スポンサードリンク

カテゴリ: 復讐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

606: 名無しさん@おーぷん 2017/04/04(火)22:55:12 ID:6Op
経験したことのある人は多いような気もするけど、自分の修羅場

ある日、のん気に出かけようと準備をしてリビングに入ったら、晴天なのに雨?みたいなパチパチ音がしたんだよね
何の音だろうと自分なりに検索
家の外から聞こえてくることに気付いた


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

623: 1/2 2017/04/07(金)14:32:07 ID:PgQ
女叩き思考に陥った男に道連れにされそうになったこと。

大学で同サークルの友人Aがいつしか女叩きに染まる。と言っても女子達がデザートは別腹〜とか言ってるのを見て、「これだから女は!なぁ?」と言う程度で全然気付かんかった。なので俺も適当に相槌打ってしまってた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

856: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/22(土) 23:37:54.48 ID:Uc2Tib6J
修羅場と言う程ではないけど・・・高校の頃付き合っていた彼女の家が会社を経営しててそこそこ裕福な社長令嬢だった。
美人で可愛かったが付き合って1年目当たりで振られたんだけどその際に
「俺君ってひょっとしてこのまま私と付き合っていけると思ってる?w」
「一応私の家系ってそれなりだから将来ずっと付き合っていくとなると釣り合わなさ過ぎる」
「俺君家の家庭と私の家の家庭じゃ釣り合いが合わなすぎるから別れた方がいい」
「まあ結婚とかまずありえないけどw」
と散々言われて振られた訳なんだけど

続きます



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

460: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)14:57:46 ID:7ej
仕返しになってないかもしれないけどヘタレの自分にしては頑張ったと思う。
前半はくわしく書くのがしんどいので淡々と書かせてください。
妊娠中に浮気された。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1003: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/27(月) 01:56:34.15
復讐するのはいいが程々にな。
やりすぎるといろんなものを壊すよ。マジで。

借金させて元嫁と間男に慰謝料を合わせて1000万近く払わせた。
間男は零細企業の社長で、金をぽんと出せるような立場ではなかったようで。
娘二人の親権は元嫁に行ってしまったから、俺からの養育費を借金返済のアテにしてたんだろうな。
間男と元嫁はくっついて、子供もこさえたのを見計らって、養育費の支払いを止めた。
その分は俺が貯金してた。
元嫁が怒り狂って凸してきたんだが、もともとのらりくらりと面会もかわしてきてたし
面会の約束を守らないんだから俺だって約束守る必要ねーだろと言い張って押し通した。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

137: 名無しさん@おーぷん 2016/06/06(月)07:37:01 ID:aYp
俺の気持ちは何時だって沈んだままなのだ…
俺にはかつて恋人が居た
とても綺麗で美しい女だった…
しかしその女は俺のことを遊び相手としか見ていなかったのだ
さかのぼる事3年前
事件は起こったのだ


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

223: 名無しさん@HOME 2015/02/28(土) 11:41:26.12
長いけど大したことではない。

旦那実家は埼玉。義兄夫婦は横浜で義兄嫁実母と同居。
旦那実家は自営で、次男である私旦那が跡を継いで義父が社長、私旦那が専務をしている。
私たちは車で10分ほどのところで別居。
ただ私も経理事務を手伝っているので、毎日義実家には行っている。

そもそも、普段義兄嫁は正月と盆休みに数日帰ってくる程度だった。
歳は近いが特に仲良くもないので別にかまわなかったけど、ある年の盆休みにそれは起こった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

21: 名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金)16:02:47 ID:SJe
ボウリョク・流 血注意。


自分が3歳くらいの頃に両親が離婚。
自分は母に引き取られたが、離婚でタガが壊れたのかもともとそうだったのかはしらないが。
なぐる・けるはなかったが、色々と身体的に痛めつけられた。
断片的にしか覚えていないが、箸や爪、ひどいときには爪楊枝や針を目の前に突き付けられたり、
それで目立ちにくいところをさされたりした。
その時の母はゾッとするような笑顔だったように思う。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