スポンサードリンク

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
c9282739

296: 名無しさん@HOME 2012/07/26(木) 15:43:29.34 0

義ばっかりで申し訳ない。

義父の姉(以下A)は、ちょっとおかしい人だった。
義父と義母が結婚するとき、義母をいびり、絶縁。
義兄が結婚するときにも、影で義兄のお嫁さんをいびっていたことが発覚し、
義父と義兄は激怒。その後も徹底的にAの存在を排除してきたらしい。
これが、結婚前に夫から聞かされていた話。
だから私はAとは全く接触せず、のほほんと過ごしてきた。

ある日義両親と義兄夫婦、夫と私で食事をしていたとき、Aが突撃。

Aの後ろには、スーツ姿の男性がいた。
叫ぶ義母、過呼吸になる義兄妻。怒鳴る義父・義兄・夫。
私はもちろんAの顔も知らなかったので、ただただ驚くだけ。
男性陣が力ずくでAを追い出そうとするが、
Aは奇声をあげながら、手に持っていた封筒から写真をばら撒いた。

そして、義兄妻の背中をさする私を指差して、
「みんなだまされてる!あいつは浮気してるのに!
という類のことを叫んだ。

続きます


スポンサードリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
altra75-fi


266: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/05(水) 16:11:45.32 ID:xjVWgE81

もう五年前くらいの出来事、当時私は高校生だった。

向かいには私よりひとつ下の女の子A子がいる家があって、家族ぐるみで仲が良かった。
幼い頃から一緒だったし、姉妹みたいなもんだったと思う。

私が中学時代に同級生に苛められた時も、A子は毎日校門の前で待っててくれて
一緒に帰ってくれたり、心が優しくて、苛められっ子の先輩と一緒にいるなんて
恥ずかしいなんてチラとも考えない子だった。

で、そのA子の父母は、私が小学校の頃から仲が悪くてA父は絵に描いたようなDV夫だった。
A母はよくうちの裏の庭に逃げてきてて、
ある夏はひまわり花壇の真ん中で血だらけで号泣してたりしてた。

高校に上がると私は公立校、家が裕福だったA子は少し遠方の女子校へと通った。

高校は勉強がすごく厳しくて、塾にも通いはじめたのでA子とはあまり会えない日がつづいたある夜、
家の前の道からギャー!と叫び声が聞こえて、出てみるとA母がまた血だらけで走ってて、
その後ろをA父が「どうしたんだ?落ち着けよー」と笑いながら追いかけていた。

ものすごく怖くて私は腰を抜かしてたんだけど、うちの父がA父を殴り飛ばして、
A母をうちに引きずり込んだ。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kaigo

11: 可愛い奥様 2013/05/27(月) 00:12:42.09 ID:E5Z+zs970

私の墓まで持っていく秘密は、数年前に舅を見ごろしにした事。

ぶっちゃけエグい舅で、不労収入が月200万以上あるので
人生80年間、やりたい放題の傍若無人。
姑さんは元より、旦那の仕事の都合でどうしても同居となった私に対しても
僕の如く仕えることを当然のように要求されてビックリしたよ。

こういう人なので友人は殆どいず、結婚した娘(義妹)ですら
嫌って結婚後、一度も里帰りしない体たらく。

結構、泣きの涙の仕打ちも受けたが、お金に対してだけは 鷹揚で
舅名義の通帳を自由に使わせてもらったし(但し常識の範囲内で)、
旦那が入れる生活費と合わせて金銭的には不自由は無かったので
周りから「あの舅さんに合わせられるなんてスゴイ!」と言われながらも
十年間同居してきたが、その舅が脳溢血でほぼ寝たきりに。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d0140003_1734669

436: 恋人は名無しさん 2011/09/23(金) 22:49:01.69 ID:zsdi3IN/0

地域特定されそうだから、ところどころぼかしつつ投下。

うちの近所には大きな市場があって
みんな買い物にはスーパーじゃなくその市場に来てました。
Aさんはいつもベビーカーを押して来場。
ベビーカーには本物の子どもじゃなくて人形が乗ってます。

Aさんは15年くらい前に不幸な事件で子どもをなくして以来
ベビーカーに人形を乗せて来るようになったんだけど
その他のことではまったく普通だし、いつもにこやかないい人だから
みんなそのことには触れず
Aさんと挨拶したり立ち話したりしていました。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1_repair_before

