スポンサードリンク

タグ:エネミー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

729: 1/4 2008/05/09(金) 20:11:04
長男嫁次男嫁(私)と違って気が弱くて、デモデモダッテな義弟嫁。
一番かわいがっていたムチュコタンを取った女、
しかも気が弱くていじめ放題の女、
更に近距離別居の女!さすがムチュコタン、
上二人の嫁をいびれない上、
孫をいいようにおもちゃに出来ないアテクシの為にこんな都合のいい女を!って感じ。
で、妊娠したら里帰り禁止、夫実家で生む事を強要、
さらに家中のおさんどんさせるために、
服にしみるほどの乳が出るのにミルクにさせられそうに、
孫を育てるのはアテクシ!だから同居、あんたは外で働きなさい!
義弟は役に立たず、「デモデモダッテどうしたらいいですか〜」って家に電話をよこした。

私はイラっとして「戦わないでどうするんですか!」って怒ってしまい、
長男嫁は「結局あなたはどうしたいわけ?」と呆れたらしい。
実は義弟嫁が妊娠した時にも
「お母様が男の子はもういらないって…おろして来いって…」と
泣きながら電話があり、その時も似たような対応した事がある。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

188: 名無しさん@HOME 2011/03/01(火) 01:33:53.98
元トメと元エネのストレスから病んだ。
言ってる事がよく聞こえなくなった。テレビの音などは聞こえるが、
トメのエネの発言だけ、ホワイトノイズかかかったみたいになる。
必須、筆談になった。
とても天気の良い暖かい日に家に誰もいなくて、テレビの原田知世見て
カフェオレが飲みたくなって作って飲んだ。
そしたらなんだか息が楽になって、自分が可哀想になって、離婚しようと思った。
ほぼ身一つで婚家を出たが、近所中の郵便受けとエネの会社の全部署のfaxに
取っておいた筆談の紙のコピーを送っておいた。

そのあとどうなったかは知らない。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

672: 1/3 2007/09/21(金) 23:11:37
うーんやっぱり男のカキコだと叩かれるんだね。
・・・ここで「だからやめとくわ」とか言い出したら
とんだ誘い受けなんで、ちゃんと書くけど

俺と嫁は互いの両親が気に入らない同士。
親と離れて東京のマンションで暮らしていたが、
ことあるごとに嫁が部屋に親を呼ぶ。
しかも召還された嫁父母は嫁とつるんでスシや焼肉を喰いたがる。
そして俺のことを家事を手伝わない関白亭主と言って盛り上がる。
断っておくが皿洗いや掃除程度は俺もやっている。
しかし嫁子は専業主婦じゃんとか突っ込もうものなら
「九州男児は石頭で始末に終えんわー」などと袋叩き。

さらに俺が両親を呼んでいいかと言うと
「いやよ、お義母さんそりが合わないし」と一蹴。
「俺だってそっちの親はニガテだ」と言ったところ
そのままクルッポーして後日トリオで嫌味を言われるハメに。

つづく



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

799: 1/5 2008/08/11(月) 15:43:59
敷地内別居で、クソトメ(ウトは鬼籍)、
近所に住み、毎日やってくるクソコトメ、クローンのクソコトメ子14歳。
とにかくまあ嫁いびりを生業としてるようなバカな人たち。
なんとクソコトメ子も親にならって調子に乗り、
小学校低学年には既に完全にこっちを見下し、ボウリョクまで振るってくる。
ボールや丸めたティッシュをぶつける、汚した所を
「やっといて」と私に片付けさせる、小突く、ける、
「○○買ってきて」「ジュース!」という、などなど親と祖母の真似をし始めた。
もちろんクソトメコトメはニヤニヤしながら見ていて、
「将来有望ねーwww」と褒め?コトメ子はまた調子にのりだす。
一番最初はコトメ子がまだ5〜6才位の時だった。

台所に立つ新婚の私に笑いをこらえながら体当たりしてきて
「バカババーやっつけてやるーー!」
それをトメとコトメ子が拍手喝采しながら大爆笑。
コトメ子に「ほらほら行け行け!」とせかされて
「なっまいきな女めーー!タヒねぇぇ!!」拍手喝采、コトメ子ご満悦な感じ。
「こいつら狂ってる」って思った。

最初は子供のする事だし、と我慢してたが、もういい加減大人な訳で。
夫には愚痴ってはいた物の、夫が怒ればまたトメコトメからこっちが絞られる。
エネmeだったし、家がある、という変な固定観念に縛られ
「変にこじれたら困る」と出来るだけスルー。
夫にももうあまり言わなくなってた。
夫は何か察してくれて引っ越しの話もしてきたけど
実家が古い持ち家で、引っ越しって簡単にできるものだとあまり思っていなかったため
「でもこの家はどうなるの?」
って言って断ってたバカバカバカバカバカ!


