必見!オススメ人気記事

カテゴリ: 迷惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

970: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/24(日) 16:13:26.00 ID:sFO53Bwt.net
昔、仕事場の同僚(男のみ)5〜6人くらいで焼肉食べ放題に行った時の話 
値段の割には内容も良く、満足して会計をしようとしたらレジで追加料金がどうこう言われた 
その店員が言うには食べ残しがあったからとのことで、実際メニューにもそうきちんと明記はされていたが、自分たちは食べ残しはしていない 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

488: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)21:49:56 ID:tim
丼ものを食べるとき
私→ごはん大盛りでもごはんがなくなって具材が余る派(ごはん大好き&薄味人間)
会社の同僚(男)→ごはんが余って具材が無くなる派(濃い味派)
たとえばカツ丼を頼むとき、私はカツが二切れあれば十分で残りのカツは食べにくい
でもご飯小盛りはあってもカツの小盛りってない
そんなときに助かるのが同僚
同僚は逆にご飯が余って困るタイプで、でも並盛りじゃあお腹満たされないしという人でお互い利害が一致した
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

30: 名無しの心子知らず 04/07/20 00:54 ID:5kZmF32A
どうしても自分のはまってる宗 教のエライ先生に孫の名前をつけていただきたいトメ。 
画数が云々、由来が云々、生まれた時間が云々・・・・とのたまうので 
夫婦でスルーし続け、本屋で買った名付け辞典を見ていると 
「そんなどこの誰だかわからない人が書いた本で大事な孫ちゃんの将来が・・・云々」と。 
「名前ってね、すごく大事なのよ。その子の一生がね・・・・云々」と。 

トメにとっては良く知ってるエライ先生かもしれないけど、 
私たち夫婦にしてみれば全く知らない赤の他人。 
そんな他人がつけた名前なんかより、子供の父親が夜も眠れないほど悩んでつけた 
名前のほうがよっぽど幸せになれると思うのですよ。 
そんなことをやんわりと言っても全く聞く耳をもたないトメ。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

478: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/27(金) 15:31:40 ID:53Y9kkOI
ずうずうしく長文書かせて頂きます。 

私は自営で接客が2割ぐらいで作業やパソコンが8割みたいな業種だからか 
外回りの仕事をしてる友人(?)がお客さん用の駐車場に車止めて、事務所に 
入って来て、普通に接客用のテーブルでノートパソコンひろげて居座る。 
更にターミナルに接続してメールの送受信、それを確認しながら先方と電話 
まぁ別に損害は無いし仕事の邪魔をする程話し込む訳でも無いから他の報告者の 
方々みたいな被害は無い、でもなんか「当然!」「当たり前!」みたいな態度で 
やられるとかなりムカ付く。少し前に私のパソコンの調子が悪かった時に 
いつもの調子でやって来たので「そのパソコンで繋がれば(USBを差し込まないと 
見れない)少し使わせて」と頼むと快く(?)貸してくれた、繋がったので 
「助かったぁ、ありがとう」と言うと「○○のランチで良いよ」って素で言われた 
「普通の定食屋さん程度の値段だしまぁいいか」って奢ってしまった。 
他にも「えっ?どう言う事?」って思う様な事が何度か有って 
「感覚が違い過ぎる、この人と友達付き合いは無理かな」と思っていたら 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

708: 名無しの心子知らず 2007/08/13(月) 17:18:10 ID:fwnezk7/
豚切り&プチプチ&微妙にスレ違い?ですが。 

私は服屋をやってます。8年位かな。 
友達価格って難しいですよ。商売やってるせいか他業種でも商売友達は多い。 
基本的に商売仲間の間では負けたりサービスは基本的にしません。 
それをはじめるとお互いやらなきゃならなくなるし。 

商売やってない友達(というか知り合い程度)なんか気軽に安くして〜 
なんていいますけど、その分のお礼なんか考えてない感じ。 
店やってる=友達価格は当たり前って人いますよね。 
逆に店の売り上げに貢献してやってるんだから!と思ってるいるようです。 

たまたま高校時代の友達でうちの店を気に入ってくれて買ってくれる人には 
(自分からまけてといわない。これ鉄則)私のほうからいつもありがとうと 
スタッフ割引くらい安くします。 

あとなぜか私はぜんぜん知らないのに「店長の友達だ」 
といってまけさせようとする人が後を立ちません。店の大家の友達だとか(w 
「私はあなたのことぜんぜん存じ上げないのですが・・・」 
「そりゃ知らないでしょうよ、私が知ってるのはおたくの店長だから」 
「・・・私が店長なんですが・・・」 

