93: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 17:48:20.49 ID:0udJAx2s
スレチだったら許して。 
夫の実家はいわゆる「代々続く大きな家」。 
そんな家の、私から見た義祖父のこと。夫の父親の父親。 
1945年の原爆のせいで義祖父の行方が不明に。間も無く終戦を迎え、義祖父の職場から懐中時計や写真立て、帳面なんかが義祖母(夫の父親の母親)の元へ届いた。義祖父は遺体不明のシ亡扱いで故人に。 
いわゆる大きな家の次代がシんでしまった。しかも、せんそうの中子供が生まれても幸せにはなれないと時の当代だった義高祖父(夫の父親の父親の父親)が言ったため跡取りなし。家中が悲しみに包まれた。 


その後しばらくして、四十九日の法事を義祖母らが執り行った。その最中のこと。
戸を開ける音と「シ人が戻ったぞぉ!」の声。義祖父はシんでいなかった。
要約すると、あの瞬間何が起こったのか大凡分かった義祖父は近くの家に飛び込んで壕を掘り、時間が経ってからひたすら西へ西へと移動を続けていた。
義祖父の理論では「偏西風で線量が減った頃」を計らって帰宅したとのこと。
義祖父が生きていたことに一族大喜び。話は義祖父の戸籍の回復に変わった。でも義祖父は回復しないことを選んだ。
義祖父「一族の中にいる人材さえあれば戸籍などなくて構わない。」と。皆が説得しても「今後こんな奴は現れないだろうから、いい例だと思ってくれ」と。
結局そのままで、義祖父は文字通りの生霊として過ごすことに。
1949年、義父が誕生。岐阜の戸籍の父親欄は空白。義父が義母と結婚する時もこの話になったんだとか。
せんそうで生霊になったけど、宣言通り一族の人たちに支えられながら生き続けてる義祖父。この話を聞いた時ぶっ飛びそうになった。
そんな義祖父は先日104歳に。灯油のポリタンクを2つ持って歩きでスタンドへ買いに行く。
信じてもらえないかもしれないけど、本当の話。


94: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 17:52:58.27 ID:AeH3+Kl+
すげぇwwwww


95: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:01:50.69 ID:4wKP3H1F
恩給とか年金とかどうなってるんだろう 仕事は農業なら問題ないか
近くの家に飛び込んだのはGJだ 美輪明宏も絵を描いてて全体を見ようと身を引いた時に
原爆が光って、直撃されなかったから助かったらしいから


97: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:11:12.50 ID:0udJAx2s
>>95
シ亡時に義祖母が貰ったそうです。

一族に医師が何人もいるので特に何も問題なく幽霊生活できてるとのこと。身分証が何もないってとても面倒なんだそう。


98: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:14:40.49 ID:kCqv691g
すげえwww


99: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:22:23.32 ID:+Oq2KNGY
>>93
すげえええ。

その話っていつ頃聞いたんですか?
なんつーか、その「秘密」を教えられた時点で
本家からも本当の身内って認められた〜みたいな?


100: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:28:53.15 ID:MH1jBaW1
当時って、投下された直後にそれが原爆だってわかるぐらいの認識を誰もが持ってたの?


102: 93 2013/11/29(金) 18:42:10.63 ID:FGHqAk/z
>>99
結婚前の挨拶で教えてもらいました。
>>100
後出しでアレですが義高祖父は軍の出で、当時一線を退いていたが話として存在は聞いていたと。


103: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:44:16.16 ID:WO1+GAld
>>100
アメリカ国内でも投下するまで最高機密で、しかも原爆の爆風や閃光を浴びる危険性に
アメリカも気づいていなかったからね。
内部被爆が知られてないから「偏西風で線量が減った頃」なんて感覚は持てないと思う。
まあ嘘話ではなく「釣り人の話はでかくなる」の体で、本人も信じてる"体験談"なのかもしれない


105: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 18:57:29.79 ID:ptW7MbBe
>>103
その通りだね、原爆実験なんてアメリカ軍自ら兵隊を配置してやったぐらいで放射線の危険性なんて
まったく認識して居なかったし、放射線の危険性を認識したのは正直原爆投下1年後ぐらいだね


106: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 19:12:28.58 ID:YoUNWSCK

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 107度目


他サイト最新記事紹介