カテゴリ: 衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
36310ff8

398: 長いです1 2013/05/05 11:47:37

罪に問われないと分かったので、去年起こった姉妹修羅場を吐き出します!!

私は大学生、妹は高校生。
ある冬の日、妹が駅前のミスドで友達と喋っていたら、
隣の席の女性二人の会話が聞こえてきたそうです。

その内容が
『今旦那と別居中。旦那のDVが理由で、子供と一緒に実家にいる。
しかし実は自分が他に好きな男が出来たので離婚したいだけ。
でっち上げの旦那DV証拠を皆信じている。親権も当然こっち。
養育費もたっぷり貰って、子供は両親に預けて、
自分は慰謝料と養育費で好きな男と暮らす。
ほとぼりが冷めたらその男の子供を産んで再婚する。』
 
そんな内容だった。

その女性二人、見た目はごく普通のママさんで 
「〇〇ちゃんが証言してくれたから助かったよーありがとう」 
「いやいや!私のときも頼むよ。それにしてもちょろいね」 
「親は私の味方だし、彼の事は絶対バレないようにしてたし」 
「子供はいつか引き取るの?」 
「いや、親に任せる。定年まで10年以上有るしいけるでしょ、  私は都会で働くって言うていでw 」 
「もうー悪いなーw 幸せになれよ!」  「任せてww 旦那はノイローゼらしいよww」 
「そりゃ、全く身に覚えが無いDVだもんねww」 
「周り中でDVDV責め続けたら自分でも分からなくなったらしくてw 
無意識で私を殴っていたのかって鬱状態だって。」 
「人間そんなもんなんだねーちょろいねー」  「ねw あー早く彼の子供欲しいなあ!」 

そんな会話を繰り広げていた。 

何故現場にいなかった私がここまで鮮明に書けるかと言うと、 
一部始終を妹&妹友達がスマホで録画していたから。
余りの内容に妹ズは衝撃を受け、とにかく録画してしまったという。 

その後、妹ズは当事者の方のママさんの後を付け、実家を特定。 
…で、その後どうしよう??と私に相談してきた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
130903tyako

628: 名無しさん@HOME 2013/06/01(土) 12:08:05.45 0

私の最大の修羅場は自分の結婚式だったな。
式までいってないから、正確には結婚式準備か。

婚約者は当時仕事が死ぬほど忙しい時期だったので、
式場の予約やらは全部私と私母で動いてた。

ドレスを決める時は俺も着いていきたい!と言っていたので休みを出していたのだが、
当日急遽呼び出され残念だね~と言いつつ結局私と私母の2人で行った。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
omaturi_515044

479: 名無しさん@HOME 2011/11/23(水) 18:42:52
俺は完全部外者で巻き込まれたのもほんのちょっとだけど。

小さな居酒屋で友人Aと二人で飲んでいた。
客が少なかったのでカウンターで店長も時々混ざりながらまったり話していたんだが、
そのときAのケータイが鳴った。電話はBから。BはAの友人で俺とは面識があるが、
連絡先も知らない。単に顔と名前が一致するだけの知人。

で、BはこれからB彼女の浮気現場に突入するから手伝えと言ってきたらしい。
Aは行く気満々で俺も誘ってきたが俺は当然拒否。店長も俺も他人のトラブルに顔突っ込むな
とAを止めたが、トラブル大好きなAは耳も貸さずに応援(という名の野次馬)に行ってしまった。

やれやれって感じで飲みなおす俺。店も客あんまり居なくて暇そうだったので他の友人呼んで
遅くまでまったり飲んでその日はお開き。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSCN5220

501: 名無しさん@HOME 2013/01/10(木) 13:19:56.30 O

以前あったプチ修羅場。

うちの実母は俺の嫁に、ドラマに出てきそうな位テンプレなイビリを繰り返してた。
俺と妹がいくら止めろと叱っても止めない。
実家との絶縁も考えたが、天然で人の良い嫁はそんなことしなくていいよ~と笑ってた。


そんなある日、仕事中実母から電話が。
「助けて死ぬあの嫁あばばばばb」
と意味不明な悲鳴に俺はビックリした。
嫁が、というが嫁も今は仕事で隣町だし、ワケわからん。
しかし非常事態だと判断し、早退して実家に直行。
実家玄関に入った瞬間、俺は異常に気付いた。

臭い。

とにかく臭い。

玄関先に漂う異臭に吐き気すらして思わず「なんじゃこりゃあ!?」と叫んだ。
するとドタバタと家の奥から足音が聞こえてきて、泣きながら走って来る母親の姿が見えた。
しかしそれと同時に異臭も強くなる。
堪らず「寄るな!」と怒鳴ってしまった。

よく見ると汁っぽいものにまみれており、口の回りも汚れている。
何があったのか混乱する俺。すると後から父親と嫁が家に到着。
とにかく母親をどうにかしようと思ったが臭くて堪らない。
原因は汁らしいが怖くて触れないから、仕方なく母親が風呂に行こうとすると、父親が
「止めろ!風呂が汚れる!庭でやれ!」
怒鳴り母親は泣く泣く庭へ。
俺と嫁はよくわからないけど、それぞれバケツとジョウロを使って
風呂場から汲んだ水をざばざばかけてた。
嫁が母親の頭にジョウロで水をかける姿は大変シュールだった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
group