まさにハトが豆鉄砲でした(w しかしそれでも引かないから困りましたけど。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

97: 名無しさん@おーぷん 2018/03/03(土)11:15:29 ID:ah1
国際的な大会が行われるゴルフ場のすぐ近くに住んでるんだけど、
その大会がある日には路地の入り口ごとに警備員が立ち、路駐が厳しく監視されている。
我が家は3台分の駐車スペースがある戸建で、夫と私それぞれの車とゲスト用になっていて
以前はゴルフ好きな知人に頼まれて止めさせてあげたりしてたけど
そのうちあまりにも多くの人に頼まれるのでトラブルを避けるためにここ10年ぐらいは一切断ることにしていた。
ところがある年のこと、その日は休日だけど夫も私も用事があって午前中出掛けていたが、
午後から旅行に出発する予定になっていた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

336: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:58:02.10 ID:NlFm6O1L.net
公園で子供と遊んでたときの話。 

そこの公園は住宅街の近くにある東京ドーム数個分くらいの面積がある広い公園で、たまに大学生サークルが遊んだりボランティアでゴミ拾いしてくれていた。 

その日もゴミ拾いやってて、自分はその隣のエリアにある原っぱで5歳の娘と鬼ごっこをしていた。 
自分が鬼役で娘をゆっくり追いかけてて、そろそろタッチするぞーってくらいに近づいて娘がキャーキャー言いだしたところで、大学生サークルの爽やかイケメン風男に声掛けられた。 
男「ちょっと何してるんですか!?」 
私「え?遊んでるだけですけど」 
男「見てましたよ!ずっと追いかけまわしたじゃないですか!」 
と言い、娘と私の間に割って入る。 

変質者かなにかと勘違いされてるなと思い、 
私「その子は私の娘ですよ。親子です。」 
男「え?本当ですか?」 
私「嘘だったらあなたと話してる間に逃げてるか、親が飛んでくるでしょ。」 
娘は父親が揉めてるの見て固まってた。 
男「だからって嫌がってるのに追いかけ回すなんて…」 
とか言ってどかない。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

852: 1/2 2016/08/25(木)20:05:34 ID:GuU
長いと言われたからわけて書き込む。

今日は昼をスーパーのフードコート内のラーメン屋で食事をとろうと並んでたんだが、二つ前に並んでた母子がすごかった。
ラーメンとセットなんかを頼んで、セットの内容をレジの店員が一品ずつ確認して、それでお金を払った後で
「まってください、それって○○ありますか?」
さっき説明してくれたじゃん。ありますと答えられると
「注文変更します」
返金後もう一回注文してお金を払いなおすと、今度は子供が
「これ嫌だー」
じゃあ最初から言えと。しかも母親は子供を注意することなく
「もう一回変更します」
で返金。それから今更じーっくりカウンターのメニューを見だす親子
「これにしよっかー?」「え、やだなの?」「じゃあこれは?」
並ぶ前にやれや。見かねた店員が予備と思われるメニューを取り出し
「こちらのメニューをお渡ししますので、席でお選びになってから改めてご注文ください」
そりゃそうだよな、俺の後ろもだいぶ並び始めたし。しかし母親、まるでこの世の終わりみたいな顔で
「え…でも…あの…」
「もう一回並ぶんですか…?」
「あの…」
店員怯まず笑顔で
「お子様もここだと焦って考えがまとまらないでしょうし、お席でゆっくり選んでもらって大丈夫ですよ」
GJ
しかし母親もごもごしながら動かず。すると俺の後ろのおばちゃん二人組から思わぬ援護射撃
「あんたみんな待ってんだよ!」
「決まってないなら決めてから来なさい!」
だが母親も負けない
「あの…これ、限定メニュー が一品載ってないんですけれど…」
すかさず俺の前の中年夫婦
「一品だけなら載ってなくてもわかるだろ!」
「第一(カウンターの)上にちゃんと写真もついてるじゃない」
「最初からそっちみてこいよな…」
母親、顔真っ赤にしてようやく退散。ただし子供を連れて行かず放置。
しばらくカウンターで子供はぎゃあぎゃあしてたが、店員が
「お母さんにメニューを渡したから、お母さんと一緒に見ようねー」
「欲しいものがあったらお母さんに頼んでからねー」
と言われ漸く母親のところへダッシュ。走るな。


続きを読む

このページのトップヘ