必見!オススメ人気記事

タグ:パニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

725: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)11:41:12 ID:t1v
修羅場というより失敗談に近いかな?
およそ二か月前の話。

めちゃくちゃトイレを我慢していたんだけど、トイレにまでは無事にたどり着いて、後はジーパン脱いでしゃがめば間一髪間に合う、という状態まできていた。
でもジーパンを脱ごうとしたときに、急に鼻血がブブォッて出てきて・・・
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

241: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/25(月) 14:05:18.58 ID:PcD66w8C
営業車で移動中に交差点を左折中に直進方向(交差点を左折しなかった場合の直進方向)の右手側の駐車場に誰か倒れているのが見えたので気になって戻ってみた。
そしたら、自動車の右前輪に左足を轢かれていた。
警察に電話と、会社近くだったから会社に電話して応援を呼んだ。
本人は無事そうだったので車を動かそうと思ったがドアが開かず、「痛い!痛い!」と言うので、営業車からジャッキをもってきてジャッキアップして助けた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

703: 名無しさん@HOME 2015/11/12(木) 18:32:25.86
今から一時間くらい前の修羅場

旦那が車で人をはねた
警察と救急車が来て、現場でお巡りさんとの話が終わって
今からはねられた人が運ばれた病院に行くらしい

私の携帯に旦那の携帯からかかってきてるのに、一瞬振り込め詐欺?と思った馬鹿な私
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

572: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)16:42:14 ID:HHm
娘が4ヶ月のときに旦那がインフルエンザに感染。旦那が治癒するまで娘と私は実家に帰ろうかという話になって揉めました。
弱っている旦那の看病をしたかった気持ちはあります。しかし娘への感染が怖かった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

555: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)12:01:26 ID:BXz
妊娠中に子供と夫と義姉がそろっておたふく風邪に感染した。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

830: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)06:15:31 ID:MDh
兄弟が事故にあったことを親にうまく伝えれなかったこと。

今でもたまーに思い出すんだけど、小1くらいの時に家を出てすぐの横断歩道で兄が目の前で車に轢かれた。(車がすぐ横に来てたのに兄は止まらず飛び出して行った)
頭からちを流して「痛い痛い」って泣いてて、その場にいた大人の人たちが何かしてたり(多分救急車呼んでた)したけど私は何したら良いかわかんなくて泣いてる兄を見てたら近所のおばさんに家の人を呼ぶように言われて家に帰って父親のとこに行った。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

612: 名無しさん@おーぷん 2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、旦那がタヒんじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。
その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
三時間たってようやく旦那のところに案内されて、管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いてわんわん泣いた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

386: 名無しさん@おーぷん 2016/04/08(金)12:05:31 ID:rxp
20年以上前、私が幼稚園児の頃の両親の修羅場

ある日私が幼稚園で熱を出した
連絡を受けた母が私を迎えに来て、その足でかかりつけの小児病院へ
当時の私はひ弱でしょっちゅう熱を出していたので
まぁ今回もいつもの風邪だろう、ちょっと薬を出してもらってすぐに帰れるだろうと母は軽く考えていたのだが
診察の結果はなんと髄膜炎
私は入院病棟に搬送され、母は入院の手続きやら説明やらのために足止めされることに

そうこうしているうちに(元々の診察の待ち時間が長かったのもあって)夜になってしまった
そういえばそろそろ父が帰宅してくる時間のはず、連絡を入れておかないと心配する…と母は思ったらしいのだが
まだ携帯も無い時代だったし
病院内の公衆電話は母が待たされている場所からは少し離れたところにあって
電話をかけに行こうとすると看護婦さんに
「もうちょっとで手続き終わりますから!そこから動かないで下さい!」
と言われてしまい身動きが取れなかったそうだ



続きを読む

このページのトップヘ