スポンサードリンク

カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1c43e3bed755c3d0b1324a97bcc77351-300x199

309: 恋人は名無しさん 2010/11/06(土) 20:18:13 ID:f9MxZSUu0
俺…弟の兄でカノ子の彼氏。フツメン。社会人 
弟…俺の弟。4つ下。超イケメンだが女が苦手。 

うちは父兄弟と男しかいない家庭。 
母は離婚してかなり前にいなくなり再婚済。ウチとは現在交流なし。 

離婚原因は色々あるけど(母側に) 
母は全部弟の発達障害のせいにして非を認めず慰謝料をブッチして去った。 
ただでさえガラスハートの弟は母の言葉を真に受けて傷つき 
一時期登校拒否になり、もともと女子が苦手だったところに 
そのトラウマで、完全に女が苦手になってしまった。 

ちなみに「もともと苦手だった」のは偏見という意味ではなく「察すること」が健常児のようにできない 
発達障害児にとって、女の子の言動はわかりにくいことが多いためです。 
さらに言うと弟は同性愛者ではなく性的には普通です。
スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
resize

861: 愛と死の名無しさん 2013/06/21(金) 20:36:51

結婚式の「健やかなる時も病める時も〜」の誓いで
新婦が「やっぱり○○君と結婚したかった」と言い出し、
その○○君は新婦の事何とも思ってなかったからパニックになり
「新婦さんの事なんか好きでも何でも無いから!!」とはっきり言ってしまい、
新婦が半狂乱になり、それを何とか止めようとした新郎が殴られた
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
gamecenter1216

497: 名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 22:06:32

俺が高校の頃のDQN系な話。そういうのが嫌いな人はスルーしてね
中学の頃によく遊んでいたヤンキー達とも高校生になって、少し疎遠になってきた頃

ある日、溜まり場だった近所のゲーセンで
時間を潰してたら後から二人組A&Bに声をかけられた
A「お前、吉田(仮)だよな?」
俺「そうだけど?」
A「ちょっと顔かせよ、外で話しようぜ」
明らかにヤバい雰囲気と、二人のもろにヤンキーな見た目でビビる俺
「なんで?」「いいからこいよ、そこの駐車場だから」みたいな話が続いたが、結局外に出る事に

駐車場に着くと話し始める二人
B「お前人の女に手出してんじゃねーぞコラ!」
俺「え??は?俺今彼女いないんだけども・・・?」
A&B「え?お前C子と付き合ってるんだろうが?」
この辺りで何となく話が読めてきた俺
俺「いやいやいやいや、俺じゃないw今C子と付き合ってるのは高田(仮)、俺は吉田(仮)OK?」
どうやら同じ同級生の高田(仮)と間違われたらしい

確かにちょっと名前が似てたけど、普通間違えるか?wとも思ったけど
今から考えたら、危険な雰囲気を察したC子にスケープゴートとして使われたのかも
A&B「え?マジで?悪かった、ゴメンなw」

誤解も溶けて第三者になった事で、この修羅場の雰囲気が楽しくなってきてテンションが上がる俺
A「じゃあさ、ここに高田(仮)呼び出してくれよ」
と言われたが、テンションが上がってきたとはいえ
流石に友達を売るわけにもいかず断る俺

A「あーわかったわかった、じゃあDも連れてこいよ。D兄とか『関係ねぇし』」
このDというのが、同級生のリーダー格。D兄は暴走族上がりの893で
近所のヤンキーの顔役みたいな感じ

A&Bは別の地域の人間らしく、D兄の噂は知っているものの、繋がりはまったくなかった
俺「OK、じゃあDに電話して伝えるわ」
今後の展開を想像してwktkしながらDに電話し、状況を伝える俺
俺「・・・・という事で、Dも連れてこいって、D兄なんて『怖くねぇ』って言ってる感じなんだけど」
D「あー・・・・わかったわ」
テンションが上がって若干言い回し的に盛る俺

その日はこれ以上何もなさそうなので解散する俺AB
この事が後の修羅場に繋がるとは思いもしなかったのである
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
080130170458_0

19: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/29(木) 14:46:35.38 ID:zri3qXrf
プチだけど投下 

早朝起きてしまってする事もなかったのでコンビニへ 
朝ご飯買いがてら立ち読みしたり結局一時間位経過 
コンビニは徒歩二分くらいなので防犯意識薄いと言われてしまうだろうけど鍵をかけずお財布だけもって出掛けてしまっていた 

続きます

21: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/29(木) 14:51:42.52 ID:1reEotE9
ちんたら家に帰ってドアノブ回してびっくり鍵がかかっている、、、 

