カテゴリ: 浮気・不倫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
498: 名無しさんといつまでも一緒 2006/04/18(火) 17:22:16 0
出張から戻って自宅のドアを開けると
玄関口でいきなり妻が土下座していた。
「不倫していました。
 相手の奥様にバレました。」
だってさ。

一月末のこと。

499: 名無しさんといつまでも一緒 2006/04/18(火) 17:44:21 0
>>498
毎度ですが
kwsk

500: 名無しさんといつまでも一緒 2006/04/18(火) 17:55:13 0
>>498
消えたか?

502: 498 2006/04/18(火) 18:18:19 0
居ますよ。
ちょっとだけお邪魔します>スレ住人
私の修羅場を書き込みますんで、
お時間の空いた方は読んで和んでくださいませ。
可能な限りコンパクトにまとめてみます。

503: 498 2006/04/18(火) 18:26:37 0
その日、私が出張から戻ると、玄関口で妻が土下座していて
「不倫してました。相手の奥様にバレました。」
不意打ち食らった私のリアクション
「はぁ?」(間抜けなお返事)

とりあえず、「ここで話し合いをするのもナンなのでリビングへ」と。
というか子供が見当たらない。
妻に聞くと「実家に預けた」(妻実家電車で30分程)

何が起こったのか、何が起きていたのか、妻から事情を聴取。
『冷静に対応しなきゃ』と自分に言い聞かせ『妻への質問は敬語』と自己ルール制定。
今思い返すと不自然な会話で、間抜け度UP。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

17: 1/9 2010/05/22(土) 15:53:13 ID:YX6iF5zq0

T山…俺、27歳
元子…彼女、25歳

俺と元子は同じ会社で、付き合って約半年位。
ちょっと俺が忙しい時期だったんで、中々会えなかったけど会社では普通に会えるし、
別におおっぴらにしてた訳でもないが社内では普通にカップルとして認識されてた。

社内恋愛に関しては全くゆるい会社の上に、
部署も違うし特に気を使われる事もなく、まあ自分としては満足してた。

そんなある日、元子の部署の課長から連絡があり、元子が出社してないと聞かされた。
携帯と家の電話に連絡しても出ないし、メールも返事がないと。
元子は実家住まいなので寝坊という事もありえない。
とりあえず自分もかけてみたけど、やっぱり応答なし。

心配だけど、とりあえず待ってみて帰りに元子の家に寄ってみると言っておいた。

そうしたら昼過ぎ、課長から
「元子さん、具合悪くてしばらく休むって親御さんが連絡してきたよ」と教えられた。
「昨日まで何ともなかったですよね!?」とすごく驚いて
しかも親が電話よこす位だから相当悪いんだろう、と居てもたっても居られなくなった。

それと電話を切るときに、元子の親が「T山さんによろしく」と言っていたらしく、
それまで元子の家にあいさつに行った事が無かったので、
これを機会に一度ちゃんと挨拶しようと思った。

ただこちらからの連絡は出来ない状態であったので、
どうしようかと思いあぐねていたら
俺の携帯に向こうから連絡をしてくれた。

相手は元子の姉。

「元子の事でお話があります。本日のご都合はよろしいですか?」
こちらから元子の病状を聞いても
「お会いした時にお話しします」としか言ってくれない。

なのでとりあえず会社の前で待ち合わせをして、
向こうが車で迎えに来てくれるという事になった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

90: 恋人は名無しさん 2008/03/07(金) 11:37:31 ID:EL55t9eU0

年齢は当時

私、B子、C男 19歳
A男 27歳
奥さん ?歳

大学に入りたての時に知り合い、付き合いだしたA男。
彼を紹介してくれたのが、私の友人だったB子。

いい人だよ、という言葉どおり、私の言うことを色々聞いて
くれたり(お願いやおねだりじゃなく、普通の会話の意)、
「大丈夫、私子は悪くないよ」と、暖かく包んでくれるような人
だった。

