が、またいつものをしでかしまして
お父様が見張りで家から出ないようにしております」と
原文ママでアナウンスがあったら
新婦側親族は「またかー」みたいな顔をしていた。

(ここから)
新婦の母はなぜか、箸を折ってから使うらしい。
原因は完全に不明で、
誰が聞いても「折らなきゃダメなのよ!」としか言わずに
箸の先端から3センチくらいを折って使っている。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク

480: 名無しさん@おーぷん 2016/08/01(月)13:34:04 ID:g14
夫や両親にも同じ愚行をやらせようとして失敗したため
子供にだけは、家族の目が届かないところでそれを強制していたところ
幼稚園で「お前のカーチャン狂ってる」と指摘したのが新郎。
母の異常性に気づいた新婦は公然と逆らうようになり、
そのまま成長して新郎と結婚した。
同じ幼稚園だった新郎が「狂っている」と断じたからには
地方の風習ということはないし、
そもそも新婦母の両親さえやっていないのだから
新婦母だけの儀式か何かだろうと判断され、
親戚中から白い目で見られていた。

式には「何もしないなら呼ぶ」と事前に通達していたのだが
前日になって、先から5センチほどで折られた箸を大量に用意していたとかで
「行けなくなった」と新婦父から連絡があったらしい。
「見張っていなければコレ持って式場に押しかけかねない」とのことでは
父だけでもとは言えず、欠席することで話がついたとか。

ここまでが、幼稚園当時の折られた箸の写真付きで流された
新郎新婦の馴れ初めと事情説明のビデオ。
「こんな母ですが、どなたにも一切かかわりませんので」とぼやいていた
新婦さんの呆れ顔が印象的だった。



引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12



スポンサーリンク


スポンサーリンク

他サイト最新記事紹介