644: 名無しさん@おーぷん 2018/08/28(火)00:33:16 ID:nKf
会社の飲み会から帰ったら、同棲中の彼が友人達と酒盛りをしていた。
宴もたけなわといった感じで、一発芸でも披露していたのか、
半らの彼は見覚えのある布切れを身に纏っていた。

あ、それ、私のぶ/らじゃん。


お気に入りのシタギを装着した彼と、爆笑の渦から一転して痛いほどの沈黙に沈む彼友人ら、
そして表情筋が仕事をしていない私。
どう見てもド修羅場です本当にありがとうございます。
何か彼や彼友人がごちゃごちゃ言ってたけど、私もアルコールが入って気が大きくなっていたのもあって、「考えて物を言った方がいいよ」と釘刺し。
再び訪れる沈黙。
無断で友人を連れ込んで宅飲みしていたのもそうだし、私のぶ/らを着けて遊んでいたと思うと頭に血が上ってしょうがなかった。
今思うと女豹のポーズだったんだけど、とにかく彼が丁度土下座っぽい姿勢を取っていたので、
そのまま教育的指導を行うことにした。
首根っこを掴んで、トランクスに包まれたしりをスパーンスパーンと叩きまくった。
彼は痛みと羞恥からかギャーギャー騒いでいた。(一応、自分に非がある自覚はあったらしく、
抵抗らしい抵抗はなかった)
トランクスとぶ/らのみ身につけた変態男のスパンキングを強制視聴させられて、
彼友人達はゲッソリしたお顔におなりに。
10発ほどぶっ叩いて掌が悲鳴を上げたところで解放したよ。

その後、ぐすぐす泣く彼と彼友人達に強めに注意して手打ちにした。
女の体を面白がって悪ふざけをする野郎は万ジに値するからね。
間違っても彼女のシタギを衆目に晒したり、身に着けて宴会芸に使ったら駄目だよ!



引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 6


他サイト最新記事紹介