スポンサードリンク

カテゴリ: 閲覧注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

876: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)18:34:49 ID:TK4
汚い話しになりますので注意願います


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

232: 本当にあった怖い名無し 2008/04/24(木) 16:50:19 ID:dhgaqUB20
小学生の頃、中学生のお兄ちゃんと一緒にお風呂はいってたんだけど
いろいろエッ○なことされた。


ち ○ち ○しゃぶられたり。
おしりの穴なめられたり

233: 本当にあった怖い名無し 2008/04/24(木) 17:01:08 ID:rF0LM0T40
ゲ/イ自重しろw


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

343: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)10:51:06 ID:DP3
高校生の時、いじめっこのお父さん誘惑して愛人になって500万貢がせたこと
最後は離婚させていじめっこの大学用に貯めてたお金で豪遊した
あー楽しかった


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

806: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)07:21:27 ID:G9k
誘拐され頃されかけたこと。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

589: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)08:06:19 ID:oMI
中学の時異母兄たちにおかされた。
長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

私は父の後妻の娘。
前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
離婚の理由は知らなかった。

私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄?)当時高1。
母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

突然のことに母も私も戸惑った。
その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、母は通院しながらのフルタイム。必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。
そこに高校生の男の子が入ってきた。
第一印象は今風に言えば「チャラそう」
母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

565: 1/2 2011/02/01(火) 09:20:20
飛行機の距離から旦那の会社のある土地に結婚で引っ越してきた
到着当日、夫婦2人で必要な物を整えようと約束、大掛かりな家電などは私が持ち込む物の設置を業者に頼んであった。
来て見てびっくり、カーテン、レンジ、電気、プラスチック収納、冷蔵庫その他諸々ほぼ新品で置いてある
2人で選ぼうと思ったのに、家電かぶってるしナニコレ?と聞いたら
旦那両親が新幹線で4時間もかけてわざわざ出てきて、掃除という名目で2週間泊り込んでいたと言う。旦那はまだ寮にいた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

432: 本当にあった怖い名無し 2005/11/08(火) 22:24:35 ID:bn8JM1580
我が家で起きた洒落にならない話

私がまだ実家で生活していた頃、度々金縛りや怪奇現象に合っていました。
ある日の晩、ベッドの上で本を読んでいたときでした。
突然身体が引っ張られ、ベッドから落ち、そのままドアの近くまで移動。
ビビリながら足元を見ると、ドアから異様に長い腕が生えているのです。
しかも私の足首をしっかり握っているんです。
コレはやばいと感じた私は知っている限りのお経を唱え、タヒんだひいばあさんに助けを求めました。
それでも足を掴まれている感覚は無くなりません。じりじり引っ張られ、
足の裏にドアがあったたところで気絶したのか、気がついたときには腕はありませんでした。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

828: 本当にあった怖い名無し 2006/06/06(火) 23:36:28 ID:W4lze7oI0
大学時代にサークルの先輩から聞いた、当時高校生だった先輩の友達が体験した話です。
その先輩は高校時代は部活には入っておらず同好会として
放課後十数人でサークルのような活動をしていました。
同好会の名の通り部活ではないので部費というものが我当てられるはずも無く
部長もしくはそれに近い立場の人間一人もしくは二人が毎年夏休みに、
形だけのいわば顧問の先生の知り合いがやっているペンションで住み込みで
2週間程バイトをして同好会の部費に当たるお金を稼ぐのが
代々受け継がれている言わばしきたりのようなものでした。
先輩(仮にA先輩とします)が3年になったときにその友達が部長になり
部長の彼(Bさん)が夏休みにペンションにバイトに行く事になったそうです。

ペンションに着いたBさんは早速顧問の先生の知り合いのペンションオーナーと面通しすると
施設の部屋数や施設、仕事の内容などの説明を受けました。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