カテゴリ: 衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1024-cc-library010001426

640: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:47:36.00 0

誰にも話したことないんだが、そろそろ一度吐き出そうと思うので
書いてみる

俺の親父は真性のDV野郎で物心ついた頃からめちゃくちゃ殴られてきた
母親は右耳の鼓膜が破れているし、俺は一度頭蓋骨にひび入れたれたし、
左手の小指を折られたこともあるし
あばらなんてしょっちゅう折られたりひび入れらたりした
倒れたところを蹴られまくったからね
けど母はまわりから何度も何度も離婚を勧められながら、耳を貸さず
ただただ親父に従うだけの女だったんだ
ガキの頃は、親父が仕事から返ってくる夕方近くなると
息が苦しくなって身体が震えてしょうがなかったよ…

こういう糞野郎だったが、金儲けはうまかった
雑貨屋みたいなのをやってたんだが、古物商取引の免許を持ってて
まあ手広く色々やってたみたい
田舎だから、○察やら代議士やらいろんなところに顔も広く
地元の顔役でもあったから、なにかあっても、こっちには誰も味方なんかいなかった
当時は民事不介入、DVなんて言葉すらあんまり聞かない時代だったしな
実際、物音に驚いた近所の人がなんどか警察呼んだこともあったけど、いつもうやむや
俺はガキだし、なんの力もないし、どうにもならなかった
小学生高学年頃は、ただただ親父に復讐したいってことしか頭に無く
中学に入ってからは空手部に入って必死で身体を鍛えた
親父は若いころ柔道とボクシングをやっててからだもでかく、
俺自身が強くなる以外、対抗できないと思ってた

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
E1403671634082_1

775: ◆w0T6LsVKL6 2012/07/05(木) 16:37:50.62 0


「なあもういーだろ?やりなおそーぜ?
あんなバカ女に本気になるわけねーじゃん
遊びだよアソビ まあ悪かったよ
浮気したの俺だしなでももうしねーからさたのむよ」



「アンタさ、自分が惨めになんないの?
人のカレにちょっかい出してんじゃないよ
いい?
私と○クンの間には、もうアンタが入る隙間なんかないの
さっさと次のオトコ見つけなって
まぁ○クンほどのオトコなんてそう居ないと思うケドw」

男→付きあってない。私に付きまとっていた元同僚。
女→店の客。私から男を略奪したと思い込んでる。

どっちも見た目はまともな社会人なんだが…。
お似合いかもしれん。
この二人にアドレス流してたのは別の同僚男。
全部上司に報告したからこいつらに将来はないはず。
転職して今は平和。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
26921bcea3ac956ec76bddddc54bc828

676: 恋人は名無しさん 2012/05/19(土) 23:32:50.07 ID:c67hEQYI0

以前勤めていた会社での数年前の話

経緯は、私がシステム管理者で、片手間にヘルプデスクみたいなことももやっていて、
知ってしまったというか見てしまった。

A男さん:B子さんの彼氏、そして実は既婚者
B子さん:独身。

事はA男さんがお客さんからメールで大切な資料をもらったんだけど、
そのメールメッセージが受信トレイごと 壊れちゃって
どうにか直してほしいと私のところへやってきた。

私「修復ツールで30分ぐらい修復かければ治りますよ。.....一応個人データですし、
  やり方お教えしますから自分で直されますか?」
A男「いや、すみません。これから外出で時間が無いので、メールデータ渡しますから
  直しといてくれませんか。」
私「いいですよ。修復後は....どうしましょう。確認しないでお渡しするか、
  各フォルダがちゃんと開くか確認してから渡した方がいいですかね?
  ただ何通かメール本文見えちゃいますけど....(^^;」
A男「出来れば確認しといてもらえませんか?見られても全然いいので」
私「分かりました。じゃあ修復終わったらサーバにA男さんだけがアクセスできる状態にして置いときますね」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
photo

35: 名無しさん@HOME 2008/01/14(月) 18:09:19 0
ふた昔も前の話。わたしは夫の両親と同居していました。

ある日コトメが甥をつれて実家に戻ってきた。
泣く泣く話すのを聞けば、コトメ夫に愛人が出来て
もうすぐ子供が生まれると言う。

調べてみると知らなかったのはコトメだけで、コトメの舅姑、
コトメ夫友人、みんな知っていた。
コトメ夫は腹ボテの愛人を助手席に乗せて、出産させる
病院を探し回ったが、結局コトメが出産したのと同じ病院へ
入院させることに。

