スポンサードリンク

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

751: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:23:49 ID:A7S
修羅場と言うには軽いかも知れんけどw

嫁と知り合う2年ぐらい前に同じ職場に付き合ってる彼女がいた。
その彼女の希望で社内の連中には付き合ってることは内緒にしていた。
(いじられるのが分かってるから嫌だとか言ってた)
内緒にしてた為に、Aというちょっと厄介な女に気持ち悪いぐらいアプローチされて困った。
頼んでもいないのに弁当作って来たり、職場のみんなに手作りお菓子を持ってきて
明らかに意味が含まれた他のと違うものをあからさまに俺に渡して来たり。
要は外堀を埋めてなんとか交際にもっていきたい感じで、それが露骨過ぎてドン引き。
そもそもAという女は俺の好みとは外見的に正反対だし、仕事上でも何かと言い訳の多いやつで
ぶっちゃけ頭も悪かった。(名古屋で生まれ育って三重の県庁所在地を知らないぐらいに)
付き合う気はサラサラ無いし、同僚じゃなければ存在を消したいぐらいだが
さすがにそのまま言うのは理性がストップ掛けていたので
適当な理由をつけて断り続けていたが、諦めてくれない。
いっそ付き合ってることをカミングアウトしたいと言っても彼女がNOと言って出来なかった。
ある日、資料を探しに書庫に行ったらAが入ってきて、又しつこくアプローチしてきて
その日は色々予定通りにいかないことが重なってイライラしてたのもあって
Aが鬱陶しくし仕方なくて、
「付き合ってもいいけど、俺は付き合うイコール結婚と考えるタイプだから。
俺と付き合うからには家事は一切妻にやってほしいけど専業主婦とか無理。
専業やるなら俺長男だから結婚したら親と同居で両親の介護が出来ない女も無理。
あ、祖母もいるから3人分の介護かな。
そういうのやってくれるんでしょ?なら付き合うよ」
って言ってやった。
本当は俺三男だし、祖母もいないし、一人暮らしだから家事も一通り出来る。
つまり全て断る為の方便だった。
案の定Aは「そ・・・それは大変ね・・・ごめん、私には無理かも・・・」と言って去って行き
以来スルーされるようになったので、もっと早くこの手を使えば良かったと思ってた。
そしたら翌日彼女に振られた。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

446: 恋人は名無しさん 2008/11/06(木) 15:39:41 ID:7xLn1eiI0
結婚を前提として3年以上付き合っていた彼(当時30歳)の行動がおかしくなった。
どうやら二またをかけているらしいと気がついた。
私は当時仕事が楽しかったので結婚を急いではいなかったけれど、
私の方が彼より1歳年上ということで、今後の生活設計などのことで
彼が重圧を感じているのもわかっていた。

疑心暗鬼でデートしていても苦しいだけなので、
人間関係を整理してすっきりさせたいと思った私は、
「この日が怪しい」と思った週末にわざと私に出張が入ったと告げ
しばらく会えないと彼に言って罠をはった。

私がいないはずの金曜日の夜、電気の消えた彼のアパートに突入することに。
彼のアパートを訪れ合い鍵でそーっと入ると、
玄関先に女性ものの可愛いスニーカーが並べて置いてある。
「やっぱり、浮気してたんだ」と、私は妙に冷静になった。

私はやっぱり彼のことは好きだから、もし私のことを選んでくれるなら、
この晩のことをゆるしてもいい。
私より他の女性が好きだというのなら、身を引いてすっきりしよう。
頭の中でいろんな場面を想定し、自分の思いを整理した。
なるべくなら憎み合わずにきれいに済ませたいと思った。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

209: 名無しの心子知らず 2013/04/07(日) 20:32:36.85 ID:mhS/Obpj
娘と同じクラスの男子A君が女子のズボンを後ろからいきなりズリ降ろした事が原因で
クラスのみんなに責め立てられて泣きながら早退。
A母が放課後に学校に乗り込み今からクラス全員教室に集めろーッ!と怒鳴り散らし、
担任はそのキチの迫力に負け連絡網を回すも当然塾や習い事だので集まらず。
うちも面倒だふざけんな、
と断った。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

