カテゴリ: 修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pic02

266: 恋人は名無しさん 03/12/02 23:26

修羅場ってほどじゃないけど・・・。

新人OLの私。入社以来、社内の複数の人から言い寄られた。
(新しいもの好きなんだろう)

彼氏がいるので丁重にお断りしていたのだが、その中の一人がしつこかった。
わざわざ数年ものの彼女と別れてきたらしいけど、見た目も中身も惹かれない。
彼氏がいなくても、付き合う気にはならないタイプだった。
あまりにしつこいので、部内の♀先輩に相談。
最初はどの部署の誰だ、とかいうのは伏せつつの相談だったが
やっぱり隠しきれない。相手の名前も出す事になった。

名前を聞くと先輩は、「あ、その人私の同期だから私が話つけてあげる。
3人で話しましょう」と言ってくれて、ホッと一安心。

当日・・・・・。それはそれは酷かった。
その男が捨てた数年来の恋人は、その♀先輩。
あれから数ヶ月、先輩とまともに話できないでつ・・。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
lgf01a201312080500

361: 恋人は名無しさん 03/12/27 17:33

もう2年前の話なんですが。
当時大学生だった俺は6歳年上の彼女と半同棲していました。

彼女は社会人で働きながら夢を追う(当時の俺には)立派な(に思えた)人でした。
付き合い始めて半年ほどしたある日、二人で彼女のインコに餌やったりしながら
マターリしていると、彼女がポツリ、ポツリと最近の悩みなどを話し始めたのです。
俺は最近様子がおかしいしやはりうすうす何かあると思っていて、
「ついにきたか。」という感じで神妙に聞いていました。

それが、なんと、仕事で知り合った40男(既婚)にストーキングされているというのです。
休日の夜に近くにいるから飲もうなどと電話があって「今日は仕事で泊まりだから無理」と
断ると「嘘だろ。昨日帰ってきてから外に出てないじゃないか。」等
かなり気持ち悪い電話だったようです。
俺は彼女が大好きだったし「何かあっても必ず守ってやるから心配するな。
電話くれたらすぐ駆けつけるから。」とかなんとか言った記憶があります。

長いので一旦切ります。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
flickr_asonor1

11: 恋人は名無しさん 2008/07/18(金) 18:23:12 ID:8OpgYxlAO

まとめたので投下します。
携帯からなので改行がおかしかったらすみません。


三年程前にあった出来事。

登場人物(年齢と職業は当時のもの、少しぼかしています)
私子…22歳。サービス業。土日祝日関係なし
彼男…24歳。会社員
元男…25歳。私子と同じ会社で、配属は違うが先輩。元彼。
A子…22歳。地元から私子と一緒に出てきた友人。
    学生で、近所に住んでいる。彼男とは以前のバイト仲間。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2677e77f

980: 名無しさん@HOME 2013/09/10(火) 17:00:52.23 0

埋めがてら。文才無いけど、吐き出させてほしい。
旦那の浮気電話を聞いて、何かがキレた私の話。

結婚2年目、お風呂入ろうとして脱衣所入ったんだけど
、洗顔フォーム切れてたの思い出して、ストック場へ移動中、リビングから旦那の笑い声が。
テレビとか見ても笑わない人だから、ちょっと興味があって、
こっそり耳を傾けたら、女とラブラブ電話の最中。
「ん~?俺も淋しいよ!ほんとだよぉ~、まおタンがい・ち・ば・んだーい好き☆」だって。

そこで、指先が冷たくなってくのが自分でも分かって、
何か、壊れちゃったんだろうな。 あ、録音しなきゃ、と思って、
自分のカバンからデジカメ(趣味が写真で、いつも持ってる)取ってきて、録音開始。

「また○○ランド行こっか!今度は泊まりでさ~」とか、
言い逃れできないワード抑えたところで、リビング突入。
旦那、「ひゃっ!」とか言って、反射的に携帯投げ捨てた。ソファに。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img317

716: 名無しさん@HOME 2012/11/28(水) 17:59:34.94 0
自分というより妹の修羅場だけど投下


フェイクあり 長文注意

妹はスポーツで飯を食ってる
一般の知名度は皆無だが地元の人は皆知っていて、
商店街で応援のポスターが貼られたりしている
定期的に地元の少年団を招いてスポーツ教室を開催しており、
私は学生時代までやっていたので手伝いに駆り出されている

人手が足りないので小学生限定、商店街からは
無償でスポーツドリンクやお菓子を用意してもらい、最後に
妹「○○商店さんのご協力です!」
おばちゃん「みんなウチで買い物してってねー(笑)」
子供たち「ありがとうございました!」
と和気藹々で終わるのが恒例、ここまで前提


