329: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 12:35:37 ID:volLak9V
五年前の事です。
朝早くに父が癌でなくなりました。暑い夏の日でした。
お昼頃葬儀社の人が来て、父を家に連れて帰ってくれました。
その日は父と一緒に家ですごしました。



次の日の朝。
お棺を開けると父は穏やかな顔のまま鼻血を出していました。
びっくりしたけど、「生前から、よく鼻血をだすひとだったからなー」と
ティッシュでふきました(父は重度の鼻炎だったのです)

で、葬儀場に行こうとみんなでお棺を持ち上げたとたん・・・
どばばばばーーとすごい勢いで大出血。
(頬がかなりこけていたため、口にたっぷり綿を詰めていたらしく、口からは無し)
全員大パニックになったのはいうまでもありません。
どうやらかなり暑い日だったので、ドライアイスが足りなかったようです。

331: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 13:05:09 ID:4w7U1KE7
亡くなって1日経ってもまだ、体内から血液って流れるもんなんだ。
死んでしまったら、体内で凝固するのかと思ってた。

334: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 13:37:14 ID:E4kuuO56
普通は体中の穴に綿をつめておくんじゃないの?
おやじが死んだ特はそうしてたぜ。

335: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 13:46:10 ID:volLak9V
329です。
以下、かなりグロな話でございますので閲覧注意で。

「鼻血」とは書きましたが、父は若い(といっても50代)の胃癌だったため
生存中に相当進行し、なんというかその…内臓が…死亡した時点で相当
ぼろぼろだったらしく、それがなくなった事により腐敗して流動状に…
なったものだったらしいです。

鼻の綿はちゃんと詰めたんですが、はじめの鼻血の時点で取れてしまっていて、
そのままにしてしまったのが大流血の原因だと思います。

五年たったからかけるかな?と思いましたが書いてて泣けてきた。
名無しに戻ります。

336: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 14:10:09 ID:efM4B0Xu
葬儀関係と言ったら、死んだ後も髭が伸びるってのは衝撃的だった。
初めて見たときは生き返ったのか!?と思ったぐらい。

後に葬儀屋さんに、そういうもので、髭を剃るのも我々の仕事だって
聞かされたけど。

337: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 14:29:06 ID:yVc2A6uI
そりゃ細胞の一つ一つが死ぬまでには時間かかるし、それでなくても皮膚が
水分を失ってしぼむからひげは伸びるように見れるよね。

341: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/27(月) 16:06:02 ID:ywySz55b
うちの父親も、鼻から血が出たので綿つめてました。
真冬に、ドライアイス何個もつかったのに・・・脳出血だったからかな?

なんか、死んだ時一度凝固するんだけど、
時間たつと固まる力がなくなる・・・みたいな説明された。

死亡推定時刻を判断する死斑とかいうのも、この原理だっけ。





引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 20度目


他サイト最新記事紹介