必見!オススメ人気記事

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

733: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)21:49:35 ID:gxT
自分の人生をむちゃくちゃにされた。

大学生のときから付き合っていた年下の彼氏と結婚という話になった時、彼氏は婿養子として来ることになりました。
旦那が24歳、私が26歳の時です。
私は地方の農家の一人娘で、彼も同じ県内の別の地方の農家の子供で次男でした。
農家なので、そんな彼と私の実家の利害は一致したらしく、(本人は嫌だったらしいですが)婿養子として私の家に来ること、行くことに歓迎されていました。
それに彼は大学で農業のことも勉強していたので、両方の実家からは何も反対はされませんでした。
私は自分のしたい仕事をしていましたし、彼も会社に勤めながら兼業という形で、私の実家の農業を手伝う事になりました。
しかし、結婚して一ヶ月後に突然辞令が出て、非隣接県に単身赴任することになりました。私にべったりだった夫は最初残念がったのですが、連れていくことも出来なかったので、連絡するからと赴任先に行きました。
赴任先は忙しく、旦那に言ったようにはなかなか連絡を取ることは出来ませんでした。だいたい一ヶ月に1度2度くらいだったと思います。しかし、いくら連絡しても旦那は家にいませんでした。
携帯に連絡しても電波が悪いので全く繋がらなかったですし、家にはいつ電話しても、
「(夜ならば)もう寝てしまった」「(土日祝など休みの日なら)会社から呼び出しがあったみたい」「(Wi-Fiを家につけて欲しいといえば)そんな難しいことわからない」
と両親に言われて、旦那の声を聞けることはほぼ無かったです。
いつ電話しても、家にいないので浮気でもしてるのかな?と思い、興信所に調査を頼みました。頼んだのは実家が農作業で忙しくならない時期だったので、
頼んだ時(忙しくない時期)と農作業で忙しい頃の2回を頼んで一括で報告してもらう事にしました。
報告の結果は、浮気の様子は全くないとのことで、
「平日は真っ直ぐ家に帰っている。休日は、自分の家や近隣の農家の手伝いを朝から夜までしている。繁忙期は農作業に勤しんでいる。」
ということでした。
報告自体は一安心だったのですが、写真の旦那があまりにも痩せているように見えたので、何とか時間を作って、1度実家に黙って帰ることにしました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 19:25:31.68 ID:k9XWgJYn.net
一昨日二才の子ども連れて車でコンビニに行った 
用を済ませて車に戻りカギを開け、子どもをチャイルドシートに乗せるのに嫌がって暴れるので邪魔にならないよう荷物とカギを運転席に置いて、なんとかチャイルドシートに乗せた 
やれやれと思いドアを閉めたら、その瞬間なぜかすべてのドアがロックされてしまった 
慌ててガチャガチャやっても開かない 
カギから携帯から全ての荷物は車の中だし、子どもは自力でカギを開けられない、話もたいして通じない 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

365: 名無しさん@おーぷん 2017/02/12(日)00:25:51 ID:TcW
元婚約者と妹がアホ過ぎて家族を巻き込んで自爆した話。

文才がないから箇条書き多め。
結婚板か、修羅場か、因果応報系か、どこに書き込むのか悩んだ。
スレチだったらごめんなさい。

・私三人兄弟長女。私、弟、妹。
・五年前に会社の後輩と婚約。
・結納、挙式の手配、仲人(職場上司)とすべて済んで挙式の日を指折り数えていた。
・元婚約者の両親は海外暮らし。結婚が決まった時に一度ご挨拶に伺ったきり。
・七つ下の妹が婚約者の子を妊娠したことで破談。
・守銭奴呼ばわりされつつ双方から慰謝料を毟りとった。
・このとき、両親が妹の妊娠を理由に「譲ってやれ」と主張したため両親とも絶縁。
・四つ下の弟がまともに付き合ってられんと私に便乗し絶縁。
・婚約破棄になった経緯を含めて、仲人をお願いしていた上司や招待していた全員に報告したことから会社中に広まる。

ここからが元婚約者と妹のアホなところ。

何と私と元婚約者で整えていた挙式の段取りを、新婦だけ変更してそのまま行った。
(招待状すら出しなおしていない)
同僚経由でそれを聞かされた時の私の心境は「……マジ?」だった。
正気か、という意味で。
慰謝料の一環で式場その他のキャンセル料は元婚約者負担になっていたから、嫁だけ変更すればキャンセル料払わなくていいじゃん!的なノリ(?)だった。