86: 1/5 2009/04/15(水) 14:51:28 ID:Ly7yKVnw0

私…19歳
K男…21才
Tさん…年齢不詳 聞いた所によると50代 事務員 独身

私はバイトで予備校の中学生クラスのバイトしてた。
専門の講師が居て、私は教室をブラブラしながら、
分からない事がある生徒にちょっと教える程度だけど。
それと同じ仕事をしてたのがK男。

K男は結構イケメンで性格も明るく、生徒たちには人気があり、
私たちの間でも評判が良かった。

そしてある日、私はTさんに「ちょっといいかな」とトイレに呼び出された。
なんだろうと思って付いて行ったんだけど、洗面台に手をついてずっと喋らないTさん。
話しかけてもうつむいたまま…
そしてようやく話し始めたと思ったら「私、好きな人が居るの…」。
うっとりした瞳で「愛に年齢って関係あるのかな、やっぱり…」とか言うんで
ちょっと興味持ってしまった私は「あの、相手は…」と聞いたら、
「K男君なの…どうしよう、私この気持ち止められない」と泣きだした。

Tさんは芸能人で言うと赤木春恵。
春恵の目つきを悪くしてもっと頬を垂れさがらせた顔。
身長は150ちょいで、多分体重は7~80キロはあるかな…
モロおばさん体形で胸、腹、下腹と段々になってる。
性格……(姑ってこういう感じなのかなぁ…)としみじみ思う。
機嫌が悪いと(これがまたしょっちゅうなんだわ)ネチネチ嫌みを言ってくる凄く恐ろしいおばちゃん。
だから私もその時はきっと嫌味を言われるんだと思ってた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sirakaba

517: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:33.00 0
数年前友人とドライブに出かけた 
丁度車の事故が起こったようで道が大渋滞になって夜になってしまった 
なんとか早く家に帰りたかったので普段通らない山道を通って帰る 
ことにした 
真っ暗の道をゆっくり走ってると友人が突然 
「あれ人じゃね?」 
といった 
確かに人っぽかったが周りには家もないし灯りもない 
俺は幽霊だといったが 
「じゃあ確かめてやる」 
といって友人は車から降りていった。 
しばらくすると女性を連れてきた 
「なんか彼氏にすてられたんだって。家まで送ってってやろうぜ」 
といって女性を車にいれた 

その女性は真っ青な顔色と無表情な顔は幽霊そのもの 
内心、絶対まともな人間じゃないと思い 
ブルブル震えながら運転をしていった 
ようやくまともな道にでると直ぐそばのコンビニで降ろしてくれ 
といわれて降ろした 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
060208_mixi-news

105: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/26(月) 05:16:58 ID:VxkH/Odt
友達がバイトで嫌なことがあったらしくmixiに書いてた。

内容は
洗い場やってる時に(オープンキッチン)まだメニュー来ないのか!とDQN客に怒鳴られた。
俺どう見ても洗い場だろ、料理作ってる店長に言えよと思いつつ謝ったけど、
客が席に帰った後物に当たって壁を店内に響くくらいに殴ってしまった。

閉店後、店長とその話をしてて、店長に「その客もしょーもないけどお前もしょーもない奴」と言われた。
ハァ!?(゚Д゚)俺が悪いのかよ、お前店長ならフォローに来いよ
俺から言わせたらなんでお前みたいなのが店長なんだよ
という内容だった。自分から言わせたら少しの時間も待てないおっさんもDQNだし
フォローできない店長もしょーもないし、
他のお客さんも見てる(オープンキッチンだから)中で本気で壁殴るような男も不快だ。

もとからこいつイラチだし自分のことしか考えてないと思ってたけど今回また引いた…
だけどmixiでは他の人は「そんな店長のいるバイトやめちゃえ!」とかその男マンセーなのが信じらんねー。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nyuugaku02-001

243: 名無しさん@HOME 2012/11/17(土) 14:25:02.24 0
ぶった切り投下すんません。 

当時私は小学一年生で入学祝で家族で外食する事になった。 
車降りて店に行こうとすると知らないおじさんに「お嬢さん」と呼びかけられる。 
振り返るとおいでおいでするので歩いていく家族を見た後、 
近くに居るしと思い近づくと、顔つきに反してやけに低姿勢で話かけてきた。 

「失礼ですが、貴方のお父様はどちらの組の組長でしょうか?」 
と聞かれた。 
そのとき私は組と言うと一年一組とかの学校の組しか分からなかった。 

「どこの組かは分かりませんが、(お父さんが言うには)もの凄く偉い人みたいです」 

と答えた。するとそのおじさんはハッとした顔つきになり、ぺこぺことお辞儀。 

続きを読む

このページのトップヘ