22: 本当にあった怖い名無し 2009/06/05(金) 17:46:06 ID:O10kMo3C0
俺の母親、10年前に医者とW 不倫して妊娠して出てった。
妹と一緒に止めたんだけど、聞く耳持たなかったな。
出てく時なんか、涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにした妹(当時小学生)に向かって、
「もう二度と会う事はないと思いますがお元気で」
と捨て台詞を吐いて行ったっけ。
あの時の冷たい目つきは忘れられない(当時母親はいつも、俺や妹のせいで好きな事が出来ない、
独身に戻りたいとかほざいていた。一矢報いたつもりだったんだろうな)
親父も妹もショックで廃人一歩手前な状態だったが、俺は冷めてたので
「家族裏切って人妻を妊娠させる馬鹿と上手くやれるわけねえだろw今に天罰が下るぞウヒヒヒw」
って思ってた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

274: 1/4 2009/12/22(火) 20:45:30 ID:CuhfP+OK
もうずいぶん前の泥話。
フェイク込み込みなので、つじつまあわない所の
細かいツッコミはなしの方向で宜しくお願いします。
長いので4つで入るかな・・・?

就職して1年目、会社で指輪を無くした。
食堂で弁当箱を洗っていて、目を離した瞬間に無くなっていた。
ぱっと見は黒ずんだシルバーのごつい指輪で
小さい石がついているだけなんで、男性用の安物に見えるんだが、
大好きな従兄弟(故人・私と15才違い)が短大入学の祝いに
アンティークの一点ものだとくれたもので高かったらしい。
「普段から使っていくと味わいが出る」と言われて、従兄弟が亡くなって、
地元の男性(今のダンナ)と結婚してもほぼ毎日つけていただけに悔しかった。

それから数日後、パート先の更衣室でその指輪が落ちているのを見つけた。
デザインも石も間違いないし、確実に自分のものと判断して
さっさと着替えて帰ろうとしたら、会社の通用口近くで正社員の女性ら数名に囲まれた。
彼女らが言うには、その指輪は女性社員のひとりのFのもので、しかもカレから贈られたもの。
それを堂々と盗んで指にはめて帰ろうなんて、パートのくせにどれだけ図々しいんだ。
さっさと返して、今ここで手をついて謝れ!と大きな声で怒鳴られた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

833: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 05:50:17.82 ID:cbvV2LL6.net
修羅場といっても、事件や事故に巻き込まれたわけでもなく
単なる精神的な修羅場です

20年ほど前、中古の一軒家を購入
住み始めて数日後、小学校低学年くらいの子が家に来て
「ここ、僕ん家なんだけど」と言い出した
最初は???でしたが、すぐに前の住人だろうなと思い
今は、私たちが住んでいるから僕の家は違う所になったんだよみたいなことを言って帰した

隣の奥さんに聞いてみたら、たぶんその通りで
旦那さんがパ チ ン コ中毒で借金して離婚してローンが返せなくなっての物件だった
家の程度もよく住所も色々便利で値段もお買い得だったから購入したのだけど
気分的に離婚理由もローンが返せなくなったのも自分たちのせいの気がして嫌な気分になった
中古住宅物件というものは、こういった嫌な気持ちも付いてくるから安いんだなと思った

これが私の中の第一の心の中の修羅場
続きます


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

484: sage@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 01:48:00.32 ID:8o9cTMOI.net
修羅場と言っていいいのかな?
丁度2年ほど前の話なんだが、スッキリするため吐き出したいと思う
別居していた親父がタヒんだ
それを、俺の実家のご近所の噂で、人伝に伝わってきて知った
お袋と親父は長い間別居状態だったんだが離婚はしていなかった
お袋側は一度は別れようと思ったんだそうだが、俺たち兄弟(兄と俺)が
結婚するまでは、と考えて離婚しなかったらしい
そのうちズルズルと月日が流れて別居状態のまま親父がタヒんだというわけだ
ま、心筋梗塞だったんで、予兆はなく、タヒに目にも会えなかった
まあ、それは仕方が無かったんだが
問題は、親父の後見というか。。。何かと生活の援助をしたのが
親父の実の妹で、まあ叔母だが
これが俺たち兄弟にも連絡をよこさなかったんだよ


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

455: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/16(日) 22:32:07 ID:rLbRHldz
自分じゃないけどいいだろうか
同僚の嫁さんが不倫して、同僚が壊れた
仕事の時は大丈夫。むしろ成績が上がってるんだけど、会社を出た途端に、
ボヤァって存在感が薄れる。
無表情になる。
心配して家まで付いて行ったときに同僚嫁さんの不倫を知った


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