当然、式場は修羅場化。
この挙式に事情を知り、妹同級生で私の後輩にあたる人物(彼女は妹の招待を受けた。姉のほうが私から招待状を受け取っていた)が怖い物見たさでwktkしつつ参列したので伝え聞いた話をそのまま晒す。
自分が直接見たわけではないので、トンチンカンなところがあっても見逃してください。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

197: 名無しさん@HOME 2011/12/24(土) 20:18:43.63
ほぼ一年ぐらい前の話。 
まだ結婚前で、義実家予定だったトメとコトメに水をぶっかけ、外に蹴り出した。 
積もってた雪の中に顔面を何度も押し付けながら怒鳴り付けてたら、顔が軽い凍傷になったとか。 

彼の実家に挨拶に行ったら、コートも着てない上半身はだかの子が震えてた。 
何事と思ったら、彼はコトメの子で。こういう虐待はわりとあったらしく。 
彼がしめてもどこ吹く風、子供を避難させれば警察が彼を捕まえるという状態(誘拐になるんだと) 
今回も、預けてあった親戚の家からコトメが勝手に連れ帰ってきたらしい。 
で、上記の大暴れに至り。通報されたけど、来た警官にも大説教かました。 
「はだかで雪の中放り出す実母と一緒のほうが幸せってアホかあんたーっ!」 
近所中に響きわたるような声で絶叫した。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

434: 恋人は名無しさん 2007/12/16(日) 23:18:39 ID:KxYuuo+40
身元バレが怖いんで簡単に書くね。 

家系的な事と子供のころの病気その他諸々で若い頃、自分のせいしを調べた事がありました。 
んで結果は・・・・・ほとんど無せいし状態で子供を作る事は無理なのが判明。 
一時ちょっとばかり鬱になったけどその後は割り切って生きてました。 
それから何年も経ち就職して中年に入りかけたある時。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

565: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/13(土) 17:00:49.38
気団卒業だあああああ 
まさか俺が赤い彗星の名言を口にしながら離婚できるとは思いもしなかったぜ

566: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/13(土) 17:01:22.68
ということで卒業記念カキコ 
浮気するクソもその子供もくたばってくれ〜
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/04(土) 10:51:09.77 ID:aOZvdgvW
今まで生きてきて一番の修羅場は新婚旅行から帰ってきた日。 
地元の空港に到着したら私と夫の双方の両親が迎えにきていた。 
到着便は教えてあったけど、迎えにくる予定はなかったし 
正直疲れてるからさっさとタクシーででも新居に向かいたかったのに。 
けど、そんなどころじゃなかった。 
当時は携帯電話が無かったし、新婚旅行先でニュースなんて見なかったし 
全然知らなかったのだが、私らが浮かれている間に地元を台風が直撃していた。 
私たちの新居のそばを流れている川が氾濫して2階建ての戸建て新居の1階部分が床上浸水。 
川がやばいらしいと聞いて双方の両親が新居に集合し、 
1階の荷物を2階に移動させようとしたらしいが 
そんな時間もないぐらいアッと言う間だったらしい。 
婚礼家具アウト、テレビもアウト、冷蔵庫などのキッチン家電も食器棚もその中の物もアウト、 
シューズボックスも靴も全てアウト、清々しいほどに1階の荷物は全てアウト。 
空港でそれを聞いたとき、旦那と私、爆笑してしまった。 
人間ショックがでかいと笑うって本当だねw 
少しでも“望み”があるとそれにすがってしまうけど、 
こうまでやられてしまうと案外サクッと気持ちが切り替えられるみたい。 
とりあえず新居を見に行って、そのあとそれぞれの実家に泊まることになった。 
本来なら田舎のことだから結婚した以上義実家に行くべきなんだろうけど 
義父母がいい人で、好きにさせてくれた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

36: 名無しさん@HOME 2011/11/17(木) 14:31:21.21
先週旦那の実家で夕食をご馳走になりました。 
旦那両親、旦那姉夫妻、旦那はお寿司だったのに私だけふりかけご飯でした。 
その事で旦那に抗議すると‘母さんが注文数間違えただけ’とか‘出されたものケチを付けるとか卑しい’とか‘べつに俺達はお客様で実家に行った訳ではない’とか言われてイライラします。 
ふりかけご飯は食べずにその場で帰りました。 
口下手な私はどう伝えたらモヤモヤした気持ちを旦那にわかってもらえますか? 
続きを読む

このページのトップヘ