タグ:フリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

197: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 15:37:15.59
私は恐怖で車の中で失/禁したことある
不倫旅行した一週間後に旦那から無言の圧力かけられて怖すぎて助手席で漏らした
怒らないで優しい言葉かけながら後片付けしてる旦那見て、もう完全降伏して、
それからは力関係180度逆転して旦那が主導権持つ家庭になったよ
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

496: 名無しさん@ピンキー 2006/03/17(金) 22:06:43
俺の娘は相手の母親、同級生、その姉3人がかりで問い詰められて暫く口がきけなくなった。
その間当の母親は間男(つまり、同級生の父親)と温泉旅行。
仕事中に娘が半狂乱になって電話してきたよ…。

498: 名無しさん@ピンキー 2006/03/17(金) 23:22:49
>>496
うは、これは辛いなぁ・・ご同情申し上げる。
出来れば、その後について詳しく。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

200: 名無しさん@HOME 2014/07/08(火) 09:50:34.67
結構したばかりの頃仕事続けてたんだけど、コトメに
「結婚してても誘ってくる男もいるんだから気をつけなよ!浮気とか
しないようにね!あっ嫁ちゃんじゃ誘ってくる男もいないかw」
って言われた時に
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

51: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)11:35:44 ID:0GH
元息子の口からサラっと不倫相手の名前が出てきた時が修羅場。

不倫相手との約束がドタキャンされて休日家にいたら
元息子に「あれ、なんでいるの?」」と言われムっとして「いたら悪いか」と言い返すと
「だって××ちゃん(不倫相手の名)と約束してたじゃん?」
とサラっと言われた。
世界がスローモーションになるっていうのを初めて経験した。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

873: 名無しさん@おーぷん 2016/04/22(金)18:34:52 ID:VjC
7また浮気して旦那に捨てられて、浮気相手も全員既婚者でご丁寧に全員離婚しちゃって、1000万大幅越えの慰謝料背負った女が俺の妹。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

454: 名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日)14:31:03 ID:DXF6fgGBB
高校時代の大親友A子が短大を出て就職した先で不倫の恋に落ちた
最初は単に「彼氏が出来た」としか聞いてなかったけど、
土日は絶対に会えないとか言葉の端々に怪しいところが出てきて
「ねえ、その人はもしかして既婚者…?」と聞いたらビンゴ
バレてはいけない秘密の恋だから誰にも言えないけど、自分から気付いた私になら
言っていいと思ったのかそれからは辛い不倫の恋の悩みを延々と聞かされた
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

251: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)18:52:01 ID:2hp
俺が小学校低学年の時に両親が離婚して
ずっと父親のDVと不倫が原因で
養育費とか慰謝料貰わず逃げるように離婚したって吹き込まれてて
それが全部嘘で不倫したのは母で養育費も貰っていたし
それを全部母と再婚相手が使い込んでいて
父親は何度も面会を望んでいたみたいだったけど
それも勝手に俺が会いたくないと嘘ついて面会も拒絶していたのがわかった時が最大の修羅場だったなぁ

今はもう自立して母とは連絡とってない。
父とは誤解もとけて、父の再婚相手と異母兄弟の弟たちとも仲良くさせて貰っている。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

815: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)09:49:02 ID:u08
修羅場ってわけじゃないかもしれないけれど。もう何年も前の話。

私が中学生の頃に父が浮気した。
浮気バレの発端はポストに入ってた手紙。幼児〜小学生低学年ぐらいの絵で3人の人が描いてあって、それぞれに「○○(うちの名字)さん」「××(浮気相手の子供の名前)」「お母さん」と書いてあった。
その時は疑問に思いつつも母や私達兄弟もさほど気にしてはいなかった。私が知らなかっただけで父には話してたのかもしれないけれど。

本格的にバレたのはそれから数ヵ月後。その頃は祖母(父の実母)がタヒんで一年経つか経たないかだったからか、父が祖母の実家に泊りがけで掃除したり管理したりが多かった。
続きを読む

このページのトップヘ