必見!オススメ人気記事

カテゴリ: 親戚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

617: 名無しさん@おーぷん 2018/08/16(木)11:56:59 ID:aSQ
彼女いない歴年齢を36年通してる従兄に「19歳の女と付き合いたい、どうしても19じゃなきゃ駄目だ」と熱弁された。
19歳で水商売でなく、高校出たてで、今まで彼氏がいた経験がない純真な19歳がいいらしい。外国人も駄目だそうだ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

137: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/22(水) 21:08:22.04 ID:9DFskwUm
昔の話 

ある日、家の庭で水道管が劣化していたのか水が染み出ていた 
父が庭を掘って水道管を確認すると、家に繋がってる水道管に、有る筈が無い水道管が繋がっていた 
ちなみに、家の隣には親戚の牛舎があり、繋がっているとすればそこしかない 

小さい牛舎だったが、牛の洗浄、牛舎の洗浄、牛の飲み水、洗車…… 
水道を止め忘れて流れっぱなしなんて事もあった 
そう思うと、今まで、というかいつから、それまで気付かないなんて家を建てた当初から? 
どれだけの料金分使われたんだろうとゾっとした 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

210: 名無しさん@おーぷん 2015/06/28(日)18:34:16 ID:hZl
参列したお葬式がお祝いムードだったのが衝撃。

所用で一人で帰省していたとき、遠い親戚でもある近所のおじいさんが亡くなり、お通夜・お葬式に行くことになった。
100歳過ぎで、私が子供の頃から白髪のおじいさんだったが、声の大きく元気な人だという印象があった。

親族扱いでの参列ということで少し早めに葬祭殿に行くと、ロビーでウェルカムドリンクにお茶菓子まで頂いた。
喪主のおじさんが私がいることを見つけると、「よく来てくれた」と頭を下げられ、「食事を手配したから
残って欲しい」と言われた。偶然帰省していただけだったので恐縮したが、おじさんが是非ともということで
父とともに残ることになった。
祭壇とかもすごく立派だったし、たくさんのスタッフがお世話をしていて、
来た親族はその間ロビーでおじいさんの思い出話に花を咲かせていた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

177: 愛とシの名無しさん 2014/01/24(金) 14:49:51.04
数年前の親戚の披露宴。 
新郎の従妹にあたる女が、飛び入りスピーチで新婦をコキおろした。 
諸事情で式が延期されていて、すでに入籍・新婚生活に入っていた夫婦なんだけど、 
嫁として、女として新婦がダメダメだという内容だった。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

64: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)16:48:45 ID:EWR
家を建てた。注文建築。
夫婦共に50代目前にしてやっと手に入れたマイホーム。
従妹に「今時マイホームなんて」って言われて
「賃貸派の人も今は多いんだってね。でもうちは欲しかったんだー」って言ったら
「子供いないのに、残せる人もいないんでしょう?」って言われて
「そうだねぇ。まぁ誰かに遺すために建てたわけでもないし」って適当に言ったら
「無駄な買い物するより老後に備えればいいのに」って言われて
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

322: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)09:43:02 ID:???
成人式が終わって親と家でのんびりお寿司食べてたら伯父がやってきて一気に気分悪くなった
二度と来るなって二回ぐらい言われてるのに
昔のこと忘れてるのかよっぽど恥知らずなのか、ヨダレが出てきそうな気持ち悪い笑顔だった
40代独身。大学生でもないのに何故か未だに祖父から仕送り貰って生活してるクソ伯父



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

459: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26(月)23:19:08 ID:BX3
私が6歳の頃、おばさんが他界して甲殻アレルギー持ちの10歳上の従兄弟(以下姉)が転がり込んできた
それから家族全員、気を使って甲殻類は一切食べてない
姉のアレルギーは遺伝みたいで、おばさんも甲殻類がダメだから姉は甲殻類を食べたことがないらしい
母は甲殻類大好きだったし、私はお寿司はエビしかたべられないような時だったから、皆食べたいものを我慢し続けてきた
旅行や外食で姉がいなくても食べたことがバレると姉が僻むので甲殻類はダメだった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

309: 名無しさん@おーぷん 2016/05/15(日)15:02:01 ID:z9S
お彼岸の時に、実家のある地元の親戚の家に法事で集まったときのこと。

はとこ(再従妹)にあたる人で家事手伝いのまま実家に住んでいる人がいる。
年が近かったから学生時代までは時々あってたりしたし、二人で映画に行く程度の
付き合いもあった。

私は大学卒業後に他県に就職して、そこで結婚して子供もできて、もう50を超えた
いいおばさん。

そしてはとこ、仮にA子とするけど、彼女と多分30年ぶりぐらいに再会した。
A子と久しぶりにあったので、懐かしくて話をしようとしたけど話が全然
かみ合わない。




続きを読む

このページのトップヘ