スポンサードリンク

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

913: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)01:10:20 ID:8gz
2歳年上の彼氏と婚約破棄になった。
学生時代から含めて5年も付き合ったのに。

プロポーズされて、彼の家に結婚させていただく了承を得に行った。
結婚には反対だと言われた。私が泣いても罵倒の嵐。
理由は私の学歴が彼氏以下なこと、デブスなこと、ブラック企業に勤めていること。
結婚前に同棲なんてするふしだらで頭のおかしい女だということ。
そして極め付けに私の母親が癌家系なことを持ち出された。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

759: sage 2016/02/19(金)12:38:17 ID:KfT
私と同じ体験をした人の話があったので便乗してみる。
初投稿なので読みにくかったらごめんなさい。
あと、※ぐ ろ注意※です。

当時次女を妊娠中だった私は里帰り出産を予定していた。
実家は両親と独身の妹、私と長女で一時的な5人家族。

予定日の3週間前の夕方、実家でくつろいでいたらお腹が痛くなった。
痛みに波があって間隔短くなってるけどまさか陣痛?
病院に電話したら「いつでも来て下さい」と言われた。
その時、両親と妹+長女は夕飯の買い物に出かけていた。

入院の準備をまだしていなかったので
ひとりで支度をしていたら破水した。

パニックになり両親と妹に電話するも、誰も出ない。
電話帳を探してタクシー会社に電話した。

私は大学は都心に下宿していたので、
高校を出てからずっと実家では暮らしていなかった。
タクシー会社に電話して、住所を伝えると該当住所なし。
私の実家の位置は昔から変わっていないのに
私が実家を出てから区画整理があったらしく
微妙に住所や番地が変わっていた。
年賀状なんかはソフトで作っているので、新しい住所がわからない。

破水してるので急いでほしいと伝えても
タクシー会社のマニュアルなのか、住所を確定させないと迎えに行けないと言われた。
実家から目と鼻の先の目印の建物を伝えても
そこから南に何軒と伝えても「少々お待ち下さい」で放置。

赤さんが下がってくる感じがしたし
田舎なのでタクシーに来てもらうにしても20分はかかる。
諦めた私は自分で運転して病院に向かうことにした。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

40: その1 03/03/07 00:40 ID:S2PDadTO
俺自身が味わった不幸や悲しみとかでないので
なんだか微妙にスレ違いかもしれないが
どうしても吐き出したかったのでさせていただく。

半年前、友達の薦めで某チェーン店の美容院に行ったの。
外観も接客も明るい雰囲気でとても良い感じだった。
ふと車椅子で深く帽子をかぶった女の子(おそらく12.3)
が連れの人と一緒に来店した。
飛び込みだったらしく、しばらく待たされたあと
彼女は店内に案内され、何人かの美容師達の手によって
椅子に映ったところまでは良かったのだが。

帽子を外すと、そこには薬か何かの影響なのか、
パサパサの髪に、ところどころ抜けてしまって
とてもカットやカラーができるような頭じゃなかった。
その場の空気も一瞬凍ったと思う。
そして奇異の目を向けてしまったかもしれないそのときの
俺にはほんとアホ、としか言いようがないのだが。
彼女自身、なんだかつらそうな顔をしていて、
どうやら連れの女の人(母親という感じじゃなかった。看護婦?)
が半ば強引に連れてきた感じらしい。
そうしたら奥の方から年配の男性(40くらいかな)
が出てきたのね。
その人がやたら陽気で、ガハガハ笑うような、
ほんとに美容師なのか、と問いただしたくなるようなオッサン。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

242: 名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水)22:52:58 ID:xUy
病タヒした父方の祖母の葬儀の会場で「今お世話になってる人だ」と女を紹介して来た元父がスレタイ。
元父と書いたのは、長年の不倫・母へのD Vとその後自身の勤める会社で起こした不祥事が原因で離婚したため。

人づてで「不倫相手の女のヒモになってる」と聞いてはいたが
まさか、女を紹介されるとはと、俺は内心呆れていた。

その場にいて一緒に女を紹介された妹からLINEを介して「相手にするな」と言われたけど
周りには葬儀に参列していた別の親戚等がいたため、とりあえず適当に流す。

その後式は滞りなく済み、お骨になった祖母を抱えて帰宅。
その後もその女が何度も話かけてきたので、適当に流した後帰宅。

帰宅してすぐに、妹から話を聞いたであろう母から「何で相手にしたの!?」とメールが来たので
葬儀場で親戚らがいた中でそんな事できるわけないと返信。

しかし・・・親戚がいた中で自分の女を自己紹介する元父の神経と
元父の妻として振舞うその女の神経を疑うわ。

これじゃあ、生前祖母が女の事を「礼儀知らずな女」と言っていたのも納得できるわ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