この教室に空気の読めない母親Aが来るようになった
娘のA子は普通にいい子なんだが、Aは我が子かわいさに周りが見えてない

A子に優先的に指導するよう文句言ったり、
サインは練習後って通達してるのに指導中に色紙突き出してきたり
練習終わるや否やドリンクやお菓子をダッシュで取りに行ったりする(人数分用意してあるので意味ない)
子供の応援も他の親はせいぜい「頑張れー!」ぐらいなんだが、Aは大声で
「ほら、そこで○○して!もっと足を使わないと!」とか、
ひどい時には反則に近いことまでやれと言い出す

妹はそういう小手先の技術は小学生に教えることじゃない、
怪我しないように基本だけやる方針なのですごく迷惑してた
おまけにAはやたら妹に話しかけてきて、年収やら旦那の職業(普通のリーマン)、
取材の有無とか下世話なことを聞いてくる
妹は適当に流してたが周りはヒソヒソ、A子は恥ずかしそうにしててかわいそうだった


そんな状態だったからA子が中学生になった年はA子には申し訳ないけどほっとした
これで面倒から解放されると思った…が、現場に行くとすみっこにA子の姿が
嫌な予感がしつつ話しかけると
「あの、中学生なんですけど参加ってできますか?」
「ごめんね、参加できるのは小学生までなのよ」
「じゃあ端っこで見学させてもらえませんか?」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20090328_963612

602: 596 2009/06/19(金) 15:45:04 ID:GkDdH3y+O

俺は直接関係ないけど修羅場ぽいものに立ち会ったので投下
携帯からだから読みにくかったらすまん

A子…21歳、大学生
A彼…21歳、A子とは違う大学
B美…A彼と同じバイト

俺は24歳のフリーターで、ファミレスのキッチンで働いてる。

去年の夏にA子がダイニングで入って来た
。A子は化粧が薄くて髪も染めてないのに垢抜けて見えて、
芸能人でいうと吉高ゆりこに似てて綺麗な子で
(ちなみに本人に「吉高ゆりこに似てるってよく言われない?」と言ったらちょっと嫌そうな顔して
「…はぁ…、似てると自分では全然思わないですけど…」と言われたw)

仕事覚えも早く、サバサバしてて、すぐに周りに溶け込んだ。
俺は初対面ではあまり喋らない方なんだが、彼女、意外にゲーマーで
ゲームの話しで盛り上がったりしてるうちに、俺は彼女に惚れたわけだw

しかし、彼女には付き合って二年になる彼氏がいる。
俺らのファミレスから歩いて徒歩5分ぐらいのところにあるゲーセンで働いてるらしい。
ちなみに噂ではイケメン…。
クリスマスも正月もA子はバイトに来てたもんだから、
てっきり仲悪いのかと思って冗談ぽく別れろ別れろwとか言ってたんだが
話していく内にお互いかなり信頼しあってて、めちゃめちゃ仲がいいって事がわかった。
(実際周りも言っていたし、お客が口説いたりしてもきっぱり
「すみません、彼氏が大好きなんです」と言っていた)

でもまぁ俺は何も考えず、彼女夜勤が多かったから俺も夜勤希望にして
(夜勤だとキッチン一人、ダイニング一人だから仲良くなりやすい)早く別れねーかなーとか
思ってたわけだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
semi6

617: 名無しさん@HOME 2013/01/04(金) 11:33:22.39 0
子供が全然自分に似ていない、さりとて嫁にも似ていない
ということで隠れてDNA鑑定したら親子の可能性は限りなく低いと結果が出た

激怒して妻をなじり離婚準備を進めた
俺親も嫁を詰ってひどい修羅場だった
嫁は一貫して浮気していない、何かの間違いだと言っていたが
弁護士に任せて妻との直接の話し合いはしなかった

しばらくして弁護士がおかしなことになったと言ってきた

妻は妻側で子供のDNA鑑定をしたらしいが妻とも鑑定結果が一致しなかった
つまり子供は俺の子供でないのと同時に、妻の子でもなかったわけだ
でも妻が出産したのは間違いない事実で、じゃあこの子は誰だ
そしてうちの子はどこにって事になった


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
heirs-7-h-007

636: 名無しさん@HOME 2012/11/20(火) 09:14:50.99 0

俺とクズ母の関わり合いの長い修羅場。

俺が小学生の頃、母が浮気。それがもとで離婚。
俺は母と、母方祖父母の家に身を寄せた。
俺が中学生の頃、母に男ができて出て行った。
俺はじいちゃん、ばあちゃんと、徒歩15分ぐらいの距離に
住んでいる叔母夫婦にかわいがられて、ぐれずに育った。
よくぐれなかったな、と思う。

自分で言うと嫌味だが、成績もよく一流大学卒、
一流企業に就職。前途洋々だと思った。

就職直後俺が仕事の都合で一人暮らしを
始めて、じいちゃんが病死。ばあちゃんが一人暮らしになり、
クズ母がばあちゃんにすり寄るようになった。

ばあちゃんは心細かったのか、クズ母を受け入れたかったんだと
思うが、俺は断固拒否。この件は膠着状態で数年経過。

続く。

続きを読む

このページのトップヘ