カテゴリ: 友人・親友

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

687: 名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木)13:20:09 ID:jDV
友人Aの披露宴で、A自作という凝った見た目の菓子をプチギフトとしてもらった
ママ友に人気のレシピ♪♪だそうだが、どうも変なにおいがしてたので食べずに捨てた
しばらくして、披露宴に出席してた共通の友人たちが全員腹痛を起こしていたことをSNSで知った

もしかしてと思ってそれぞれに聞いてみたら、全員が披露宴の翌日の同時間帯に
プチギフトを食べていたことが判明
「あれ変なにおいしなかった?」と聞いてみたが、実はその友人全員が花粉症だったので
異変があったとしても気づかなかったという不幸な偶然が起きていた
披露宴に出席した友人の中で、プチギフトを食べなかった私だけが無事ということで
原因はプチギフトだったんじゃないかという話になった




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

297: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:56:02 ID:pWE
スネ夫みたいなことを実際に言われるとは思わなかった
私を含めた系5人のクラスメイトで休日にU○Jに出かけることになった
U○JまではTのお父さんが車で送って行ってくれることになったのだが・・・

当日私は兄貴が運転するワンボックスカーで待ち合わせ場所まで送ってもらった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

416: 名無しさん@おーぷん 2016/10/16(日)10:54:31 ID:kIk
もう時効だろう昔の話。小倉優子がヤングアニマルでグ/ラ/ビ/ア表紙飾りまくってた頃の話。
高校の同じクラスにAという友達がいた。
先に書いておくが全然変な予兆はなかった。明るくてお調子者だった。
Aには妹がいて「すごいブス」だといつも言っていたが、身内の謙遜だろうと思い誰も気にしていなかった。
ある日みんなでツタヤに行った時、Aの妹に会った。
Aは妹を見つけると「ブスが表歩くんじゃねーよ、仲間の前で恥かかすな」と言い背中を思いっきり蹴った。
妹は半ベソで逃げたが、Aはさらにけりをかました。
仲間のBという熱血系の奴が「やめろ」とAを止め、俺らも慌ててAを止めた。
妹はBが逃がしてやった。日頃明るいAの豹変にみんな驚き、引いていた。
Aは「化け物みたいなブスが出歩いて、家の恥だ。みんなごめん」と謝ってきた。さらに引いた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

842: 名無しさん@おーぷん 2017/01/24(火)21:02:03 ID:hL1
高校時代の友人とお互い妊娠出産を経て5年ぶりに再会したら、
こちらは妊娠前より5キロ増、向こうはなんと13キロ減で天地ほどの差がついていた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

718: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)12:20:46 ID:???
名前スレ見て久々に思い出した話、だらだらーと書かせて

小学生低学年で漢字を習い始め、部首はまだ習ってない時の話
(ごめん、正確な学年は忘れた)
フェイクを入れるけど、優己と書いてゆうきちゃんという友達がいた
今みたいに習ってない漢字は使わないという事もなくてみんな漢字で
持ち物にフルネームを書いていた時代だった

集団下校で優己ちゃんが私のすぐ前を歩く日があったんだけど
ランドセルに書いてある名前が常に視界に入ったままの状態が続いて
ふと「あれ、これに似ている字を見た事あるな」と思った&口に出した
すると優己ちゃんの隣を歩いていたAちゃん(高学年のお姉さん)が
「え?何で!どこで!どういう字だったの!」と凄い勢いで食いついた
私はわりと本をたくさん読む子で図書室にある本はほとんど読むし
父の歴史小説や推理小説なんかも読んでいたからすぐには思い出せなくて
「思い出せないけど…お父さんの小説だと思う」ともだもだ答えた
Aちゃんは「見れば思い出すかもしれない!今すぐ家に行こう!探そう!」と
とても張り切って宣言して、何故そんなに熱心なのかわからないまま
普段は遊ばないAちゃんと優己ちゃんを家に招くことになった




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

62: 名無しさん@おーぷん 2016/08/16(火)14:46:18 ID:WhU
昔、友人の不倫を応援してしまってたことがある。
お堅い家の子で、不倫相手と旅行するのに「あなたと旅行することにしてほしい」と頼まれた。
彼とどんなに劇的な出会いをしたか、どんなに愛し合ってるかみたいな話をされ、まだ学生で脳みそ目出度かった私は、
「そうなの!ロマンティックだね!!じゃあ応援する!!」みたいになってしまった。
相手は近隣の飲食店で出会ったという10歳上のサラリーマンだった。

旅行は何度もあり、それを頼むたびに友人はペラペラと不倫相手の話をした。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

301: 名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火)11:53:06 ID:5RN
A子の母親はA子が中1のとき亡くなっていて、看護士さんだった。
母親のことが大好きだったA子は、自分も看護士になった。
そして父親によく似たタイプの男性と20代で結婚。歳の差結婚で、12~13歳違った。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

13: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)17:28:55 ID:kBh
郵便局に行ったら思い出したので、ゆっくりと投下。
長くなるけどご容赦を。

私が結婚式を挙げたのが20代半ばの事。
その半年後、友人A子が「子供ができたみたい!どうしよう!!」と言い出した。
A子とA子の彼氏(以下B)は飛行機の距離でずっと遠距離だったから、妊娠を聞いた時には「遠くに嫁ぐから会えなくなるなー」程度にしか思わなかった。
ところが、聞いてみればお腹の子はBの子ではなくて、浮気相手の子(以下C)。
本命はBだけれども、友人として親しくしていたCともそういう関係にあって、ほぼ同棲状態にあると言う・・・。
浮気の時点でおかしいと思うけれど、それ以上に浮気相手と同棲って何!?と色々驚いたけれど、パニックっているAには突っ込めず、とりあえずどうするかを尋ねた。



続きを読む

このページのトップヘ