スポンサードリンク

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
cap182


898: 愛と死の名無しさん 2011/04/10 01:55:04

友人(新婦)が高校時代の先生と結婚式を挙げたときのこと。

二人は教師と生徒の関係だった頃から付き合っていて、
友人が短大を卒業した年に式を挙げた。
 
披露宴には、ありがちだが歌を贈るために新郎のクラスの生徒たちが来ていた。
定番のてんとう虫のサンバの後、それぞれが色の違うポンポンを持って
「祝」の字を作るなどいかにも高校生らしいお祝いをしてほのぼのだったが、
〆の挨拶にマイクをとった子(牧瀬里穂似だった)がいきなり泣き出し

「ごめんなさい先生、私やっぱり先生のこと好きです。結婚しても諦められません!」
としゃがみ込んだところで空気が一変。
スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
product_img_f_2536912


915: 名無しさん@HOME 2007/11/01(木) 19:45:39
気が強くて嫌な事には逆らう嫁の私が気に入らないヒステリー持ちのトメ。
旦那やウトのいない所で腐った飯や服捨て等テンプレ一通りの事はやってくれました。

ウトは飲み会、旦那が2ヶ月の研修中で家の中には私とトメの二人だけの時にやったDQ返しです。
仕事で遅くなったためご飯だけ炊いて出来合いの総菜や揚げ物で済ませようとしたら、トメがフラダンスから帰ってきた。

自分は趣味でいなかった事を棚上げして手抜きだとか体に悪いとか言いたい放題してくれたので、面倒くさくてハイハイと聞き流してたらトメのヒステリーが発症。

いつもは無視するけどその時は何故か素直に言うことを聞いてみようかと思いました。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
gc_gpa1Image20081226120127

805: 1/3 2009/03/13(金) 21:27:49 0

娘の立場でのエネ夫語りなので、ウザかったらすみません。
私の血縁上の父がエネミーでした。

ウトメと同居し、嫁いびりが激しかったため離婚したらしいのですが、
当時3歳だったため記憶にありません。母も語りたがらない。
そのため、父には別に思うところもなく会っていました。
一対一であってる限り、やさしいお父さんだったし。

高校1年生のとき、父から父実家へ遊びに来ないかという打診があった。
「田植えの時期だから、手伝いがてら泊まっていったら?
農家の仕事がどんなものか見てみるのも面白いかもよ?」
と言われ、うっかりその気になってしまったのが間違いでした。

母のやめときなさいと言う忠告を聞いておくべきだった。
当時、新しい父に反発を覚えていた私は、あてつけのように父実家に行きました。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bac06e53

971: 恋人は名無しさん 2012/06/01(金) 13:15:39.63 ID:x1+Zlkp/0
人生のおける修羅場は二度しかない
2度目は今彼と元カノの軽い修羅場なのでそれを書いてみる


文章下手なので簡単に時系列にまとめてスマン

元カノは彼にラブラブで、元カノ両親も彼を気に入って
娘が免許もってないのに車をデート用にと買ってくれたりした

1年ほどで元カノが重くなってきて距離を置きだす

別れ話をするが彼女が聞き入れずダラダラ距離おき期間が延びる

私と知り合う(当初は友達)

再度別れ話をして正式に別れる

私と付き合いだす

元カノから私や私の実家に対する嫌がらせが開始
(嫌がらせ電話・ピザや寿司のを勝手に注文事件・郵便受けに虫とかマヨネーズ投入事件)

彼の方にも彼女からよりを戻そうと連絡が来る
同時期に彼の母親のところに元カノ父が訪れ、よりを戻すよう説得して欲しいと頼まれる
彼妹に元カノから突然「友達になりたいな~」とメールが届く(アドレスは教えていない)

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
6JRg2

33: 名無しさん@HOME 2007/10/25(木) 08:42:16
ここ3日間、トメ飯作ってません。

「まずい」「ひどい」「食べられたもんじゃない」など嫌味を言われ続けたんですが、
「色々おっしゃいますが、夫さんもウトさんも大喜びで食べてくださいますし、
トメさんだっていつもいつも全部召し上がりますね」と言い返したら
切れたトメに作った物を流しに捨てられました。
これが三日前。

ウトと夫はこれまでも何度も何度も〆ていたんだけれど、それが余計に癪に障るみたい。
だけどさすがにウトも夫も怒った。
怒られて泣きながら謝ってきたんで許す。
……わけねーだろボケが。

とりあえず朝3人分出して、あまったご飯は冷凍、味噌汁は捨てておかずも3人分。
みんなポカンとしてたけど私は知らん顔。トメはまだ前日怒られたのが効いてるのでひっこむ。
お昼はパートに、夜はハンバーグを3個だけ作る。ウトと夫は静かに激怒する私に恐れをなしてた。
次の日トメは自主的に部屋から出てこない。なので普通に食事。
夜はうなぎを3人前とって食べる。