49: 名無しの心子知らず 2007/04/13(金) 12:33:28 ID:tvrCGZx1

ケータイから失礼します
相談に乗って下さい
スレチだったらすいませんm(__)m

昨日Aママから聞いた話なんですがBママにDVDを貸して貰って返した後
Bママに、貸したDVDに傷があったと言われて「同じ物を買って返す」と謝ったところ
「悪いから半額でいい」と言われ現金で半額分のお金を払ったそうです

ここまでなら問題はないのですが

Aママの話で発覚したことが…Aママが今回借りたDVDは
半年くらい前に私がBママに借りて同じように返した後「傷がある」と言われ、
同じように「同じものを買って返す」と言い、「半額でいい」と言われて半額払ったものだったのです

傷の場所など確認したところ一致していたしAママも私も
傷がつくような事をした覚えがなかったのでBママの言い掛かりかなと思いました

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
141123_af9920067038w

262: 彼氏いない歴774年 2009/06/14 04:04:39 ID:YB1yEvpO

父の会社事実上倒産

父、知り合いのインチキ野郎に「800万の保証人になって」と騙されて7000万の保証人に。
インチキ野郎滞納、父に請求が来る。
苦し紛れにじいさんばあさんがくれた土地を売る
家を失わないために使ってもいない7000万をちまちま支払うはめに。
使ってもいない7000万のために、節約生活
使ってもいない7000万のために母パートへ出る。

父が死んだらうちら家なきこになる。

インチキ野郎はインチキ商売続行中。
インチキ野郎とその妻は娘に仕送りしてる。
娘は東京で贅沢三昧(ブログで確認済み)
娘はちょっとした有名人で超かわいい。


どいつもこいつも地獄へ落ちろ

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8871207d039765fcc965ef3a28c19b32

548: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)19:21:54 ID:zSQvKVaUe

昔の話だけど、中学生の時に近所の親戚(高校生)が
お風呂とかトイレとか覗いてくるようになった

当時私はすごいシャイで親にも相談できなかった
お湯とかかけても平気で、窓閉めても開けて覗いてきた(鍵は無かった)
着ているものまで盗まれるようになった(これは犯人はわからないけど)

お風呂の時間をずらしても高確率で覗きに来るし、どうしようもなくなって、
辛いもの好きの親が作ってた唐辛子を漬けた液体を窓枠に大量に塗っておいた
窓を少し隙かせておいて湯気で乾かないようにしておいた

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
87629621-woman-breaking-up-with-man-at-restaurant

867: 恋人は名無しさん 2010/01/29(金) 00:16:49 ID:pQI1yqbE0

終わりっぽいので書く。

付き合って1年ほどの彼と結婚の話になった。

彼はバツイチで前妻が浮気して出て行き、子供はいない。
彼の両親もとても控え目でおとなしくて優しい方々、
常々「前妻さんがあんな事になったから、息子は女性に対して警戒しちゃって…
それでもあなたと結婚したいと言う位だから、あなたは本当に良い方なのね」
と言ってくれる。

家の両親はバツイチと言う事と、年が離れている事で反対はしていたが、
彼はとても優しく、家の父と趣味が合い、母をいたわるので結局は許された。

では結納を…となり、それに先だって両家集まっての話しあいの場に彼妹が来た。
彼妹はDQNで彼両親の悩みの種だと言う。
学生の頃から家にも寄りつかず、虚言癖があり、金遣いが荒く、23なのにまだ反抗期の様な人。

でも彼はそんな彼妹から守ってくれると宣言していた。
絶対に私に苦労はさせないって。
彼両親も彼も妹に席をはずすように言うが、彼妹は座った。

半ば立ち上がりかける彼を尻目に
「こんにちは、はじめまして彼妹と申します」と丁寧に挨拶され、こっちも挨拶を返そうとしたら

「通算3人目の義理のお姉さんですね。
こんな無職で、×2で、子供5人居て、その養育費も払ってなくて、
離婚原因は浮気とDVと借金と嫁イビリとのスペシャルコンボな
中卒兄と結婚してくれるんですね」


え?子供?×2?無職?と驚いてたら、
彼母「妹ちゃん、またそんなウソを!」
彼父「お前はどこまで!」
彼「いい加減にしろ!自分が不幸だからって人の幸せを壊そうとするな!」
と怒りだした。

スポンサードリンク
続きを読む

このページのトップヘ