しかしある時、私、B子の中学からの同級生かつB子と同じ
大学に通うC男に出会い、探るような言葉で、
「B子とうまくいってるか?」と心配される。

どういう意味だろう、と怪訝に思う私に、
C男が携帯のメールを見せてくれた。

曰く、
「私子を騙して既婚者のA男を紹介した。でもA男は
私が本命。スパイス代わりにしてみようとしたら、まんまと
騙されてやんのwwwwwあいつ、いい子ちゃん面でむかつくから
いい気味」
というメール。

C男はほのかな恋心をB子に抱いていたため、不倫にどっぷり
はまり、すぐに大学を休んでA男と遊んでいるB子をなんとか
普通に戻そうと、色々メールで言ったそうだけど、最終的に
C男自身も、B子に「あんたウザい」とぶったぎられていた。

で、私に連絡を取ろうとしたけれど、私が携帯変更後、変更メール
を間違って削除してしまっていたため、連絡とれなかったらしい。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

234: 恋人は名無しさん 2012/07/29(日) 10:56:27.28 ID:etf5ao7e0

過去の修羅場をひとつ

私子 自分。見た目も性格も特徴のない喪女
友男 超絶美形。イケメンと言うより美形
A子  地味だけど交流好きでテンション高い。既婚者
A夫  A子の夫

とあるマイナーなバンドにはまっていた私は
しょっちゅう地元のライブハウスに通っていた。
そのバンドには少ないながらも固定ファンがいて、
交流好きのA子が来る人来る人に声をかけて全員友達的な状態。

元々そんなに社交的でない私はA子のテンションの高さが苦手でその輪から外れていた。
私は大体1人でライブに行っていたが、たまに友達と一緒に行っていた。
友達は仕事が忙しく、土日しかライブには行けなかった。

ある日、土曜日にライブがかぶったので
友達の分もチケットを買っておいたが、その日は休日出勤で来れないと言われ、
余らせるのももったいないので友男を誘った。

友男はロックにはあんまり興味がなかったのだが、
その日空いているのが友男しかいなかった。

友男を連れてライブに行くと新顔を目ざとく見つけたA子が駆け寄ってきた。
どちらかと言うと私と同じくコミュ障な友男は明らかに困っていたので
なんだかんだ理由をつけてA子から引き離し、端の方に陣取った。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


231: 恋人は名無しさん 2008/07/05(土) 17:26:11 ID:hy/BnX4W0

俺が大学生だった頃の話。

当時アパートの一階に住んでいて、
窓際の雑草が伸びてきてたので草むしりをしてた。

で、どうも俺の部屋の真上の人が喧嘩をしているようで
なにやら怒鳴りあっている。

男の声と女の声がするので痴話げんかかなー
なんかあったら助けに行くかなー、なんてチラチラ気にしてたら
突然ガシャーンと言う音がして、とっさに二階を見ると
ガラスの破片とテレビとテレビ台が降ってきた。

びっくりしてよけることが出来ずガラスの破片が顔面直撃
テレビは俺の右ひじを直撃
衝撃で跳ね上がった拳が俺の鼻を直撃
「ぶっ・・・ホワー!ホ・・・ホワー!!」という自分でも良くわからない叫び声を上げてしまった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

381: 恋人は名無しさん 2009/06/17(水) 11:07:19 ID:3arOfBAvO

昼間から投下。

彼氏に浮気をされました。
約4年半の付き合いでお互い25歳。
きちんと婚約までしていました。
両親顔合わせ済み。婚約指輪有りの状態。
後は、結婚式の日取りを決めて~…と行くはずでした。

相手は彼の会社の新人契約社員。
出会ったのは4月らしいです。
今思えば、その頃から気分の波が前よりひどかったなと
思うんですけど、その時は「結婚資金のため」と言われれば、
なにも疑わず信じてた。

だけど、丸二日連絡がとれなかった日があって、
心配になって彼ん家に行ってみた。

ビデオの音がして、なにやってんだかと思った。
でも、彼の声っぽい。
びっくりして耳を済ますと…
よく聞いた彼の行為中の声。
女の子の高い声も聞こえた。
ただただ困惑して、びっくりした。
録音もなにもするでもなく、呆然としながら帰った。