さすがにウトと夫に「もう許してあげて」と言われるが知りません。
謝られて許す、そしてまた同じ事を何度も何度も繰り返す、また怒られて謝ってくる、許す、また同じ(ry
の無限ループだった同居生活のツケ。

それを静かに言って「私があと何回同じ事されてたらあなたは気が済むの?」コレで黙る二人。
夫にとっては母親だからどっかで「あのお母さんは悪い人じゃない」って思ってるのよね。
「悪い人じゃないよ、いい人だよ。夫にとってだけね。
まだ出会って4年、夫を介して紙の上で義理の親子になっただけの他人にそんな事しておいて、
長年一緒に暮らした家族みたいに、何となくわだかまりも解けると思ったら大間違いです」
そして淡々と3人分の食事を出し続けてる。

トメは私を見るとコソコソと逃げていって、ご飯も自分で何とかしてるみたい。
すごく感情的になるタイプの人だから、私みたいに静かに怒り狂うタイプは苦手のようだ。


 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
photo_01


202: その1 2007/10/23(火) 09:19:56
ちょっと前の自分の式であった話。兄のスカになるかと思う。
夫実家は超田舎で昔のムラ意識みたいのが健在だった。

夫実家が希望した式での長唄と演歌のカラオケ・伝統芸能・村長村議の祝辞、
ご近所さんや義父義祖父仕事関係招待なんかを私と夫は軒並み断り、
割とシンプルな(夫実家からすると結婚式と言えるのか怪しい)式をした。

式が進むに連れて酔っ払った夫側親戚からの嫁批判、嫁実家批判がけっこう聞こえてきたそうな。
最初は私の実家側も大人しく言われるままにしてたらしいんだけど、
あまりの悪口三昧についに耐えられなくなった兄がお色直しの間に

「女の学歴が高いと何がいけないのか理論的に説明してください」
「妹の顔をブスだと評価してますけど、ご自身の奥様や娘さんの顔はどう評価してますか?」
「こういう席でそういう態度をとることがそちらの地方では大人の態度ですか?」
「妹のことをアバズレ呼ばわりしてましたが、何か真実に基づく根拠があって仰ってますか?
誹謗中傷でそういうことを言うと、最近では裁判沙汰になることはご存知ですよね?」
とか、夫親戚の所に行って質問攻めにしたらしい。

夫親戚は最初色々威勢良く言い返したりしたらしいんだけど、
その度に兄がものすごい勢いで反論して最終的には全員黙ってしまったとのこと。

式後に夫両親と親戚一同から「すみませんでした。どうか許してください」と謝られて、
緊張のあまり悪口なんか聞こえてなかった私と夫はポカーンとしてしまった。

 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_ef83909cf359a7846106d07af5b2e537175310


894: 名無しさん@HOME 2013/10/31(木) 18:19:18
婚約まで行った彼女と別れることになった

理由は同窓会で再開した男を好きになったからだそうだ
話し合いになるも結局修羅場になり
アパートを飛び出していった彼女は
その男の家で同棲を開始その後連絡がとれなくなる

共通の友人に相談して説得してもらうも
「彼女の意思が強すぎ、もうあきらめた方がいい」
と逆に説教される
他の友人にいっても同じよういわれて泣く泣く別れた

当時殆どの知り合いは彼女の豹変に怒ったりしていた
しばらくしてその男と彼女は結婚することとなった
俺との事情を知っている友人も呼ばれて出席したが
「相手の男は社長でイケメンで金持ちだから仕方がない」
といわれた

女友達からも
「私が同じ立場だったら彼女と同じ行動してると思うwww」
とまでいわれた時には
もう結婚なんてしなくていいいやと思うようになった

 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IPR_3517kaijou

83: 愛と死の名無しさん 2013/07/17(水) 09:30:36.12

吐き出させて下さい。私の過去の話です。

彼とは私が大学生の時に合コンで出会いました。
彼は勤務先も良くルックスも良く、交際は順調でした。

しかし交際中、彼はあまり私を彼の両親に会わせてくれませんでした。
私に問題があるのかなと思っていたのですが、それはきっと、
全く違う理由からの事であったと、今なら分かる気がします。

しかし私は、結婚後の事まで考えると、
どうしても挨拶は済ませておきたかったので、結果的には挨拶へ行きました。

彼の家族はとても私を歓迎してくれました。
特に彼のご両親は涙を流して喜んでくれたほどです。

そして話は進み、結婚式の当日になりました。
その日に意味が分かりました。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