カテゴリ: 武勇伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

96: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)07:25:07 ID:CN6
美人の武勇伝。
会社の同僚A子。当時20代後半。長澤まさみ似の美人。結婚することになった。
私を含めて課の全員が披露宴に招待され、「その幸運な男の顔を拝もう」と、いそいそ出席。
輝くばかりに美しい新婦の隣には、ものすごく影の薄い新郎。
今ここで会って、明日になったらもう顔が思い出せない。例えば警察とかに「どんな人でした?」と訊かれても答えられない。
そんな感じ。A子が一度会ったら忘れられない美人だから、ある意味つり合いは取れてるかもね、と話し合った。

1年ほどして、A子が何となく元気がない。ランチに誘って「このごろ疲れてない?忙しい?」と訊いてみた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

133: 名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火)15:22:06 ID:jyl
六歳上の兄貴と二歳下の妹がいて、兄が高校に入った頃から親父がおかしくなった。
出世して羽振りがよくなったからかパチ ン コにのめりこんで商売女に貢ぐようになって、ついにDVも始めた。
で、兄貴が高二になった頃にとうとうぶち切れて親父に反撃した。
親父は兄貴に散々なぐられて肋骨にヒビ入れられて、ついでに片足を踏み折られた。ど田舎だったからか警察沙汰にはならなかった。
親父は泣き言言ってたけど「電車通勤なんだから足の一本くらい困らんだろ」って一蹴されてた。
これ以降親父は兄貴からゴミ扱い。ついでにめそめそしてばっかりだったお袋のずさんな金の管理を兄貴が知ることになって、兄貴は家計簿付け始めてバイトも始めた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

904: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/28(土) 20:40:24.09 ID:TQtvypj0.net
市の職員です。
転勤で学校へ配属されることもあります。
でもって、配属先の小学校で問題になっていたのが

給食費の未納

これを解消するために私が実施したのは
給食費未納が有るクラスにはデザートのプリンを付けない
給食費未納の無いクラスにはデザートのプリンを付ける


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

237: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/18(木) 08:22:01 ID:wNRSzu9I
むかしむかしゲセン店員っだった時のはなし

UFOキャッチャーで景品で若いDQN達が取れないので
怒りまくって台を叩いたり蹴ったりするので
やんわり「あんまりお痛しちゃだめですよ」と注意したところ

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

447: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)18:28:37 ID:zbH
正に昨日の事なんたけど。
昨日友人数人と飲みに行き、店を出たら駅の近くで何やら揉め事が。
どうやらタクシーの客がいちゃもんをつけて金を払わず帰ろうとして運ちゃんがそれを止めようとしてるみたい。
客の酔っ払いのオッサンは運ちゃんの肩を突き飛ばしたりしてかなりヒートアップしてた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

665: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)13:15:03 ID:8j5
今から十年ぐらい前、私が未就学だった時に起きた母には絶対に逆らうまいと誓った母の武勇伝
動物のタヒにネタが入ってくるので苦手な方は回避で

私は子供の頃頭に超が付くくらいのド田舎に暮らしてた
そこは母方の祖父の家で、広い庭でっかい狼みたいな紀州犬を飼ってた
田舎だったから保育園なんてなくて、庭でその犬と遊ぶのが私の日課だった
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

715: 名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木)22:29:48 ID:rhQ
一流企業勤めのAさんは、身長167センチ、
ショートヘアと黒いスーツの似合う細身の美女。
20代の時、結婚したけれど、共稼ぎだというのにバカ夫が、家庭板でおなじみのパターン
「妻は金遣いが荒く家事を何もしないで家が汚部屋に」と嘘八百を並べて浮気。
Aさんは別れたがったが、Aさんの収入を当てにしているバカ夫が離婚を拒否、
調停も不調で裁判へ。
さすがに裁判では離婚が認められた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

89: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)20:21:07 ID:bx6
数年前の話
いつものように仕事帰りの電車に乗り「早く家に帰りたいなぁ」なんて思っていた時
電車に盲導犬を連れたお婆さんが乗ってきた
私も含め乗車客皆が「珍しいなぁ。やっぱり盲導犬って利口だねぇ」なんて思ったり声に出してたりしていた
何駅か過ぎてから男の子と女の子の子供を連れた親子4人組が乗車してきた
子供たちは盲導犬に気づくとすぐさま「わんちゃん!わんちゃん!ワンちゃんが乗ってる!」
なんてはしゃぎ始め、盲導犬に触ろうとしていた。
続きを読む

このページのトップヘ