スポンサードリンク

カテゴリ: GJ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

874: 名無しさん@HOME 2011/05/06(金) 17:03:38.36
今日のトメから転載。

218 名前: 名無しさん@HOME [sage] 投稿日: 2011/05/06(金) 09:05:02.71 0
トメ宅のて。
昨日のトメ&義兄嫁(東南アジア出身)

基本かまってチャンなとめ、1年ぶりに義実家詣でした私の前で
「私なんて地震でタヒねばよかったのよヨヨヨ」


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

874: 名無しの心子知らず 2013/10/04(金) 10:22:02.45 ID:COKol5Mc
キチっぽい泥ママなので逆恨みが怖い。


フェイク有りなので辻褄が合わないところがあるやもしれませぬが
ご容赦を。

私→25歳未婚・院生♀
弟→23歳未婚・院生♂
友子→6歳・私の友人の子♂
私犬→ラブラドール♀
弟犬→アフガンハウンド♀

私の家は両親と私と弟と犬たちが住んでいて、両親ともにハーフなので
家族全員日本人顔ではない。

ここまでが前提。


友人が長期入院しているため、私の家で私友人の子ども(6歳♂)を
預かっている。
毎週末、午後3時頃から私と弟で徒歩20分程のところにあるドッグラン
まで犬たちを連れて散歩に行きますが、友子が来てからは友子も一緒に
補助輪付きの自転車で行くようになった。

途中でミスドのドーナツを買って、ドッグランから少し離れたベンチに
座って、犬たちには犬用のおやつをあげながら自分たちもおやつを
いただくのがいつもの流れになってる。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

419: 名無しさん@おーぷん 2015/07/05(日)22:37:03 ID:7sr
以前義実家に一時的同居をしていた頃に遭遇した衝撃でも。

夫の転勤に伴って義実家の二階を借りて一時同居。
その二階のベランダはお向かいの家の玄関がよく見える位置だったのね。

お向かい家はご両親に息子君二人の構成だった。
そこの兄君が、とてつもなく鳥に好かれてたみたい。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

446: 名無しさん@HOME 2013/01/27(日) 09:35:24.64
うちの夫は、急に目覚めるように自分の母が糞姑であることを理解した。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

405: 名無しさん@おーぷん 2016/09/08(木)22:59:45 ID:Pfp
姉が結婚した新居に、姉の義妹が毎日押しかけて困るという愚痴を聞かされた。
義妹はブラコンで兄大好きべったりタイプで、姉旦那もそれをヨシヨシと受け入れている。
姉旦那31歳、義妹28歳、私の姉27歳。私21歳。
義妹といえど年上なので強く言えず、押しかけを許してるうちにほぼ住みこまれてしまった。
寝室に姉旦那と義妹が寝て、姉はリビングで寝てる有様だった。
日中は姉旦那と義妹がキャッキャして、姉が会話に入ろうとしてもシャットアウト。
姉が休憩しようとすると義妹が嫌味、姉旦那は笑って見てるだけ
姉にはわからない昔話で盛り上がり、姉に家事させて二人は外食&映画
馬鹿らしくなって姉がスーパーの惣菜で済ませようとすると
「主婦失格!」と二人で糾弾(※共働きです)。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

35: 名無しさん@HOME 2009/03/02(月) 18:23:18
新スレ乙。
ついでにマイDQ話を投下。

イヤゲモノプレゼントに家事押し付け等の嫁いびりが激しい近距離別居トメ。
先日アポ梨凸をかまされたが家に上げないと近くにある旦那職場に駆け込んでふじこるので、
仕方なく家に上げた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

846: 名無しさん@HOME 2009/02/02(月) 12:49:43
一昨日からウト出張で家に入り浸るトメ。
昨日も夕飯食べて行く気満々のトメに
「嫁子ちゃん、お夕飯は何時?」と聞かれたので


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

352: 名無しさん@おーぷん 2016/05/18(水)17:29:05 ID:CUJ
自分の後頭部を褒め称えられた時が衝撃だったな

結婚する時、和装で挙式することになって
せっかくだから地毛で日本髪を結ってもらうことにしたんだけど
ヘアメイクリハーサルの時、担当の美容師さん(そこの美容院で一番ベテランのおばちゃん)が
私の後頭部の髪をかき上げた瞬間動きを止めて
「ちょっ…○○ちゃん!××くん!△△さんも!ちょっと来て!!」と


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