家に帰って寝てると、彼からメールが来た。

「忙しくて連絡できなくてごめん。
○○(私)のドレス姿のため頑張るぞ」

えっ?さっきのは?夢?と思いつつも、私もなにごとも
なかったかのように普通にメールを返してしまった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


566: 恋人は名無しさん 2007/12/17(月) 23:31:52 ID:rcxlPi2w0

一昨年にあった静かな修羅場。

私子…25歳
A…同級生25歳
B…32歳
全て当時。

友人Aの会社に転勤してきたBを紹介してもらって付き合い始めた。

付き合って約半年後、家に帰ろうとしたら女性から話しかけられ、
道でも聞きたいのかな?と思って笑顔で「ハイ?」と答えたら、向こうも笑顔。
ニコッと微笑んで

「わたくし、Bの家内でございますが、
私子さんはBとお付き合いをなさっておられるそうですね」


一瞬理解できなかったけど、物凄いショックで体硬直、
「どどどどどういう事ですか!?」と聞いたら
また微笑んで「ご存じ無かったようですね」。

そして身分証、家族写真を見せてくれて、
そこには子供抱いて笑うBと目の前の女性。

実はBは単身赴任、Aはそれを知ってて私に紹介したらしい。
しかも浮気はこれで3回目だった。

呆然としてたら涙が出てきてしゃがみこんで泣きじゃくってしまった。
B妻に慰められ、何とか泣き止んだ後、
「まだBに未練はございますか?」と静かに聴かれ、
泣きながら「いいえ、全くありません…」と答えた。

するとB妻さんも「実は私も無いんですよ」。

実家に一時帰宅したBの携帯を見て浮気を知り、自力で私と付き合ってる事はわかった。
しかしながらちゃんとした証拠がない。

あとをつけて写真を何度か撮ったが、ピンボケで酷いのばかり、
更に見失ってばかりで、土地鑑もないので追いつきようがない。
それに子供もまだ小さいのでしょっちゅう来るわけにも行かない。

こちらに来るだけでも大変だというし、
探偵などを頼むのには大金がかかるらしく、離婚に向けて余りお金は使いたくない。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


908: 1/2 2008/02/01(金) 20:32:11 ID:vbePgtwJ0

浮気されたのではなくて私が浮気した話。
当時私大学入学直前、彼22歳社会人。

浪人中に、予備校の仲間と打ち上げに行き、
そこで働いていた彼からのアプローチで付き合って数週間の彼Aと私。

そのAと郊外のファミレスで食事してた時、
向かいに座ってる彼の顔が変わった。

ふと後ろ振り向くと腕組みして、こちらを睨み付ける女が…
「ねえこの子ってだぁれー?」と嫌みったらしく言われ、彼は
「んだよ、ただの友達、今相談に乗ってあげてたんだぁ!!」
と非常に元気よく返事。更に聞かれても居ないのに
「疑うわけ?ちょまてやありえんし!」
「今マジでこの子の相談受けてただけなのに、お前すぐ人疑うの止めろよ!」とか逆ギレ。

女の人はこっちを見て
「ねえ、ぽかーんとしてるけど?こいつの言ってる事本当なの?」
私は何て言っていいのか分からず、一瞬口ごもったら
彼が「当たり前だろ、俺が嘘ついてどうするんだっつー話しだろ」と口を挟んできて
「あんたに聞いてない」と一蹴される。

で、そこから完全にカップルの痴話げんかに発展、
(あの時ああだったとか、あの時浮気したとか、友達にこう言ったとか)
「お前の浮気する相手ってほんと同じタイプばっかだね!」との言葉に
私は遊ばれていただけなんだと確信し、涙が止まらなかった。
それを見て彼女が激怒。

「お前いい年してこんな若い子泣かせて恥ずかしくないの!?
最低、しねクズ。私もうあんたと別れるわ、人生の汚点だわ」

「ちょ待て、別れるってどういう事?はぁー?ちょっと待てや!」


続きを読む

このページのトップヘ