933: 1/2 2011/05/08(日) 00:49:40.88
流れ読まずに。
現在はサラリーマンだが元・膿家の偽実家ウトメ。もちろんテンプレ膿家脳。
自分は次男嫁なのだが、義兄(奇跡的に良い人)に結婚の意志がゼロのため、
娘を産めば「役立たず、次は絶対男梅」「跡取りがいなかったら○○の本家が絶える」
などなどここではおなじみの言いたい放題。

つい先日も実母の前なのに(我が家に様子を見がてら遊びに来た)
「全く嫁子は女腹なんて」「実母さんを前に言っちゃ何だがとんだハズレを掴まされて」
「後を継ぐものがいなかったら将来○○家の墓や土地が…」と、
(ど田舎の農地、現在は家庭菜園超・拡大版。だだっ広いだけで価値は無い)
お構いなくやりだしたので、イライラもほとんど限界に。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

93: 名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水)09:11:02 ID:WxE
兄嫁が指の腱鞘炎を起こしてばね指になった。
原因は、兄が編み物を強制し鬼畜ノルマを設けたため。
兄嫁は妊娠しており、他所様の手作りグッズに憧れた兄は、産まれてくる赤ん坊に手作りの帽子や靴下などを与えようと兄嫁に強制。
兄嫁は妊娠による休職中だったが、家事を全て押し付けられていた上に編み物までこなしていた。ついでに言うと、兄のおやつ()まで手作り。
兄嫁の話によれば、「子供が可愛くないのか?」「母親失格」「同僚の所は双子。しっかりこなしてる」と、疲れを訴える兄嫁を叱ったらしい。
そのくせ兄は、編み物や料理のひとつも学ぼうとせず、たくさん稼いでくる事を盾にして、
「お前の頑張りは俺の月収の足元にも及ばない」と、徐々にモラハラ化していったという。これは兄も認めている。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

135: 名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土)23:04:49 ID:wP4
高校時代に世話になった先生が、定年退職後にカフェを開いた
もともと人権意識が高くて障害者福祉や動物愛護に関する活動をしていた人で
なおかつ芸術に関してもかなりの教養がある
カフェもそういった分野に関わる人たちの憩いの場になればという趣旨のもの
ただお店の構想を見たときに、それ以外の一般人には敷居が高く感じられるだろうなと
思われるものだった

いざ開業してみると、やはり一般のお客さんには入りづらい感じになった
おかげで駅近なのに、平日は閑古鳥が鳴いている
レビューサイトにも「居心地が悪い」と書き込まれることがあった

高校OBや現役生はなるべく足を運ぶようにしたけど、平日は皆仕事や学校があるので
どうしても土日にしか行けない
しかもその高校は県外に進学する子が多かったので、次第にOBたちも来なくなった
現役生は試験勉強で忙しいし、先生の教師時代を知らないので、そこまで義理立てする
気持ちにもならなかったようで、やはり足が遠のいた

そのうち「お客さんが少ない」「赤字がつらい」と先生がFacebookに投稿するようになった
見かねたOB(飲食経営に詳しい人)が、一見さんでも入りやすいお店作りをアドバイスしたが
結局先生は最初の方向性を手放せず、そのOBとも喧嘩別れしてしまった


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

656: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:30:41 ID:W0d
私は三人兄妹の末っ子で次女。(兄 姉 私)
一年ほど前に兄が姉宅に凸し、ありもしない姉の不倫話を姉旦那にぶちまけて修羅場になった。

私たち兄妹は父子家庭だった。私が1歳、姉が3歳、兄が4歳のときに母は他界。
以来男手で育てられたんだけど、父は典型的な男age女sage思考だった。
兄は実際に何でもできる天才肌で姉と私はこれといって秀でたところは無かったから、余計に父は兄と私達を差別。
兄の性格も歪みまくって、随分と意地悪された。怪我を負わされたこともある。
兄が媚び売れば、黒も白になる。理不尽な仕打ちは慣れっこだった。
成長するにつれて兄は更に威張り散らすクソ男になっていった。姉は家庭環境に耐えられず、家出を繰り返し、ヤンキーに。
私は常に父の顔色を伺う暗い人間になった。友達も出来なかった。今で言う陰キャってやつ。
かなり暗い人間だったが、苛められる事は無かった。
私の後ろには姉の影がチラついていたから。姉にはすごくお世話になった。姉は年がら年中非行を繰り返していたけど、妹である私には優しかった。
姉のおかげで、自分に自信を持てるようになり、少なかったけど友達ができた。少なくとも学校生活が苦しくなる事はなくなった。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