カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

239: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/01(月) 15:26:13.53 ID:LXElf3hd.net
自分の母親の話になります。 
私は社会人になったばかりの女で、まだ実家に住んでいます。 

ある日、仕事終わりに買い物をしてから帰ると、普段より遅い帰宅になったことについて母に責め立てられました。 
これはいつものことなのですが、「どうしてこんなに遅くなったのか」「何をしていたのか」と聞かれたので、 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/23(金)07:42:19 ID:Ccq
世間ではまだ理解されて居ないけど、香害っていうのがあるのよ。
こういうニュースにもなってる。
親父は昔から匂いに敏感で、よく「香水きつい」と言ってむせたり、「汗臭いから風呂入れよ」って言ったりしてて、
或る日突然「洗剤の匂いがきつい。石けん使って服洗って」って言い始めた時は、家族全員で「今度は洗剤かよ。うぜえ」って思ってた。
更に親父は、家族旅行で泊まったホテルのダウニーの匂いがダメだと言って途中で帰ったり、そんな親父に家族はフラストレーションが溜まっていった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

261: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/30(金) 14:24:29.43 ID:XpI31/w2.net
 長いので、二つに分けて。フェイク有。私が家を出ていた頃の話なので、伝聞である。 

 私には、十歳ほど年が離れた従妹がいる。素直で利発でお手伝いも良くする子で、私も両親もその子を大変に可愛がっていた。 
 そんなある日、当時小学生の従妹が両親のもとを訪れ、  
「おじさん、偉くないの?」 
 と、目に涙を浮かべながら聞いたという。 
 それだけではどういう意味か良く解らないので、詳しく話を聞いてみると、従妹にはAという友達がいるのだが、その子に、 
「お前のおじさん下っ端w」 
 と嘲笑されたそうだ。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

672: 名無しさん@おーぷん 2016/08/09(火)23:44:59 ID:U21
ある日突然母親が、私が学校でいじめにあっていると思い込んだ。

小学6年の春に、いきなり母に「アンタ何でいじめられてる事黙ってたん!?」と詰め寄られた。
全く心当たりがなくて否定するも、喚き散らして全く会話にならなかった。
何とか話を聞くと、幼馴染みの近所の友達と遊ばなくなった=苛められているという事らしかった。
そりゃ小さい頃は家が近いからよく遊んでいたけど、高学年になったら趣味とか嗜好である程度グループが分かれたりする。
別に幼馴染みと仲が悪くなった訳でもないし、他にもっと仲の良い友達が出来ただけ。
それぞれ別のグループで楽しくやっているし、お互いにいじめなんかあり得ない。
と説明しても、聞く耳持たなかった。
毎日毎日毎日毎日何度も何度も何度も何度も同じ事を繰り返された。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

848: 名無しさん@HOME 2017/07/31(月) 16:50:46
初めて投稿します。私が中学一年生の時の修羅場です。 

自営をしてた実父は私が幼稚園の頃から怒ると母も怯えて手をつけられないくらいのDVでした。 
旅先の旅館でしっ禁するまでなぐったりタマゴッチ(当時流行ってた)を目の前で粉々にしたり。 
そんな父は店の嬢と浮気してたり母に300万の借金してたりで何だかんだ私が小学校5年生の時に離婚しました。 

離婚して母子であり、精神病になった母がまともに一人で子供3人育てれるわけなく、安いアパートに引越しをし私が中学一年生になった頃のこと。 


一回切ります
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

166: 名無しさん@おーぷん 2016/10/25(火)01:42:54 ID:Q8H
昔、これから大雨が来るかもということで学校から早めに帰宅したことがあった。
家に帰り、リビングに入ろうとすると、ドアのすりガラスの向こうで、人影が二つ、変な動きをしていた。
さらにそこから母の苦しそうな声が聞こえる。

当時小学3年生、暇なときには「授業中に悪い人が入ってきたら…」の妄想をしていた私は、
足音を忍ばせて、庭のホースを持って静かにリビング前に戻った。
そして一気にドアを開け、「はなれろおおおお」と叫びながら放水。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

228: 名無しさん@おーぷん 2016/10/20(木)13:54:51 ID:auF
私が2歳のときに両親が離婚、それ以来会ったことのない父親がシんだらしい
父の嫁から「相続を放棄して欲しい。難病の息子がいる」と泣きつかれたけど
「私が生まれてすぐ心臓病だと判明し、それを疎んで捨てた父親のために
どうしてそんなことしなきゃいけないのか。財産分与も養育費もなく、
私の母は苦労して私を育てた。こっちだって今も治療費が必要だ。
今までもらえなかった分、遺産でまかなわせてもらいたい」と一蹴
結果的に少なからぬ遺産を手にした
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

261: 名無しさん@おーぷん 2016/07/05(火)13:12:12 ID:kOJ
ただの愚痴です。無駄に長いのは許してほしい。
私が子供の頃、父は早朝から仕事に行っていた。母は専業主婦。
専業主婦と言ってもご飯はほぼ全部お惣菜や冷凍食品(メシマズだから)。
朝ご飯はだいたい冷凍炒飯か冷凍ピラフ、それを食べると即外出。
そして母に連れられパチ ン コに行っていた。
母が行くのは比較的人の入りが少ないパチ ン コ店。
母の座った台の隣が空いてたらそこに私も座る。
空いていない時は母の後ろに立つ。
たまに私を邪魔くさそうに押しのけたり蹴ったりする人がいて怖かった。
続きを読む

このページのトップヘ