やがて愛人、帝王切開で出産。これを知ったコトメ、母親(わたしから見てトメ)
を引き連れて病院へ突撃。ベッドに寝たきりの愛人を前に詰る喚く叫ぶ。
病院中大騒ぎの中、廊下の椅子で泣きじゃくるコトメ夫。

コトメとトメはナースに病室から叩き出されて、文句言いながら帰ってきました。
その夜、コトメ夫は納屋で首吊りを図った(が、助かった)。

その後離婚調停が始まりましたが、コトメ舅が何度も突撃して甥を拉致ろうとする。
家に甥を置くと危ないので、急遽手続きをしてわたしの子供たちと同じ保育園へ甥を預けた。

コトメ舅、保育園に突撃して甥を連れ出す。大きな交差点で信号待ち
していたら、原付で出かけていたトメと鉢合わせ。

トメ、バイクを交差点の真ん中に放り出し、車の前に大の字になって
「孫を連れて行くならわたしを轢け!」 田舎町の交差点、黒山の人だかり。
誰かが通報し、警察沙汰に。

その後もコトメ舅の突撃が繰り返されるので、わたしの実家に
コトメ親子を避難させたり、いろいろありましたが、結局離婚しました('A`)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20110215103428

171: 名無しさん@HOME 2008/05/03(土) 10:50:48 O

15歳の時に親が離婚した。
当時は父と母が毎日いがみ合いしてて家の空気が最悪だった。

離婚が決まった時に子供三人(俺、妹、弟)はどちらについていくか聞かれた。

俺→どちらも嫌。一人暮らししたいから資金援助だけ希望

妹→母についていく

弟→お兄ちゃん(俺)についていく

ちなみに弟は当時5歳
弟にここまで厳しい決断をさせた両親に腹がたって頭がおかしくなりそうだった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ロミオメールを受信しました

11: 名無しさん@HOME 2009/12/19(土) 17:56:02 0

タイトル:(無題)

以下本文(誤字は原文ママ)

僕が黄身のもとを離れてから4年になるだろうか。
きっとキミは極寒の吹雪に耐えながら
今も心細さと不安で雨に濡れる子犬のように震えているんだろうね。

心配しないで。

永い航海から帰る船は、君への愛という積み荷を満載にしているんだからね。
もうすぐだよ。 もうすぐなんだ。

僕の吐息で君のかじかんだ心をほぐしてあげよう。
僕の体温で黄身の冷え切った体を融かしてあげよう。

イブの夜、黄身のナイトがキミのドアのインターホンを鳴らすから。
そのとき、僕の大きな愛というコートを身にまとい、
大輪の薔薇のように微笑む黄身を
この腕に抱き留めるときを楽しみにしています。





バイト先で知り合ったシングルマザーと駆け落ちした元カレが2時間前に送ってきた。
私は卵か

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
SYOUDOKU1

72: 名無しさん 2014/04/26(土)22:32:27 ID:1JFMfMbNm

口数少なすぎて1文も短すぎて意図がわかりにくい人がいた。
だから勘か微妙だけど。
Aはゼミメンバーの一人ある日の夕方

A「○○近辺で××のおいしい店ある?」
私「有名どころだと、どこそこにあるよ。」
A「何時頃いく?」
私(あれ、今一緒に行こうとか言われたっけ)
 「え、私も?私は用あるし今日無理だわごめんね。」(実際予定あった)
A「なんで」
  
別の日、ゼミの5人で外食して、他の3人と別れた後の帰り道。

A「この後手をつなぐよね」
私「へ?なんで?」(冗談かな?)
A「ちゃんと消毒した」(確かにアルコールポンプやたらプッシュしてた)
私「え、だからなんで」
ちょっと経ってから無言で私の頭に手をのせてくる。
(ポンポンというより身長測るときみたいなのせかた)
私「どうしたの」
A「…」ちょっとして手をどける

また別の日
A「カレー食べたい」
私「夏場はカレーおいしいよね」
A「…今日はうちこないの?」(一回も行ったことないし行くとか言ってないんだけど)

会話は要約じゃなくて本当にこんな感じ、
大したことないんだけどなんかすっきりしない。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l-5

※この記事は再編集されたものです。

726: 恋人は名無しさん 2010/08/23(月) 17:43:52 ID:VZ/MkIXi0
付き合い始めた男性の家に遊びに行った。
リビングでのんびりしていてふと気づくと、彼がこちらにやって来た。
手にはハサミを持っている。

「髪、切らせて」

どういうことだ。目も異常で怖い。
 

続きを読む

このページのトップヘ