タグ:キチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
flickr_asonor1

11: 恋人は名無しさん 2008/07/18(金) 18:23:12 ID:8OpgYxlAO

まとめたので投下します。
携帯からなので改行がおかしかったらすみません。


三年程前にあった出来事。

登場人物(年齢と職業は当時のもの、少しぼかしています)
私子…22歳。サービス業。土日祝日関係なし
彼男…24歳。会社員
元男…25歳。私子と同じ会社で、配属は違うが先輩。元彼。
A子…22歳。地元から私子と一緒に出てきた友人。
    学生で、近所に住んでいる。彼男とは以前のバイト仲間。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img317

716: 名無しさん@HOME 2012/11/28(水) 17:59:34.94 0
自分というより妹の修羅場だけど投下


フェイクあり 長文注意

妹はスポーツで飯を食ってる
一般の知名度は皆無だが地元の人は皆知っていて、
商店街で応援のポスターが貼られたりしている
定期的に地元の少年団を招いてスポーツ教室を開催しており、
私は学生時代までやっていたので手伝いに駆り出されている

人手が足りないので小学生限定、商店街からは
無償でスポーツドリンクやお菓子を用意してもらい、最後に
妹「○○商店さんのご協力です!」
おばちゃん「みんなウチで買い物してってねー(笑)」
子供たち「ありがとうございました!」
と和気藹々で終わるのが恒例、ここまで前提


この教室に空気の読めない母親Aが来るようになった
娘のA子は普通にいい子なんだが、Aは我が子かわいさに周りが見えてない

A子に優先的に指導するよう文句言ったり、
サインは練習後って通達してるのに指導中に色紙突き出してきたり
練習終わるや否やドリンクやお菓子をダッシュで取りに行ったりする(人数分用意してあるので意味ない)
子供の応援も他の親はせいぜい「頑張れー!」ぐらいなんだが、Aは大声で
「ほら、そこで○○して!もっと足を使わないと!」とか、
ひどい時には反則に近いことまでやれと言い出す

妹はそういう小手先の技術は小学生に教えることじゃない、
怪我しないように基本だけやる方針なのですごく迷惑してた
おまけにAはやたら妹に話しかけてきて、年収やら旦那の職業(普通のリーマン)、
取材の有無とか下世話なことを聞いてくる
妹は適当に流してたが周りはヒソヒソ、A子は恥ずかしそうにしててかわいそうだった


そんな状態だったからA子が中学生になった年はA子には申し訳ないけどほっとした
これで面倒から解放されると思った…が、現場に行くとすみっこにA子の姿が
嫌な予感がしつつ話しかけると
「あの、中学生なんですけど参加ってできますか?」
「ごめんね、参加できるのは小学生までなのよ」
「じゃあ端っこで見学させてもらえませんか?」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
524138_63454337

390: 名無しさん@HOME 2013/01/09(水) 18:16:32.72 0


学生時代、バイト先の先輩(以下 A)に
「きみの声が好きなアニメキャラに似てる」って言われて、声がすてきだって言われたことが あった。

作ってないのに自分でも嫌になるく らいアニメ声で、
昔は声のことでいじめられて失声症 にもなったことがあって、
声を褒められることなんてなかったからすごく嬉しくて、思わずありがとうございますAさんって言った。
そしたらなぜか私とAが付き合って ることにされてた。

バイトの休憩が被ったときとかやけに距離が近いなぁと思ってたんだけど、
ある日ソファーに押し倒されて
「いつになったらさせてくれるの?初めてなんでしょ?初めてなんだよね?」って言われた。

目がほんと焦点があってないっていうか充血してるみたいで
怖すぎて声がでなかったんだけど、それが面白くなかったのかAは
「声 は?ねぇ声は?なんで出さないの? 声、ねぇ声、声ぇぇぇええ!」って叫んでた。

「俺のために清らかな体だったんだよねとか 色んな声を出させてやるんだとか
俺のための声だよねそうだよね」
とか言われて
身体も動かないしもう怖くてたまんなかったんだけど
上着に手が伸びてきて肌に触れられた瞬間に気持ち悪くて吐いた(汚い話でごめん)。

続きます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image008

623: 1/2 2013/09/25(水) 19:43:18.42 ID:6Ld7bfjT

最近あった修羅場。
就職面接に向かう途中、電車の乗り換えでコンコースを歩いていると、
後ろから衝撃を感じ転んでしまった。

振り返ってみると、4~5歳くらいの女の子が転がって泣いていて、
どうやらその子が走ってきて私にぶつかったらしかったので、
大丈夫?と声をかけると、50mぐらい先にいた男性に突然怒鳴られた。

