カテゴリ: 衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
blaW7hpuqBbMNemoV4ybxGoKajtDTUr6CieasRwbL1E

286: 名無しさん 2014/04/11(金)18:10:03 ID:jwJZs8xHh
姻族関係終了届を出したことかな。

夫の兄弟に騙されて舅・姑を養うことになって。
夫に援助するって言ってたのに口だけだった。

なのに舅・姑は夫兄弟にはお金を渡してた。
めったに会わない息子達の方がかわいかったんだろう。
老後の貯えも無くなっていった。
嫁いびりとかはなかったから、夫が死ななきゃそのままだったかも。

でも夫は病死。事情があって賃貸マンションに引っ越し。
その後夫の兄が結婚するまで待って、逃げた。

舅・姑は家賃負担できないから夫兄弟を頼るしかなく。
金銭援助が出来なかった夫兄弟は舅・姑を押し付け合い。
新婚家庭に突如舅・姑が同居することになって夫の兄嫁はストレスマッハ。
頻繁かつ長期間実家に戻ってる。離婚はしてない。
夫の弟も彼女との結婚話があったがそれどころではなくなった。

「親(舅・姑)の面倒見るのは同居してるあなたの責任だ」
「両親を亡くされたあなたの親だと思って欲しい」とか言うからだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ccd4030706a6475a40cd29eb978ffb13

106: 1/2 2012/03/14(水) 16:58:05 ID:cbT+X+on
文才なくて無駄に長文失礼。
キチママにバージョンアップ?したセコママとキチホイホイな元上司の話です。

私はとあるSCに勤務している。去年ある上司が定年退職した。
この上司をAさんとするが、Aさんは聞き上手の話し上手で、もの凄くクレーム対応が上手かった。
どんなキチ入ったクレーマーもAさんが対応すると納得して穏やかに帰って行った。
とある常連キチクレーマーの男性が言った「Aさんは呼ぶな!納得させられちまうだろうが!」
という言葉は今でも伝説になっている。

部下に慕われ、上司に頼られていたAさんは惜しまれながら退職した。
そしてAさん退職後のある日、とあるセコママがやってきた。
このセコママ、常連クレーマーで来ると必ずクレームを入れる。

重箱の隅をピンセットでつつくような細かさで、なんとかして値引きさせようとしつこくしつこく粘ってくる。
お取替えしますと言っても安くしろの一点張りで、どうにもならない。
いつもはAさんに対応してもらっていたが、もうAさんはいない。
頑張らなくてはと顔面に笑顔を貼り付けてがんばっていたのだが、
セコママが「お前じゃ話にならない、Aさんを呼べ!」と叫びだした。

Aさんはいないので店長が来たのだが、Aさんを呼べAさんを呼べと唾を飛ばして喚く喚く。
仕方がないのでAはもうこの店には居りませんと店長が言うと、
「どこの店に行ったんだ、教えろ!」と荷物放り出して店長に掴み掛かった。

髪を振り乱しつつ物凄い形相で叫ぶ異様な姿にみんなドン引きでどうしていいかわからない。
とりあえず内線で応援を呼んだのだが、応援がかけるける前に店長が「退職です定年退職!」と叫んだ。
もう店長の顔は引っかき傷だらけで、血も出てた。

店長の言葉にママはさらにヒートアップした。
「嘘つけ!Aさんが定年なわけあるか!」←Aさんは十は若く見える人だった。
「大体本当に退職するんだったら私に何か一言あるはずでしょうが!」
「あんた私とAさんを引き離そうとしてんの!?」
「Aさんを出せ!AさんAさんAさん!!!」
ということを絶叫しながら店長突き飛ばして大暴れ。

かけつけた警備員さんに取り押さえられ、最終的にKにお持ち帰りされた。
一緒にいたセコママ子が無表情にぼーっと突っ立っていたのが
セコママの狂乱っぷりと比べてやけに印象に残っている。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
000b0ce6

621: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/20(水) 21:06:11.17 ID:sWzf/zTB

皆様乙です。
いい人風な勘助は周りには
「ウザいかもしれないけど、特別悪いことしてないじゃん」
と映ってる場合があり理解されないですよね。

自分は昔から小柄で文学少女を大人にしたような外見なので、その手の人に好かれます。
特にここ数年が酷く、厄落としに書きます。

大学時代、友人から文化祭実行委員に入って欲しいと頼まれ顔合わせに行きました。
会議室ではメンバーそれぞれが大学生らしく騒いでおり、和気藹々といった雰囲気でした。
その中、きのこヘアーにでかい黒縁メガネをかけた小柄な男の子(全身黒)が佇んでおり、
ふと見てしまいました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
17b9646e-s


461: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/10(金) 15:29:17.09 ID:do11PA+D

5年前、俺が勤めている部署にかなり美人な女性Aさんが入ってきた。
Aさんは仕事覚えも早く、性格も良かったのでかなり人気だったが、
入社2ヶ月目にして辞めることになった。
俺はAさんが何故辞めることになったのかは知らない。

