タグ:お寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

391: 可愛い奥様 2010/10/06(水) 23:06:24 ID:aAIcQMfk0
職場の近くのお寺の駐車場を月極めで借りていた。

車検だったので、代車で通勤し、お寺に停めた。

夕方、お寺に行くと、フロントガラスに何か張ってある…
「無断駐車、金1万円いただきます」
しかも、糊でべっとりと張り付いてる…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

414: 名無しさん@HOME 2012/01/24(火) 11:16:45.55
うちの義兄嫁も人形が好きで、骨董市で市松人形買ってきたのが呪われてたとかで
子供は入院しちゃうし、義兄嫁はそれでも市松を手放さないしで、義兄とウトメが激怒して、
結局檀那寺のお世話になって人形お炊き上げやら大騒ぎだったよ…
未だに姪は市松人形が怖くて、鳥肌出るらしい

415: 名無しさん@HOME 2012/01/24(火) 11:18:23.15
人形>>>>>>>>娘ってこと?怖いわー
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

882: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 19:46:39.98 ID:tmkUExTa.net
祖父が亡くなった時、生前、ものすごい洒落の分かる捌けた性格で好かれる人だったので、お葬式を挙げたお寺には方々から人が押し寄せた。
皆さん祖父のタヒを嘆き、祖母の手をとり「強くなるのよ!!私たちがいるから!」と励ます親戚や、祭壇に向かい号泣する人、母に向かいどれほど祖父に世話になったか語る人など色々で、いつしか私も涙がこぼれていた
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

852: 名無しさん@HOME 2010/07/06(火) 03:26:28
豚切りですが、現旦那が亡くなって速攻で送られてきた元旦那からのメール

誰があなたをそんなにしたのか
ほんとは明るい人だったはずだ
悪い男にすべてを尽くしてこんなに寂しいあなたになったのか
タヒにたいなんて言うのはおよしよ(言ってない)
僕がいつでもそばにいるだろう
悲しみの過去に生きるのはやめてもう一度愛を育ててみよう


腹立ったのでウト(住職で元旦の上司)にちくっといた



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※ホラー注意※

452: その1 2005/09/21(水) 16:10:58 ID:GJUzoiep0
俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することに
なったんだわ。今は利用者もないお寺ね。んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。
「~、ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。

俺「何これ?」
同僚「いや、何かなと思って・・・本堂の奥の密閉された部屋に置いてあったんだけど、
   ちょっと管理してる業者さんに電話してみるわ」

木箱の大きさは2mくらいかなぁ。相当古い物みたいで、多分木が腐ってたんじゃないかな。
表に白い紙が貼り付けられて、何か書いてあるんだわ。相当昔の字と言う事は分ったけど、
凡字の様な物も見えたけど、もう紙もボロボロで何書いてるかほとんどわからない。
かろうじて読み取れたのは、

「大正??年??七月??ノ呪法ヲモッテ、両面スクナヲ???二封ズ」

的な事が書いてあったんだ。木箱には釘が打ち付けられてて開ける訳にもいかず、
業者さんも「明日、昔の住職に聞いてみる」と言ってたんで、その日は木箱を近くの
プレハブに置いておく事にしたんだわ。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

369: 名無しさん@HOME 2012/11/07(水) 08:36:14
途方に暮れています。修羅場です。
新婚の夫に彼氏がいることを知りました。
夫はバ/イだった。
夫がされているのを目撃しちゃった・・・orz
彼氏が本命、自分はカモフラージュ。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4b68703cb34970a71e57c3f4a7a5a3d6ac4e26ef7fcf7


731: 名無しさん@HOME 2012/08/13(月) 13:16:34.85 0

虫関係なので嫌いな人はスルーを・・・

京都のとある庭が素晴らしいお寺で心洗われるような美しい庭を散策していると
通路のコンクリートの端でお腹の大きなカマキリがてけてけ出てきて
鎌を持ち上げてポーズ決めたりと虫独特のパフォーマンスを始めた。

私の家族も周囲にいた観光客たちも「メス?卵持ちかな?」と微笑ましく見ていた。
そこへ写真撮影に熱心な小太りの中年男が足元も見ずにファインダーのみに集中しながら移動…。

続きを読む

このページのトップヘ