最初は遠いし興奮していて何を言っているのかわからなかったのだけれど、
近づいてきて聞き取れたのが
「だぁぁらぁぁ!!なぁぁにうちの娘ちゃんに触ってやがぁんだぁああ!!こぉの変態がぁああ!!」だった。
(本当にこんな言い方だった)

とりあえず「娘さんにぶつかられただけで、私から触ったわけではありません。」
と答えると舌打ちをして去っていったので
変な人に絡まれたなぁと思いつつ目的のホームに向かった。
しばらく電車を待っていると、先程の父親が駅員さんを連れてやって来て、
「この女です!捕まえて下さい!」と言われ、
駅員さんにも「駅員室?でお話よろしいですか?」と連れて行かれそうになった。

どうも私が女の子に対して手をあげて、転ばせたあげく
父親に罵声を浴びせて逃げたということになっているらしかった。
連れて行かれては面接に遅れる!!と思い、必死にぶつかってこられただけだと弁解したんだけど、
さっきとはうって変わって紳士的な態度で駅員さんに訴える父親は、
見た目もパリっとした格好で見るからに良いお父さん風だったから、
駅員さんも完全に父親を信じているようだった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20111005164445-66

635: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/19(土) 12:10:58.29 ID:2KqXs25H

先月末、俺は数年ぶりに高校時代の友人3人(A子、B子、C男)に会った。
因みにC男だけ既婚。
俺たちはリーズナブルな和食レストランで食事をすることにした。

本当に久しぶりの再開だったので4人とも緊張してしまい、
最初は運ばれてきた料理と天気の話ばかりするという始末だった。

しかし徐々に高校時代のノリが戻ってきて、お互いの近況などを話した。
そしてどういう話の流れだったか覚えていないが、
C男が「俺、○○の(ある趣味の)ブログやってるんだよね。結構アクセス数があって…」と言った。
C男のこの発言から場の空気がおかしくなった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tachigui0049

243: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/28(月) 09:52:20.87 ID:WzYR5gol

この間、東名高速のSAに寄り、食事をしようと思って食券の券売機の所に行った。
そうしたらそこに30歳くらいの女が居て、券売機の前を陣取っていた。
その内どくだろうと思ったが待てど暮らせどどいてくれなかったので、
いい加減痺れを切らした俺は「先にいいですか?」と声をかけた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
shinjyuku3

408: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/31(木) 23:07:50.58 ID:V0kpcEHb

長文でまとまりのない文章ですみません。

秋葉原駅で「なんなのあんた気持ち悪い!誰か警察呼んで!」と
尋常じゃない声が聞こえたのでそっち見たら、杖をついた足が悪いらしい女性に、
目の回りが真っ黒な化粧の子連れの母親がつかみかかっていた。

小さい男の子は泣きそうな顔して困ってる感じ。
一瞬足の悪い女性のほうの悲鳴かと勘違いしたら、
叫んでるのはつかみかかってる母親のほうだった。

「だから警察呼びましょう」「暴力はやめてください」と妙に冷静。

母親は「なんなのあんた!なんなのあんた!うるさい!黙れぇぇえftgyhujikolp;@!!!」と
目のまわりが真っ黒だから、ムンクの叫びみたいなすごい形相になって叫び続けてる。
両方が警察とか言ってるから、何が起きてるのかさっぱりわからない。

「だから警察呼びますから離してください、警察呼んでと言ったのはあなたでしょう」
杖の女性は片手に腕までの杖?で片手に携帯持っていて、どうやら警察呼ばれそうで
母親が発狂してつかみかかってるように見える。

勇気だしてどうしましたと声かけようか迷ったら、杖の女性が突き飛ばされてよろけて、
男の子を引きずるように階段をかけ降りて逃げるムンク。
「警察呼ぶんじゃないんですか?」
階段を見下ろしながら声かける女性に、振り返ったムンクが
「ザマアミロ!追ってこれないだろ!ギャハハハハ!」
とけたたましくわめきながら、全力で母親が逃げていった。

勇気出すのがまにあってない私、かっこわるいorz
続きます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20110624z12

87: もも 02/02/26 14:07
当時、奥さんもいて、子供もいる14歳年上の男性と付き合っていました。

お金持ちだったし、大人の男性に憧れていた時期でもあったので、
奥さんや、子供がいる事はあまり気にせず付き合っていました。

仕事が忙しい人で、会えるのは月に2、3回。
それも、彼の仕事が終った深夜12過ぎから3、4時間を、
1人暮らしの私の部屋で過ごす程度でした。

続きを読む

このページのトップヘ