Aさんは最後の日に「メールアドレスとケータイ番号です」と言って、
社員全員に一言添えたメモを渡した。
なかなか積極的だなあと思いつつ俺もそのメモを有り難くいただいたわけだが、
メールや電話をすることはなかった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20110801142521

23: 名無しさん@HOME 2012/06/26(火) 19:32:20.58 0

結構昔の話。
私は甲殻類・貝類アレルギー。

学生時代から付き合ってた彼と結婚することになり、相手の実家に挨拶に行った。

家族だけでなく、親戚一同でお出迎えして頂き、歓迎ムードでの宴会。
彼の実家は海辺の町で、出てきたお料理は豪華な海の幸。
彼にも彼親にも、アレルギーってことは伝えてあったんだけど、
「せっかくだから食べられるものだけ頂こう」と思ってた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1249661175_photo

163: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/14(金) 06:16:17.44 ID:0Xz+pCc9!

会社のことなので守秘義務があるからフィエクありなので矛盾があっても勘弁してください。
勘助と言っても押せ押せばっかりじゃないと言う話し。

私は江川紹子に似てる三十路一歩手前で総務課勤務。
ある日、男性社員A(大人しめだけど普通っぽい人。転職で1年ぐらい前に入社。
30歳前後でルックスは中の中)が総務課に来て
A「今度結婚することになりました」
私「おめでとうございます。社会保障や家族手当の手続きをしますので
  入籍されたらアレとコレを持ってきてください。奥様は御仕事されてますか?」
A「○○課のBさん(新入社員だけどギャルっぽくなくて人気がある。ルックスは中の上ぐらい)です」
私「分かりました。入籍して書類がそろったら持ってきてください。いつ頃ですか?」
A「まだ、はっきり決まっていません」
私「会社から御祝いをしたり電報を打つので日取りが決まったら教えてください」

てな会話があった数日後。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20121227hoshino02

360: 名無しさん@HOME 2012/07/26(木) 21:21:44.36 0

8年前の話、フェイクありです。

19歳の時、周りに薦められるままに見合い結婚した。
相手は27歳の社長の息子で、結婚して分かったけど、典型的な束縛野郎だった。
スカート・化粧禁止、男の従業員と会話禁止、俺以外への笑顔禁止とか他にも色々。
従わなかったら殴る蹴る。

今思えば、両親が悲しむから離婚しないとかじゃなくて、逃げる勇気も気力も無かった。
怖くて怖くて「従っておけば殴られない」という気持ちで一杯だった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
86304210df9d51092dcadd671c49b2c91726a19d1382948689

127: 名無しさん@おーぷん 2014/05/19(月)14:21:03 ID:fuyDE5SPg

それでは修羅場をひとつ。

私・・当時20歳
A・・私の彼氏 当時20歳 同じ大学の同級生 現旦那
B・・当時20歳 女 同じ大学の同級生

Aは外見が良く、女によくモテていた。
しかしクールで口数が少なく、友人が少ないのかいつも一人でいた。
女子たちは「一匹狼かっこいい!」と勝手に盛り上がり、
遠巻きからキャーキャー騒ぎまくっていた。

そんなAのファンの一人がB。
さっぱりとした男勝りの性格で、髪も短くボーイッシュな感じだったが、
Aに恋をしてから女らしくなろうと凄まじい努力をしたという。
私はBの雰囲気が変わったのは気づいていたが、Aの為とは知らなかった。

Bは外見を変える努力はしていたものの、
Aに告白する勇気がなかったようで、Aの前をわざとらしく通り
女らしくなった自分をアピールしていたらしい。
しかしAは全くなびかない。それどころかBの存在を知らなかった。
BはさらにAの気を惹こうとダイエットも始めた。


登場人物が全員22歳になったある日、私は大学にDSを持っていきゲームをしていた。

食堂で昼食もとらずに熱中していたら後ろに
誰かが立っている気配がしたので振り返ってみると、なんとAだった。
Aは、「それポケモンじゃん」と興奮気味に言ってきたので 
「うん、ポケモン好きだからつい学校に持ってきちゃった」と返した。
そうしたら寡黙だと思っていたAが喋る喋る。本当にビックリした。
こんなに喋ったAを見るのは初めてで、私を含む周りの友人もポカン。

A「俺、初代から全部持ってるんだ。厳選とかしていてかなりハマってる。」

私「私もだよ。びっくりするくらいの廃人だよ。」

A「マジで!?女の子で廃人って周りにあんまりいなくてさ、驚いた。」

私「A君はどんなポケモン使ってるの?」

A「俺は○○と○○と○○と・・・」

物凄く話が弾んだ。Aは始終笑顔でかなり癒された。私とAは連絡先を交換し、
メールやSNSなどでポケモンについて語り合う仲になった。
WI-FIを使って対戦したり、モンスターを交換したりとどんどん親密な仲になっていった。

続きを読む

このページのトップヘ