必見!オススメ人気記事

タグ:まさかの展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 12:35:34.17
過去に「愛してる」と言った(叫んだ?)話でもよかろうか…
昨日預かりクリーニングから取ってきたコート見て思い出したのだが…



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
712: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)21:13:30 ID:???
小学生の頃の話。
なんとなく学校行くのめんどくさい〜休みたいってなる時があった。
私は頭が死ぬ程痛いから今日休むと母に仮病を使った。
ちょくちょくこんな手を使ってたので母はまた仮病でしょ!行きなさい!と怒ってた。
それでもグズグズ言う私に母はじゃあ休むなら病院だからね!と言われ、よっしゃ休めるううう!と喜びに震えた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
626: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/26(木) 00:20:21
我が家は職人の家系で、俺もいずれその跡取りになる予定だったのだけど
ある時海外で大きな災害に遭って腕の腱を傷付けてしまい繊細な作業ができなくなった。
家業が大好きでその頃もう父親の下で修行を始めてた俺はめちゃくちゃに落ち込んだ。
しばらく引きこもってジサツも考えるぐらい悲しかった。
でも両親も他の職人さんたちも優しくしてくれて、
徐々に経理や職人さんの手伝いで家業を支えることに喜びを感じられるようになった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
402: @@ 2012/04/06(金) 09:51:09.34 ID:MWy8Qy+E
衝撃ってほどじゃないかもしれないけど部活の試合での話

全国大会で私の対戦相手が現れず、不戦勝になろうかとしていたとき相手の仲間が焦って本部に駆け込んできた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
438: 名無しさん@HOME 2012/08/30(木) 12:11:04.40 0
この流れで思い出した修羅場
自転車で片道30~40分(信号次第で変化)の高校に通っていたが
ある日の帰り、タイヤがパンクして、それでも根性で自転車こいで帰って自転車屋で修理してもらった
翌日もパンク…というか、いくら入れても空気が抜けて入らない状態になって、また修理(昨日の今日と言うことで代金タダだったが)
その翌日も同じ状況だったので「もうタイヤ替えてください」と言うも「大丈夫大丈夫」と修理される(代金はタダ)
さらに翌日も案の定……さすがに強硬に出てタイヤ替えさせた…他に自転車屋があればこんな店行かなかったのに…




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
320: 名無しさん@HOME 2012/07/22(日) 13:17:40.83
義兄の息子は義兄嫁の自慢の息子。
中受して、大学は日本で最高峰。
誰が聞いてもピコーンとくる会社に就職し、順風満帆。
が、昨日、結婚したいと連れてきた女性は
義兄の家のご近所の8歳も年上のシンママ。(私も知ってる人)
義母から「○○さん(義兄嫁)が包丁持って暴れてる!」と電話が来て
夫が慌てて義実家に行った。
(我が家と義実家は歩いて10分)


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

255: 名無しの心子知らず 2011/02/05(土) 15:03:14 ID:5Y6DZwiC
うろ覚え部分もあり、かなり思い出しながらだから、ヘンな部分が多いかもだけど。 
ここ見て思い出した。20年ちょいぐらい前の話。 
あの時は、確か、私は4歳かそこらだったと思う。 
私の田舎の家には大きな大きな、柿の木が植えてあった。 
それをもいで食べるのが、小さな私の楽しみだった。 
ある日、外へ出たら、見知らぬ母娘が柿をもいでいた。 
「あれ?知ってる人?」 
って大きな声で叫んだのは、覚えている。 
祖母が直ぐに出てきて、「あらまあ!」と慌てていた。 
見知らぬ母は、ツーンとした感じで悪びれもせずに 
「こんなにあるんだから、いいじゃない?」 
と、開き直る。 
そこで、祖母があっけらかんとこう言った。 
「アンタ、それ食べるの?いいけど、娘さんには食べさせないでね?」 
見知らぬ母は、ぽかんとし、「なんで?」って聞いたら、祖母は、 
カラカラと笑い出し、驚きの発言をした。 
「いいけど、シぬよ?それ毒だもの。」 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

511: 名無しさんといつまでも一緒 2014/11/20(木) 13:46:14.91
仕事から帰宅すると、妻は食事の支度をととのえていた。 
僕は彼女の手をにぎり「話があるんだ」と切り出した。 
妻は何も言わず席についた。その目は苦痛に満ちていた。 

ふと、僕はどう切り出したらいいのか分からなくなった。 
でも言わなければならない。「離婚したいんだ」と。 
僕は冷静に、その言葉を口にした。 
妻は大したリアクションも見せず、ただ静かに聞き返した。「どうして?」 

その問いに敢えて答えないでいたら、妻はとうとう怒りをあらわにした。 
彼女は箸を投げ散らかし叫んだ。「あんたなんか、男じゃない!!」
続きを読む

このページのトップヘ