カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

230: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)16:20:19 ID:UQB
自分が二十歳の時に母が他界してからしばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。
初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。
お世辞にも兄、姉と比べて良い息子だったと思えなかったし、勉強もあまり好きな方ではなかった。
母には迷惑ばかりかけてしまったんだけども、そんな事は気にしていなかったようでホッしたのも束の間
最後の最後で、自分が父との間に出来た子じゃないという衝撃な事実をカミングアウトした。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

975: 名無しさん@HOME 2015/12/07(月) 22:00:31.33
私が小学生低学年の頃の話です。

私の父は、子供嫌いで腹が立つと怒鳴りつけたり叩いたりする人で当時は恐れの対象でした。
母は、天然というか楽天的な人間であまり人の気持ちが分からない人でした。
また、世の中のあらゆる悪影響を及ぼす物を憎んでいて、娯楽番組やゲーム、甘いお菓子やジュースは基本的に禁止された生活でした。

父と母は紅葉を見に行くのが好きで、その時も秋の山へ車で出掛けていました。
道の駅で休憩してる時、1人一本、好きな飲み物を自販機で買っていいよ、と、お金を渡されました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

675: 名無しさん@おーぷん 2016/12/30(金)17:31:57 ID:NSk
父親の浮気というかなんというかのいろいろを知ってしまった…。
寝室(事情によりリビングと化している)には視界に入る場所にA/Vが置いてあるしテ ン ガも(多少目に付きにくい場所ではあるが)ある。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

63: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)03:51:06 ID:iIB
数年前母が整形外科関係で入院した際に偶然胃がんが見つかった
幸いどちらの手術も成功したんだけど、退院が決まった矢先に
熱を出して意識が朦朧とした状態になった

私の事も時々は認識するけど看護師さんと勘違いする状態…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

639: 名無しさん@おーぷん 2016/09/12(月)20:28:02 ID:dOB
母親の私に対しての扱いにモヤモヤしてる。

10ヶ月の子どもがいるんだけど妊娠したことを伝えたら真っ先に言われたのが「うちお金ないんだけど!!」だった。
そのタイミングで妹が体調を崩して入院したのと、施設に預けてる弟が背骨を折ってその手術が重なってしまって私の結婚のお祝い10万円をとられた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

112: 名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土)10:09:26 ID:4qJ
とあるショッピングモールで買い物をしてた時。
雑貨屋の一角に棒付き飴が4面に刺さってる?棚があったんだけど、そこに3歳くらいの男の子が1人でウロウロしてた。親も近くにいるのかな。可愛いなあ。なんて見てたら突然坊やが棒付き飴を引っこ抜いて投げたりビニールも取らないまま2つ口に入れだした。
あ。と思ってもその子を気にしてる親も周りには見当たらず
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

180: 名無しさん@おーぷん 2015/10/02(金)02:10:05 ID:wNM
姉が結婚して子供ができたんだけど、そのことで母が訳がわからんことでいつも怒ってる。
もともと産後は姉から見て義実家に行くつもりだったのを、何故か実家に帰ってくると勘違い。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

774: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)04:46:09 ID:???
小学校高学年の時、家族で居酒屋に徒歩で行った。
そこで当時低学年だった弟が、知らんおっさんに女の子に間違われた。
酔っ払った母はそれを笑って、弟がすっかりすねてしまった。
帰り道、弟がすねて父とくっついて帰路を急いだために、俺は母と一緒にゆっくり歩いて帰っていた。
そこで母が、「私そんなに酷いことした?」と聞いてきたので、すごく素直に「酷かったと思う。すごく酔っ払ってるんだなって思った」と答えると、母は「酷い。何でそんなこと言われなくちゃいけないの」と言って半泣きになって、俺をほっぽって走って家に帰ってしまった。
幸い家まで数十メートルの距離だったし、歩き慣れた道だから怖くもない。
続きを読む

このページのトップヘ