タグ:キチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSC_0274

168: 恋人は名無しさん 2006/08/17(木) 12:23:40

昔、ものすごい勘違い君に出会った時の話。

当時、浪人をしていたんですが犬を飼い始めた頃、夕方は散歩に行っていたんです。
近くに犬を遊ばせにみんなが集まってくる公園があり、私もそこに行っていました。
周りはおばちゃんばっかりでしたが、何回か行くうちに話すようになりました。

ある時、よく話していた人に
「うちの息子(同じ年齢で浪人していた)も志望している学科が同じなんだけど、
あなたと話してみたいって言ってるのよ」
と言われました。 
何度かお散歩の時に見かけたことはあったので
「今度、お散歩で見かけた時にでも」と返事しておきました。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
e0128456_15194279

828: 名無しさん@HOME 2013/05/23(木) 11:44:11

五年ほど前、夏に遊びにいくお金稼ぐために喫茶店でバイトしてた

店長が好きでやってる小さいお店だったから、バイトは私や後輩のAの二人しか居なかった
たまに忙しくなるときがあったけどおおむね暇にしながら、
店長から色々レシピ教わったりして楽しくバイトしてた

いつものように開店前の店内を掃除してたら、女性が入ってきた
準備中の看板出してなかったかな?って首かしげてたら、
女性は鼻息荒くしながらこっちに向かってきた

「あなたがA君につきまとってる人!?」

(°Д°)ハァ?てかあんた誰よって呆然としてると相手は勝手にヒートアップ
「A君とは将来を約束した仲なのよ!(Aは当時16、女性はどう見ても30代)」だの、
「最近彼につきまとってる女が居て迷惑してるの!(しらねぇよ)」だのを
「バイト先を見ていたら、女(私)がしつこく話しかけてた!(どこから見てたんだ)」と
自分で言った言葉に自分で興奮して、こっちはおいてけぼり

そうこうしてるうちにA登場。「A君!」と呼ぶ女にAは何か不審そうに見ている
A「先輩、この人誰っすか?知り合いっすか?」
私「はぁ?あんたの知り合いじゃないの?」
A「いや、しらねぇっすよ、こんなおばはん」
どういう事だって二人そろって混乱していると女性が気持ち悪い声で叫んだ

女(B)「嫌だわ、A君ったら!あなたの未来の妻のB子よ!」
A「知らねぇよ!それに俺あんたみたいな年増趣味じゃねぇし!」
B子「そんな、照れなくたっていいじゃない?私とあなたの仲じゃない?」

女性B子にしなだれかかられて悲鳴上げるAに
これはもしかしなくても危ないんじゃないかとようやく思い立って、
店の奥で作業してる店長を大声で呼んだ
「店長!助けてください!痴女がAを襲ってます!」


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20101212_1559968

328: 名無しの心子知らず 2011/03/01(火) 20:34:01.11 ID:S1KusJI6
進行形の話です。私は子梨だが相手が3人の子持ち。

海外暮しが長い友達が遊びにくることになり、家で会う事になった。
「なんか出前でも取るか」というと「家庭の味が食べたい」というので
彼女のリクエストで和食をこしらえ、駅まで出迎えに行った(徒歩5分くらい)

帰ってきたら、なんか部屋の空気がおかしい。
冷蔵庫はぱかんと開いてるし、キッチンも物が散乱している。

なによりコンロの上にあったでっかい鍋がない。
ざっと見た感じ、金銭的被害はなさそうだが、不法侵入はされてるので
近所のおまわりさんにきてもらって話をしていた。
そうしたら向いのAさんが出てきて笑いながら、
「なあに、警察? 豚汁ぐらいで大袈裟じゃない?」
私がなんで盗まれた鍋の中身知ってるんですか、と聞いたら絶叫しながら逃げていった。

調べたら、被害は本当に鍋一杯の豚汁だけなんだけど、逃げていったAさんはまだ帰宅していない。
A旦那には「ほとぼりさめるまで帰らない」とメールがあったらしい。

さっきA旦那が空っぽの鍋かえしにきたけど受け取らず追い返した←今ここ。

被害額はそんなものすごくないんだけど、すごく疲れた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
201010180500

539: 1 2007/05/24(木) 23:50:49 ID:XnRxHbEy0

姉は自分の浮気で婚約解消したんだが、それ以来何だか微妙にネジが飛んでる。
もう何年もたってるしそろそろ…と思ってたがダメだった。
そして俺の結婚式の時、酔っ払って飛び入りスピーチかましてくれた。

最初は「結婚おめでとう」とか「奥さんを大事に…」とか普通の事を言ってたが
段々涙声になっていきなり

「その女より私の方がずっとキレイじゃない!
なんでその人結婚できて私出来ないの不公平よ!」
と叫びやがった…

酔っ払って訳わかんなくなってたらしく、自分の事を話し始めたんだが
「たった一回の過ちだったけどあなた私を許してくれなかった」
「結婚してたって(相手の男が姉と別れた後結婚した)私思い出ひきずって生きてくしかない」
とかなんとか…