そこからパニック、うちは二階なので建物裏にあった長い脚立持ってきて窓から侵入試みるも届かなく失敗(北国地方都市なのでエアコン装備されてなく夏場は窓開けて寝てます) 

仕方ないなとコンビニまで戻り公衆電話から鍵の24時間対応してる業者に電話しようとタウンページ捲りつつふと思った 

続きます 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2db140a9

58: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/30(金) 15:03:18.13 ID:2NMFsVHh
私も昔一人暮らしで寝てた時に入られたことがある。 

当時ワンルームの部屋に住んでいた。 
玄関開けたら廊下があって、真ん前に5歩くらいでユニットバス、右に折れて1歩で部屋という間取り。 
そして当時は片付けはしない、洗濯は思いついた時に部屋と廊下から拾い集めて洗うという生活。 
泥が入っても貴重品を見付け出すことなんて不可能なほど荒れた部屋でした。 
(これを片付けたときも結構修羅場でしたが、それは別の話。今は結婚もしてキレイを保ってます) 

部屋の電気を消して真っ暗にしないと眠れないので、その日も真っ暗にして寝てました。 
深夜2時半ごろ(あとで時計を見て知った)違和感を感じて目が覚めた。 
すると、廊下の電気がついている。ユニットバスもついてる。 
しばらく考えこみ消し忘れたかと思って記憶を辿ったが、いやいや付けっ放しじゃ眠れないじゃんと気づいた。 
息を殺して耳を澄ますとユニットバスでコソっと音がした。 
誰かいるなと感じて、刃物はどこに置いたか考えた。 
包丁はシンクの中で食器に埋れてる。 
寝床の横のPCデスクにカッターがあったと思つき、「ダレ?!」とあえてもっすごいドスを聞かせて叫んでみた。 
そのままデスクに手を伸ばし、カッターを持ち廊下へ。 
叫んだ瞬間、誰かがユニットバスから玄関扉へダダダっと走った。 
カッターを構えて「待てやゴルァ!!」と廊下で叫んだら、出ていった扉が少し開いて侵入者が隙間から覗き込み、話しかけてきた。 
泥「カギあいてたから入らせて貰ってん。悪気はなかってん。」 
私「あいてて悪気なかったら入っていいんかい!」 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o05050300120305binet

160: 恋人は名無しさん 2006/02/15(水) 17:32:57

ある日友達にメールでファミレスに呼び出され、
不思議に思いつつも行ってみると友達とその彼氏がいました。

友達は見たこともないような怖い顔で
私を睨みつけ、その彼氏はなんだか思いつめたような
熱っぽい目でこちらを見つめてきました。

「なんだあ?」と思いつつ、促されるまま二人の向かい側の
椅子にすわると、開口一番友達が
「どういうつもり?」と聞いてきました。すごく低い声で。怖かった…

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5e6cd151


86: 名無しさん@HOME 2012/07/11(水) 15:56:24.46 0

シングルマザーの友人Aと未婚小梨の友人Bが殴り合いの喧嘩
怖かった

二人とも高学歴美人で高収入、自由人のAは結婚を嫌いシンママに。
それを当時ボッコボコに言った学級委員長なB。二人は袂を分かった。

15年後、同窓会。Aは意外と上手く行っていて子供も良い子、結局事実婚?
それを知ったBが吠えた吠えた。そんな筈ない、本当は問題あるんだろう、
幸せなふりするな、上手く行く筈無い。そしたら男性陣が余計な一言を。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_441052_8666451_0

333: 1/3 2012/06/01(金) 02:12:24.93 0

うちには二人コトメがいて、コトメAは人間的にもコトメ的にも良コトメ
問題はコトメB、×3仕事もバイトもせず遊び歩いてる

さすがに目に余ったのかウトが知人に相談して、
知人の経営する店舗でバイトをすることになった
よりによって私がパートに入っていた店です

バイトが始まってもコトメBは、毎回2~3時間遅刻して行く、
禁止の金髪を直さないまとめない、無断欠勤する、
仕事を覚えようとせず「〇〇さーん!代わってー!できませーん」
そんな自分を棚にあげてバイト先の人が冷たいと悲劇のヒロイン

勤務態度が悪くても社長のコネでクビにもできず、
身内と言うことで私への風当たりまで強くなってきた

遅刻しないで行くよう起こしたり
仕事の流れを出来るだけ簡単にまとめて渡し説明してみたり、
なだめてもキツク叱ってもダメ全部無駄

その時に閃いたのが、コトメBのオカルト好きでした
私は怖い話が苦手ですがコトメBはオカルトに心酔してます
オカルト好きの仲間やオカルト師匠とかいう友達が部屋に集まっていました

スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