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

632: 名無しさん@HOME 2006/11/30(木) 12:06:54
「俺の親は俺とお前が上手く行くように必死で考えてるんだ」
「お前のことを本当に心配してるんだ、なのにお前はなんなんだ!!!なぜ俺の親を邪険にする!!!」

こないだ夫がくだらないことでブチ切れて離婚とか言い出したのを
そりゃ義親は必死で止めたんだろうが、それが私の心配??????私のため?????
何時私が、離婚しないでくれとすがった??????
(内心、これから子育てに掛かる費用のことは心配したが・・・)

自分が馬鹿なこと言ってるから諌められてるだけなのに
「妻が可哀想だから、俺を止めた」に脳内変換するなヴォケ

もうね、本当に馬鹿。馬鹿。馬鹿。
つい最近、80超えてる大トメから「子ども育てて夫も育てて、大変ね・・・」って言われたよ。

大トメは、「結婚しますー(キャピ」と挨拶行った日に、式どころか結納もまだだというのに
「式に出られないから今のうちに」ってお祝いを10万くれた。「これで別れられんだろ(ニヤリ」とも言ってた。
夫の伯母さんも「この子は本当に優しい子ですから!!!本当ですから!!!」とやけにプッシュしてた。

あああああみんな知ってたんだよ!!!逃げればよかったよ!!!!5年前の私のバカー!!!!


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

252: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/23(土) 00:21:19 ID:trCxHw+X
子供の頃、毒親のおかげで数々の修羅場を経験した。
そのうちのひとつをここでお披露目。長いです。

私の父親は清々しい程のクズでキングオブヒモな男。こいつのことはクズと呼ぶ。
クズは母が夜働いて稼いだ金を元手に喫茶店を始めた。当時、小学校低学年の私はよくこの店を手伝っていた。
ある日、店から家に帰るため車に乗ろうとしたら知らない女がやってきて助手席に座った。プリの登場である。
ん!ママ以外パパの隣に座っていいのは私だけ!なんだ、この女は!
と思ったが子供の私は隣の市のクズの店からひとりで家まで帰ることができず、渋々、後部席に座りおとなしくしてた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

934: 名無しさん@HOME 2009/02/03(火) 18:07:47
義実家に行った時、ウトは仕事、トメは買い物で家におらず、
私は疲れていたのでお昼寝(妊婦)。
そしたら階下からトメが私を呼ぶので、眠い目をこすりながら降りて行くと
キッチンにインスタントコーヒーの粉が散乱してた。
犯人は夫で、奴は実家に居る時汚そうと何だろうとろくに片付けもしない。
トメはウダウダといい募る。

トメ「これなんでこんな風にしちゃってるの!?」
私「…はぁ。私いま昼寝してましたので夫です」
トメ「もーだらしないんだから!ほらここにも落ちてる!
  ちょっと汚したらすぐに綺麗にして!」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

741: ◆BvUcqECjpo.K 2010/12/24(金) 10:06:29
年末年始はエネミー発覚の季節なのかもね。
うちはちょっと田舎で半分膿家な地域で自営業してる。
自営業だから事務とか雑用とかは身内がしてるけど、
たまたま帰省してきた人間にしてもらえるようなことは何もない。
なのに兄と兄嫁は盆正月手伝いに来ていた。
馴れてない人に手伝ってもらうのはそれなりの準備諸々が要るから大変。
むしろ有難迷惑。

できればやめて欲しかったけど人様の好意、とりわけ新婚で
やっと来てくれたお嫁さんの好意を無下にすることもできず困っていた。
去年兄嫁さんから、もうこき使われたくないこんなことするために結婚したんじゃない
と言われ両親も私もびっくりした。
アホな兄が「嫁をこっちによこせ。手伝わせろと両親と妹が言っている」と
兄嫁に言ってたことが発覚した。
そもそも年末は閑散期なのに何を手伝わせるというのか。

折角来てくれて手伝いたいと言ってくれてるからと、
一生懸命何か仕事を作り出してたのがバカみたいだった。
帰ってきてもゴロゴロと役に立たない兄が帰ってきても仕方ないし、
今年はお嫁さんの実家にちゃんと義理だてしろと母が電話してた。
すると私へメールで、嫁だけ帰省させるからしっかり親孝行させとけというメールが来た。
めんどくさいので、兄嫁に「夫婦でしっかり話し合ってくれ」とメールした。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