これは酒飲んだ時に姉がよく言ってる事だったので
俺は「ああー姉ちゃんやっちまったよ、
飲ませたの誰だよー誰か引きずり下ろせ!」とか思ってウンザリしたのと
「何て言って謝ったらいいんだ!」という焦る気持ちとでオロオロ。

ごめんね、という気持ちを込めて新婦を見たらまさに「愕然」という言葉がぴったりの顔。
そして怒ったような怯えた様な何とも言えない顔でこっちを見た。
ワンワン泣きながら母に抱えられる様に会場を出て行く姉が
「その幸せが私の不幸と我慢の上に成り立ってるってちゃんとわかって欲しかったの!!」

そしてそれを見つつ、こっちを招待客全員が「うわぁ…」って顔で見てる。
そこでやっと事情が飲み込めた。
俺と姉が出来てると思われてる!!!!親戚すら汚いものでも見るような目でこっち見てる!!
いやもうこれじゃあそれ以外の解釈をする人がいるなんてありえない。

式はもうメチャクチャで静まり返る会場にやたらテンションの高い司会の声だけが響き、
ヒソヒソとなにやら噂してる人が大勢…

新婦はこぶしを作って歯を食いしばって震えてるし、
話しかけようとしたら般若みたいな顔で睨まれた。

お色直しで戻った時、新婦そのまま帰っちゃったよ…


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSCF2788 70%-thumb


280: 名無しの心子知らず 2010/10/23(土) 14:32:19 ID:yptIlEPh

人がいなさそうなのでこの間遭ったことを。
自分は独身ですが相手がママだったので。

友達と買い物をしたあと彼女がトイレに行くというので
ベンチで待っていたら、5歳ぐらいの子連れの女性が側を通りかかった。
そしてベンチに置いていた勝ったばかりの荷物をさらっと持って行こうとした。
「ちょっと」とその腕をつかんだところ「痴漢!いやー、やめて変態ー!」
と絶叫されたorz

何だ何だと集まってくる人、唖然とする自分。泥ママは
「この人が!痴漢で泥棒なんです!」とワケ分からんことを叫ぶ。
「…いやあの、私女なんですが」と言ったら硬直されました。
丁度良く友人が戻ってきて、周囲を見回し
「どしたの?ってなんであなた私の荷物持ってるんですか?」と聞いたことで泥ママ逃走。
捕まえて警備員さんに持ってったところ、「男だったら痴漢と言えば離すから…」とのこと。
荷物は帰ってきましたが、話を詳しく聞いた友人に爆笑されました。

ちなみに私は身長160後半、水泳してたせいでがっしり体型、
帽子だったのが男に見えたポイントみたいです。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20101220-DSC00873

723: 名無しの心子知らず 2012/10/02(火) 23:21:29 ID:1k2nJgOM

流れ豚切りで投下。娘(中2)と息子(小5)が吹奏楽部なんだけど、
チューナーにつけていたキーホルダーと手入れ道具クレクレされた。

娘は某戦国ゲームの某変態が好きで、
そのキーホルダー(同人)を持ってるんだけど、先輩がクレクレ。
次の日からはずして家に置いていった。

そしたら次の日キチママから電話。
「中2で同人イクナイだから貰ってやる」
「先輩の言うこと聞かないのイクナイ早く寄越せ」
「後輩に優しくないのイクナイ手入れ道具寄越せ」
いったん切る

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
F200906290908194271908312

110: 名無しの心子知らず 2012/01/17(火) 20:30:28 ID:WZkNgTHq

テープレコーダーなかったのに
隣の家の知的障がい者が修羅場の内容全部覚えてて
証拠になったことある

111: 名無しの心子知らず 2012/01/17(火) 20:56:00 ID:TJc5i63o
なに?kwskして欲しいって?
仕方ねーなーwwww >>110 K W S K ♪

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
133606243125513104091_ATSUTA_1021

78: 名無しさん 2014/04/20(日)11:43:48 ID:???
昔雑貨屋で働いていた時
非常識なキチママとコダニは沢山見てきたんだけど
その中で忘れられない親子がいたのでその話をしてみる

来店時、小学校高学年くらいの女の子と低学年、幼稚園、3.4歳児をばらまいて母親消える。
嫌な予感がしたけど一応高学年が見るのかと思い気にしつつも
忙しくつい目を離してしまった、

手が空き、ふとばらまかれた文房具コーナーをみると、ダニどもはノートやメモを投げつけたり、中身をバラバラにしたり、ともかくなんかの無礼講かの如く修羅場になってた。




続きを読む

このページのトップヘ