スポンサードリンク

カテゴリ: 義実家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pig


906: 名無しさん@HOME 2013/04/21(日) 16:40:57.30 0

婦人系の病気にかかり投薬の副作用で10kg太った

義両親&義実家暮らしのコウト&コトメから、夫のいないところで
「太ったねw」「手の指ソーセージみたいw」「お腹見せてw三段腹になったぁ?」
「肥満って人間のクズだよ?恥ずかしくないの?」

といじられ、外でも「豚子さん」と呼ばれるようになった

スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0600034911234862325

※この記事は再編集されたものです


155: 名無しさん@HOME 2009/03/17(火) 16:03:01 0
 
私の結婚が決まった時、姉は言った。

「20歳を過ぎても周囲、特に母親に『○○ちゃん』と呼ばれる男にロクな奴はいない。
それでも嫁に行くなら、『おしん』になる覚悟をして行きなさい。
もう限界だ!と思ったら、両手が空いているうち戻って来るのよ。いいね!!」


お姉ちゃん、貴女は正しかった…。
アパートと弁護士と黒猫の手配ありがとう。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
menu04_pic01

※この記事は再編集されたものです。

336: 名無しさん@HOME 2013/09/23(月) 01:20:00.86 0
生まれつき片方の耳の聴力が低いんだけど、
それをトメに知られた日から欠陥品扱いされていた(車の免許は取れる程度の聴力)
結婚前は「でももう片方は聞こえるんでしょ、じゃあ大丈夫じゃない」と言ってたのに

最初こそ隠れてネチネチ言ってきたけど、日常で全く問題なく生活している私に
段々遠慮が無くなってきて旦那やウトの前でも
「障害者って事よねえ、嫌だわ。孫は『まともな子』を産んでよね」
と言うようになっていた

然旦那・ウトは激怒して〆たけど
本当の事言って何が悪いの?と開き直る始末
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1288935791_mama

※この記事は再編集されたものです。

312: 名無しさん@HOME 2009/07/28(火) 00:36:30 0

義兄嫁が出産した。
儀実家でウトメ義兄家族コトメ私たち夫婦でお祝い中。

お決まりのようにウトメが公開授乳要求。

コトメもけしかけ、義兄は空気。義兄嫁は嫌がり私たち夫婦が制止していた。
が、キレたウトが義兄嫁にのしかかり胸元をはだけようとする。
トメ、コトメ加勢。私たち夫婦が必死で止める。義兄はく(ry
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
album

※この記事は再編集されたものです。


547: 名無しさん@HOME 2012/09/08(土) 13:49:55.56 O

私 アレルギー持ち
ある高級食材がヤバい。
でもめったに食べるものでもないし、判明したのも偶然。

だから普段はあまり困らない。
話のネタ程度に姑に話したことがある。
すると次の帰省から毎回その高級食材が出されるようになった。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
3iZaRM5FLmDyfpm_11128

※この記事は再編集されたものです。

654: 名無しさん@HOME 2007/03/29(木) 09:14:24

うちは良ウトメなんだけど、コトメが一体誰に似たのか…という女。

トメはしっかりした人で、用事でもなかったら電話もしないし、干渉もしない。
えこひいきもしないし、つかず離れずでいい関係なんだけど、コトメが私を使おうと必死。

しょっちゅう実家に入り浸っては、うちに電話をよこして
「一体嫁の癖に顔も出さないってどういうつもり?」みたいに言ってくる。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
CIMG0661

※この記事は再編集されたものです。


732: おさかなくわえた名無しさん 2007/12/23(日) 16:00:12 ID:ljF/vAtl

旦那の実家に同居することになり、週末ごとに荷物を運んでいた。

荷物は誰も使ってない二階に運び込んで片付けていた。
「これは箱だけで運んだのか?中身は?」と前回運んだ荷物が空箱になってると気が付いた。
 
同じ物がもう1つあるが、やはりそれも空箱になってた。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f73h8kqte7jpsuvf7j94i94ipc63100

※この記事は再編集されたものです。

314: 恋人は名無しさん 2010/03/22(月) 18:47:36 ID:DxxPutEM0

数年前の話。
文章がへたなのでわかりにくかったらすいません。

(当時)
私子 = 私。就職したばかり。世間知らず。
彼男 = 彼氏。同い年。スポーツマンで人気者。
姉子 = 彼姉。歳はたぶん3~4歳上
先輩男 = 彼氏と私の共通の先輩。いい人

私子と彼氏は高校のときに部活仲間でした。

私はマネージャーで彼は部のエースと言う漫画みたいな関係で
二年のバレンタインに告ってOKしてもらい、付き合いはじめました。
うまくいくと思ってなかったし、私は目立つ方でもなく美人でもないので
ダメモトだったのにうまくいって、夢みたいでした。

マネージャーは私だけじゃなく他にも二人いたんですが
彼氏に「いやな作業や地味なをいやがらずに一番多くやって、俺らを支えてくれてたのをいつも見てたから」 と言われ、その場で泣いてしまうくらい嬉しかったです。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