必見!オススメ人気記事

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

738: 愛とシの名無しさん 2007/11/27(火) 22:20:41
空気読まずにマジ不幸ネタ 

披露宴で新郎友人が余興の後、新郎に内緒でみんなで胴上げする予定だった 
ところが、何も聞いていなかった新郎はいきなり襲い掛かってきた友人に驚いてマジ逃げ 
高砂から落ち、そこにケーキカット用のケーキが倒れこみ顔面直撃 
新郎は眼鏡を掛けていたんだけど、それが粉々になり顔が血まみれに… 
その後、何がどう決まったのかは知らないけれど、新婦のみの披露宴が行われたがまったく盛り上がらなかった 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

890: 名無しさん@おーぷん 2018/12/24(月)16:01:39 ID:qYE
めちゃくちゃ長いし下らない話だから読み飛ばして下さい。単なる愚痴です
結論から言うと店員のミス&ミスを誤魔化すための店員の嘘が原因で警察巻き込む事態になった

当方4月に新卒で都内に越してきた
仕事や初めての独り暮らしが慣れず忙しない生活を送ってたけど、最近になってやっと余裕が生まれた
それで東京を探索してみたくなって、12月22日の22時頃、六本木にあるナイトクラブに行ってみた
友達も誘おうと思ったけど固い子が多く気が引けたので単身乗り込んだ
日付は回って23日の1時頃、お手洗いの順番を待ってたら、突如黒人店員に肩を激しく掴まれた
そのまま引きずられて店外に突き飛ばされた
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

537: 名無しさん@おーぷん 2019/01/06(日)00:52:31 ID:z4G
昔万引きした少年を店の店員が追いかけてたら少年が事故シしてしまった事件があったんだけど
その追いかけた店員がいたお店には抗議の電話がサッ到して、ウチの母もその中の一人で参加していた
何でも被害者の少年に近い人がリーダーとなって抗議グループみたいなのを作っており
母も人に誘われ入ってやっていたらしい
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

934: 愛とシの名無しさん 2017/03/19(日) 16:34:09.21 ID:4aS+e22Xp.net
新婦の友人として出席した式だけど。 

親戚(見た目は新婦と年近い?)席次表から席札から何から名前の漢字を間違えられて激怒してた…親戚も名前を知ってるから名前間違ってるよね?とかヒソヒソされてた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

514: 名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金)20:29:32 ID:8uw
夜勤明けでちょっと縁の遠い親戚の葬式に出席した。
90才オーバーの大往生の人の葬式。
俺が誰なのか知ってる人が葬式会場に誰もいないかもしれない
ってくらいくらいの遠い関係。
親とセットで行けばあぁ、あの人の息子さんかで
納得してもらえそうな感じの関係。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

931: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/25(金) 20:15:30.71 ID:3KAN41FU
事故シした嫁さんの幽霊が出て来た事 
それが透けてもなくてごく普通に生きてる人間みたいだった事 
こういう幻覚を数ヶ月も見つつ普通に暮らしてた事 
病院に行ったら見れなくなると思って必シで隠してた事 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

648: 名無しさん@HOME 2017/06/18(日) 12:59:23.13
夫の前妻に、子供をとられそうになったときが修羅場。 
幼稚園バスのお迎えをしていたら、全く知らない女がつかつか寄ってきて、一人寄越して!って、
息子の腕を引っ張った。 
近所の人が通報してくれ、すぐに警察もきて事情聴取。女は、夫の前妻だった。 
結婚してから、子供はいらないと言い始めた前妻と、子供のほしい夫の話し合いは平行線で、
結局別れたと聞いていた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

671: 本当にあった怖い名無し 2010/07/20(火) 15:45:39 ID:o8rCxFmVO
最初に書いておく。拙い文章でスマソ 

仕事で山合いの国道を走行中、道路工事で片側交互通行に出くわした時の出来事。 

停車してる間、何台も連なる対向車の流れを眺めてると後方から衝突音が響いた。 
車を降りて見ると、すぐ後ろに停まっていた軽自動車が軽トラックに衝突されていた。 
軽の女性が車から降り、軽トラのおばちゃんに降りるよう促すも、おばちゃんは正面を見据えたまま微動だもしない様子。 
続きを読む

このページのトップヘ

×