カテゴリ: 職場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

482: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)19:33:53 ID:mPg
他の人に比べれば大したことじゃないけど…
高校生の時にバイト先の先輩に告白されたのは個人的に修羅場だった
20代後半の男性なんて遥かに年上の大人にしか見えなかった。そんな大人が当時子供だった自分を女として見るっていうのが気持ち悪くてたまらなかった
ごめんなさい、彼氏がいるんですって断ったら「じゃあ彼氏連れてきて。真剣に話し合いたい」とか言われた。心底おぞましいと思った
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

304: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)02:19:30 ID:p74
昨年の話なんだが、会社の同僚女性(当時28歳)に告白したところみごとに玉砕した
「わたし毛深い男性だけは生理的にダメなんです!もうほんと無理!」とけんもほろろ
生理的に無理とまで言われて心はへし折られ、すっぱり諦めることにした
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

897: 名無しさん@HOME 2018/02/28(水) 20:44:38.52
うちの会社はとあるビルのワンフロア全部使ってて、早出遅出の差はあるけど常時30人くらいいる。先週金曜日に1人の男性社員が具合悪そうにしてた。そして今週の月曜日、インフルエンザで約30人中13人休みw Aが12人のBが1人で金曜日の男性社員は Aw集団感染にも程がある!
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

479: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:22:50 ID:NlS
うちの会社で昔「卵焼きサツ人事件」と言うのが起きた
毎年新人の研修合宿で話される。同じ悲劇を繰り返さないために。

その男はとにかく優秀だった。 大抵のことは一度説明すれば出来たし少し頭がアレな社員ともうまく付き合えた。
どこのお客さんとも揉めることなく確実に仕事をこなした。
やさしく温厚で誰とでも打ち解けて本当に良いヤツだった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

260: 名無しさん@おーぷん 2017/11/20(月)12:26:10 ID:U57
クソ同僚の神経がわからん。
Aさんは単身赴任中で妻子と別居。娘さんが難病で動かせないらしい。
むろんAさん一家が家族で話し合って決めた単身赴任だろうに
クソ同僚は「離れていると嫁は絶対浮気する」「女はそういう生き物」「何してるかわかったもんじゃない」
「娘の病気も嘘かも」と煽る煽る。
もともとVIPノリの痛いヤツだったが、3,4年前から更にこじらせてきた。
先週末の慰労会(飲み会)でクソ同僚に煽られまくったAさんがついに涙を見せる事件勃発。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1487: 名無しさん@おーぷん 2014/09/10(水)20:46:48 ID:WtQ3eu4U7
当方いい年したおばちゃんです。

会社の同期にモテ男がいた。
仕事出来るしイケメンだしマメだし、友人としても親切。
だけど自分の彼女に対してはいつも無責任だった。
付き合ってる時は多分素晴らしい彼なんだろうけど、
長く付き合う→他に好きな子出来る→今彼女に嘘つきながら二また
→ジワジワ音信不通 の繰り返し。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

727: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 03:14:28.44 ID:MNpddSwT.net
もう辞めたけど、昔の職場にキチがいた。
このキチ、仕事はすごく出来る人だったんだよね。
でも自分さえ良ければそれでいい、というキチだったから、
「ノウハウをお互い分け合って部署全体の成績アップをはかろう!」
という会社の方針には絶対に従わなかった。
でも会社としては成績優秀なこのキチを手離したくなくて、クビにはしなかった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

806: 名無しさん@おーぷん 2016/02/21(日)15:52:38 ID:x0K
3年前、会社の同期(男)と交際したが、付き合ってすぐ彼が昔の恋人と元サヤに戻ろうとしたので
二また野郎は要らんとお別れした
別れ話をしているとき、さすがに悲しくなって、会社の寮だったにも拘らず私が大泣きしたので
声が響いて周囲に詳細が筒抜け
結果、元彼は同期の女性陣のみならず、男性陣からもハブられるようになった
(一部の男性陣は、二またを英雄視?して変わらず仲良くしているようだった)
続きを読む

このページのトップヘ